WP Super Cacheの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressは、初心者でも簡単にブログやWebサイトが作れますが、その反面HTMLサイトに比べて表示が遅くなりがちというデメリットもあります。

そんなページの表示速度を改善するために使えるプラグインの1つであるWP Super Cacheの使い方について紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

WP Super Cacheとは

WordPressのサイトから静的なHTMLを作ることでキャッシュ処理を行い、ページ表示速度を改善するするプラグインです。

日本語化されている部分も多く、初心者でも簡単に使えます。

 

 

プラグインをインストール

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、WP Super Cache公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストール方法がわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

インストールが完了したら、プラグインを有効化してください。

有効化すると、プラグイン一覧の上部に「WP Super Cache は停止中です」という注意がが表示されます。

wp-super-cache1

 

早速、リンクを押して設定をしていきましょう。

ちなみに、プラグインの管理画面へはダッシュボード>設定>WP Super Cache からもアクセスすることができます。

wp-super-cache2

 

 

プラグインの有効化

まず、管理画面の一番上に表示されている「キャッシング利用 (推奨)」を選択して、「ステータスを更新」をクリックしてください。

wp-super-cache3

この作業を行うことで、WP Super Cacheの利用ができるようになります。

基本的な機能を使う場合はこれだけでOKです。

 

 

プラグインの設定

あとは、少しでも表示速度が速くなるような設定をしましょう。

なお、一般的なレンタルサーバーを通してWordPressを利用している場合は、(推奨)設定になっているものをそのまま使うことをおすすめします。

 

設定を変えるには、管理画面上部にあるタブの中から、「詳細」を選択してください。

wp-super-cache4

いくつも項目があるので、「推奨」を中心にチェックしましょう。基本的には、初期設定のままで問題ありません。

 

ただし、「既知のユーザー向けにはページをキャッシュしない。(推奨)」だけ注意が必要です。というのも、管理者などサイトに携わっている人にはページのキャッシュを行わない設定のため、「計測したら速度は上がっているけど、自分は全く実感が無い」という状況になります。

自分でも速度の変化を体感したい場合は、このチェックを外してください。

 

すべての設定が完了したら、ページ下部の「更新」ボタンを押しましょう。

 

今回の記事は以上です。

他にWordPressのページ表示速度を改善するプラグインを導入したい場合はHead Cleanerの使い方も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。