インタビューメーカーの使い方とは!機能や料金を細かく解説【人事向け】

クラウド型の採用管理ツールインタビューメーカーの使い方、機能について詳しく紹介しています。Web面接をする上でとても便利なツールです。オンラインでの面接を導入しようと考えている採用担当の方は参考にしてみてください。

TechAcademy HRマガジンは、TechAcademyが運営するIT業界で働く人事向けのWebメディアです。人材採用支援のTechAcademyキャリアやオンラインで学べるIT・プログラミング研修も提供しています。

この記事では、インタビューメーカーの特徴や機能、使い方について解説しています。

Web面接を導入しようと考えている採用担当の方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

 

※免責事項
この記事は2019年3月に更新された記事のため情報が古くなっている場合がございます。

 

ツールの特徴

Web面接にインタビューメーカーは注力しており、面接が対面と同じようにできます。 インタビューメーカーは、次のようなメリットがあります。

楽にスケジュール調整ができる

面接する際は、一般的に、前もって会場の確保、候補者とのスケジュール調整などが必要になります。

しかし、インタビューメーカーであれば、このような手間が全くかかりません。 スマホ、パソコン、タブレットなどで、面接が簡単にできます。 外出している際でも面接がすぐにできます。 インタビューメーカーは、Web面接に注力しているため、機器が小さくても面接がストレスなくできるのがメリットです。

 

途中で候補者が離れるのが防止できる

途中で候補者が離れるのは、時間が面接までに長くかかるためでしょう。 スケジュール調整が別の候補者との関係で上手くできなかったり、交通機関がトラブルになって面接を予定した日にできなかったりすれば、候補者を待たせるようになります。

そのため、候補者はこの間に他の企業に受かることがあります。 面接を受けたいという気持ちが、志望したいという気持ちが相当強くなければ揺らぐ場合もあるでしょう。

また、志望したいということでも、企業とやり取りしないうちに関心が無くなることもあります。 候補者が遠くに住んでいる場合はさらに難しいでしょう。 候補者が順調に選考を進んできても途中離れると、それまでの苦労が全く無駄になります。 インタビューメーカーの場合は、スケジュール調整が容易であるため、途中で候補者が離れるのが防止できます。 採用担当者の努力が現れやすいということでも、インタビューメーカーは魅力があるものです。

 

自動録画によって評価が公平にできる

インタビューメーカーは、自動録画の機能があります。 面接を実際に行ったスタッフ以外に、別の人の意見が録画によって聞けるので、候補者がより公平に評価できます。

 

多くの企業が採用している

インタビューメーカーは多くの企業で採用されており、効率良く雇用を行ってきました。 採用した企業によれば、採用する前に比較して面接を3倍行うことができた、面接する人が半分になった、などというような意見が多くあるようです。

有名な企業などのインタビューについての動画が、インタビューメーカーのサイト上で紹介されているのでぜひチェックしてみましょう。

 

録画面接の機能によって面接が自由にできる

候補者としては、変則的なスケジュールである、時間がとれるのは深夜のみであるなどで、面接がなかなかできない場合もあるでしょう。

このような候補者の場合でも、録画面接の機能によって面接ができます。 使用方法としては、前もって企業が質問を設けて、この質問に回答するというスタイルで動画を候補者に送ってもらうものです。 いつでも24時間アクセスができます。

 

すぐに候補者の状態が分かる

雇用を効率良く行うために最も大切なのは、候補者のデータを管理することです。 職歴・学歴などや選考段階が候補者によって違うので、管理をきちんとしなければ乱雑なデータになってトラブルになります。

履歴書、ヒアリングシートなどが、トータル的にインタビューメーカーで管理することができます。

そのため、人材として魅力がある人を確実に採用することができるでしょう。

 

専任のコンサルタントのサポートが充実している

インタビューメーカーをよく知っている専任のコンサルタントが、使用方法やトラブルの応対方法などを説明してくれます。 説明はメールや電話だけでなく、勉強会や対面でも行っています。 インタビューメーカーを利用して、サポートもWeb上でできます。 また、企業サイドの意見を採用することによって、柔軟にいろいろなケースに応対できるのもメリットです。

実際に使ってみて、自社に適したものかが把握できるはずです。 SSL対応という暗号化してデータを送受信する情報をクラウドで管理するため、外部に履歴書や応募書類に書かれている個人情報が漏れることはありません。

 

機能について紹介

業務においてどのような作業が効率良くなるか、どのようなメリットがあるかに関して、インタビューメーカーを採用した事例についてご紹介しましょう。

遠くの場合でも録画面接で障害が無くなった

インタビューメーカーを採用して、遠くの学生の雇用までのスピードアップやスケジュール管理をするようにした企業は、遠くの首都圏以外の応募者とコンタクトしにくく、応募する際に交通費が障害になっていました。 しかし、インタビューメーカーを採用することによって、距離の障害が無くなり、多くの人と従来よりも面接ができるようになりました。

それまで説明会や面接を1人で行っていましたが、雇用するために窓口を拡大しながら、雇用活動を何人かで行って規模を拡大する予定であるということです。

 

店舗ごとの面接を本社にしたので時間が短くなった

アルバイトの面接を店舗ごとに行っていた会社は、店舗によって雇用基準が違っていました。 雇用基準を標準化するため、全ての面接は本社で行うようにしました。 しかし、この場合は、いくつもの面接をどのように応対するかという問題がありました。

遠くから本社に来てもらえば負担が多くなって辞退される恐れもあるため、インタビューメーカーを採用してから自宅でも応募者が面接を受けられるようにしました。 スタッフ同士が、雇用基準を合わせて面接をしているそうです。

また、面接できるスケジュールが登録でき、応募者はこれに応じて予約してくれるため、時間が短くなって3倍近くに面接できる日数が多くなりました。

 

スケジュールが楽に調整できる

スケジュールを従来電話で調整していた企業は、保留にスケジュールをする人がおり、無駄が費用や時間にありました。 そのため、インタビューメーカーを採用し、前もって応募者に面接できるスケジュールを選択してもらうようにしました。

最初は操作が心配でしたが、管理画面がよく分かるようになっているためすぐに操作できたそうです。 面接できる日を応募する人に選んでもらうことによって、調整するのを省略できるようになりました。 最終的に従来の2倍に面接する回数がなって、遠くに出張するための費用を低減することができました。 費用が数十万円も1ヵ月あたり掛かっていましたが、費用が抑制できるようになったそうです。

 

Web面接によって採用する際の従来の問題点が解消する

応募する人が多くないにも関わらず、活動費が掛かるという課題があった会社は、説明会を数時間行なった後に面接していました。 しかし、この場合は応募する人に、高いハードルがあると考えていました。

別の雇用方法を検討していた際に、Web面接について担当者から教えてもらったそうです。 Web面接について初めは分からなく、期待もそれほどしていなかったようです。

しかし、中高年でも使うシステムやアプリはよく分かるだけでなく、Web面接に変えたことによって応募する人の負担が少なくなりました。 面接は対面にこだわっていましたが、画面を通して自社と応募する人の相性がよく分かるため面接が問題なくできているそうです。

 

雇用が効率良くできる

不動産を海外に向けて売るため、営業活動が海外においてできる人材を雇用したいと考えていた会社は、インタビューメーカーを採用する前は、説明会に参加した人の1割以下が入社していました。

そのため、効率が良くないということで、インタビューメーカーを採用しました。 この会社の場合は、説明会に参加すると関心をより持つという場合が多く、実際の面接からWeb面接には全て変更しないそうです。 説明会をWeb面接の機能を使って行うことによって、仕事内容をより多くの人に分かってもらうようにしています。

 

料金プラン

インタビューメーカーは、次のような料金プランが3つあります。

ベーシックプラン

機能をWeb面接と募集に絞ったもの

アドバンスプラン

必要な機能のWeb面接、募集、採用管理を網羅したもの

プレミアムプラン

アドバンスプランの機能に加えて広告などの分析レポートや録画面接を行うことができるもの

 

サポートサービスが全てのプランに付いており、万全のアフターケアです。

月額料金は、

プラン ベーシック スタンダード
(録画面接)
スタンダード
(Web面接)
プレミアム
料金 39,800円 89,800円 89,800円 149,800円

となっています。

 

インタビューメーカーを使用した感想

インタビューメーカーは、機能がいろいろ装備されています。

ここでは、インタビューメーカーを使用した感想についてご紹介しましょう。

面接にすぐに繋げられる

企業が面接してから内定するまでの時間を短くしたいと思っている場合は、非常に便利なものであると体感しました。

面接に応募する際は、パソコン以外にスマホやタブレットからでもできるため大きなメリットがあります。

多くの応募者は、内定をもらうために可能な限り面接を早くしたいと思っています。

しかし、時間が一連の流れにかかるような場合は、別の企業に行く恐れもあります。

インタビューメーカーは、Web面接が可できるため、面接のスケジュールをエントリーしたすぐ後でも検討することができるため、利用する応募者としても大きなメリットがあります。

また、エントリーしている人を管理するのが容易であることもメリットです。

 

Web面接の内容を録画することができる

Web面接のメリットは、非常にスムーズに面接ができることですが、何人も一日に面接するような場合は、どの応募者とどの内容の話をしたかなどがはっきりしなくなりやすく、管理が困難になります。

しかし、インタビューメーカーであれば、Web面接の内容を録画することができます。

応募者について検討する際に、判断するために録画した内容を再度確認することもできます。

あるいは、何人かの採用担当者で検討して、結論を最終的に導き出すこともできます。

また、雇用したがすぐに退社したり、トラブルになったりした人がいれば、その人の応募時の面接ではどのような感じであったかを再度チェックし、次の面接に活用することもできます。

 

以上、インタビューメーカーについて解説をしました。

 

また、TechAcademyでは、短期間で実務レベルのスキルを身につけた若手IT人材をご紹介、ダイレクト・リクルーティングできる「TechAcademyキャリア」を展開しています。

能動的にITスキルを習得し、成長意欲が非常に高いことが特徴です。

他の求人サービスでは出会えない、スキルの高い人材を有した独自のデータベースを通して、人事採用担当者のお悩みを解決します。

お気軽にご相談をくださいませ。