WordPressのテーマをインストールする方法【WordPress初心者向け】

WordPressの初心者向けに、「テーマ(テンプレート)のインストール方法」を紹介する記事です。ダッシュボードから変更する方法と、FTPでサーバーにアップロードする方法の2つを説明。初心者でも簡単にサイトのデザインを変更できるでしょう。

WordPress初心者向けに、テーマ(テンプレート)のインストール方法を紹介する記事です。

基本中の基本の操作ですので、しっかりと覚えておきましょう。

 

WordPressでは、テーマを利用することによってサイトのレイアウトを簡単に大きく変更することができます。

テーマの変更はダッシュボードからアクセスして変更する方法と、配布サイトから入手したり自分で作成したテーマをFTPでサーバーにアップロードして適用する方法があります。

今回はそれぞれ分けて紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

ダッシュボードからのインストール

まずは、WordPressにログインした状態でインストールする方法を紹介します。

ダッシュボードから簡単にインストールが可能です。

wordpress_ts_1

左のメニューから「外観」→「テーマ」を選択します。

 

wordpress_ts_2

現在インストールされているテーマの一覧が表示されるので、「新規追加」をクリックします。

 

wordpress_ts_3

ここから公式テーマの最新・おすすめを見たり、どのようなテーマが欲しいのか項目を設定して検索することができます。

今回は「おすすめ」をクリックしてみます。

 

wordpress_ts_4

一覧が表示されるので、利用したいテーマの画像をクリックします。

 

wordpress_ts_5

プレビューが表示されます。
左のメニューから「」をクリックするとテーマがダウンロードされます。

 

wordpress_ts_6

インストール完了のメッセージが表示された後、「有効化」をクリックするとテーマが反映されます。

 

wordpress_ts_7

これでダッシュボードからのテーマ変更は完了です。

 

 

ファイルをアップロードしてインストール

次に、WordPress公式の配布サイト、あるいは個人配布サイトからWordPressテーマファイルをダウンロードし、FTPクライアントを利用してサーバーにアップロードする方法を紹介します。

今回はShotokuというテーマを利用します。

 

wordpress_ts_8

配布サイトからファイルをダウンロードし、解凍して保存します。

 

wordpress_ts_9

FTPクライアントを起動し、wp > wp-content > themesフォルダまで移動します。

 

wordpress_ts_10

Shotokuフォルダを右クリックしてアップロードします。FTPクライアントでの操作はここまでです。

 

wordpress_ts_11

WordPressにログインしてから、「外観」にある「テーマ」をクリックすると、新しくShotokuテーマが追加されているのがわかります。

 

wordpress_ts_12

追加されたテーマにカーソルを合わせて「有効化」をクリックします。

 

wordpress_ts_13

これで新しいテーマが反映されました。

 

無事にインストールできましたか?

初心者におすすめのWordPressのテーマを紹介する記事もあるので、参考にして使ってみてください!

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。