「CodePrep(コードプレップ)」をやってみた!無料のプログラミングサービス

ギブリーが運営する、無料のプログラミング学習サービス【CodePrep(コードプレップ)】の体験レポートです。CodePrepは穴埋め問題の形式でブラウザ上でアプリを作ることもできるサービスです。この記事を参考に使ってみてはいかがでしょうか?

人材事業などを展開する株式会社ギブリーが運営する、無料のプログラミング学習サービス「CodePrep(コードプレップ)」をご存知でしょうか?

アプリを作れるという他のオンライン学習サービスにない特徴を持っています。

 

今回はCodePrepを実際に使ってみた体験レポートをお届けします!

 

CodePrepとは?

CodePrep
CodePrep(コードプレップ)」は、オンラインのプログラミング学習サービスです。

株式会社ギブリーが運営しており、無料でかつブラウザのみで学ぶことができます。

 

プログラミング言語を学ぶことができるほか、ブラウザ上でアプリを作ることも可能です。プログラム初心者でも短時間でスムーズに学べるような工夫が随所にあり、知識ゼロからでも始められそうです。

 

CodePrepの特徴

CodePrepでは、「ブック」と呼んでいるコンテンツがあり、HTML、CSS、JavaScriptなど自分が学びたいものを選ぶことができます。

プログラミング言語

 

また、CodePrepには下記のような特徴があります。

  • 小さな穴埋め問題を自分のペースで解いていくことで着実に身につけられる
  • 実際にアプリを作成する過程を経験することができる
  • 経験値や称号といったゲーミフィケーション要素がある
  • 仲間と交流しながら学べる

2013年8月のリニューアルによって、穴埋め問題など初心者でも簡単にプログラミングを学べるようになっています。

また、1つのセクションの学習が完了すると「経験値」がたまり、その経験値が上がると称号が得られるなど、ゲーミフィケーションの要素で学習を継続してもらうための工夫がみられます。

 

交流機能やディスカッション機能の盛り上がりはまだこれからのようですが、今後盛り上がってくると、お互いの進行度を確認することで継続するモチベーションになると期待されます。

 

PR

アプリ作成の過程を経験できるカリキュラム

CodePrepを使ってみてわかる他サービスとの一番の違いは、アプリ作成の過程を経験できるという点です。

例えば、「Javascriptでつくるタイマー」や「JavaScriptでつくるおみくじ」などのブック(カリキュラム)があり、最後まで問題を解くと、実際にそのアプリを動かすこともできます。

アプリ開発

アプリを作る過程の区切りごとに穴埋め問題があるため、問題を解くたびにアプリの完成が近づいていきます。

そのため、「どうやってアプリは作られていくのか」「プログラムはどこでどのように使われるのか」といった実践的なポイントを学習することが可能です。

 

無料で使うことができるので、今までアプリの制作を敬遠してきた方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

他にも無料で使えるプログラミング学習サービスはあるので、合わせてチェックしてみてください。

[お知らせ]TechAcademyではプログラミング初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

オンラインブートキャンプ