自社と外注を比較!研修運営代行サービス5選【人事向け】

研修を導入しようと考えている担当者、人事の方向けに自社で行う場合と外部に依頼する場合のメリット・デメリットをまとめています。研修運営を代行するサービスについてもまとめているので、これから研修を実施する企業はぜひ活用してみてください。

TechAcademy HRマガジンは、TechAcademyが運営するIT業界で働く人事向けのWebメディアです。人材採用支援のTechAcademyキャリアやオンラインで学べるIT・プログラミング研修も提供しています。

この記事では、自社で行う研修、外部にお願いする研修のそれぞれについてメリット・デメリットを解説しています。

後半では、研修運営代行サービスの紹介をしているので、これから研修を取り入れようと思っている人事担当の方はぜひご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyの法人向けIT研修での実績をもとに紹介しています。

 

目次

 

研修を自社でやるメリット・デメリット

研修を自社でやるメリット

研修を自社でやる場合は、研修の内容に自社独特のものを自由に入れることができるというようなメリットがあります。

仕事に対する自社の考え方や進め方などがあれば、直接管理者が教育するのが最もいいでしょう。

例えば、自社でやる研修としては、企業理念についての教育などが該当します。

外部の業者にこのような研修を任せる場合は、企業を理解したり、考え方をすり合わせたりするために手間や時間がかかるため、効率がいいとは言えません。

また、研修を受ける人も、外部の業者から自社独特の研修の内容を教えてもらうのはいい感じがしないでしょう。

 

研修を自社でやるデメリット

一方、研修を自社でやる場合は、研修を受ける人のモチベーションがダウンするというようなデメリットがあります。

自社の管理者が考えた研修の内容や、研修を受ける人が所属していない部署の人が考えた研修の内容については、仕事に関係ないと考えて、研修に注力することができないというような場合も多くあります。

また、研修を担当する人は、研修の内容を検討したり、スケジュールを講師の管理者と調整したりするなどに手間と時間がかかります。

さらに、研修が終わってから効果を評価したり、改善したりする必要があるため、非常に手間と時間がかかります。

 

研修を代行するメリット・デメリット

研修を代行するメリット

研修を代行する場合は、研修を自社でやる場合とは価値観が違うため、従来に無いような考え方やスキル、刺激などが得られるというようなメリットがあります。

研修を受ける人は、外部の業者が教えるということによって、より真面目に聞くようになります。

また、研修を担当する人としても、研修の内容を全て検討する必要がないため、大幅に負担を少なくできます。

 

研修を代行するデメリット

一方、研修を代行する場合は、研修は企業側が考えたように進まないというようなデメリットがあります。

例えば、検討している時には質の高い研修の内容でも、研修する講師によって結果は非常に違ってきます。
研修した成果は、講師によって非常に影響されます。

 

研修運営代行サービス5選

研修運営代行サービスとしては、次のようなところがおすすめです。

株式会社インソース

東京都千代田区にあり、公開講座や研修を企業向けに提供する以外に、業務改革やeラーニング、人事関係のコンサルティングなどを運営しています。

企業向けの公開講座や研修の場合は、リーズナブルさが業界随一ということがメリットです。

例えば、ビジネス基礎研修という新入社員のための「考えるスキル」「文章スキル」「対人スキル」など、アセスメントの8項目にコミットするものは、2日間で46000円です。

これ以外に、ほとんどの研修でも、講師への満足度や内容の理解度がほとんど100%に近く、受ける人が年間を通して49万人いることなどもメリットとして挙げられます。

多く予算はないが、質の高い研修を探している場合は、ぜひ相談してみましょう。

株式会社インソースは、次のような場合におすすめです。

  • ビジネススキルアップを重要視したい
  • 受ける人の満足度を重要視したい
  • 高いコストパフォーマンスの研修を受けたい

株式会社インソース

 

クリエイトの教育・研修

東京都千代田区にあり、求人サイトの運営以外に、Webサイトの「クリエイトの教育・研修」というもので、社員教育・社員研修セミナーの情報を提供しています。

特に、リーズナブルな社員研修がメリットです。

新入社員のためのビジネスマナー、管理職のためのリーダー講座、プレゼンや文章力などの強化など、研修をいろいろ扱っており、1日、2日間などの充実した研修であるにも関わらず、1人あたり2万円~3万円くらいで受けることができます。

Webサイトの場合は、社員の課題や階級、業種などに適した研修があるので、ニーズに応じた研修がすぐに見つかります。
予算が限定されている場合や、すぐに希望する研修を見つけたい場合におすすめです。

株式会社クリエイトは、次のような場合におすすめです。

  • 予算が限定されている
  • すぐに希望する研修を見つけたい
  • 新入社員のための研修を探している

クリエイト

 

特定非営利活動法人 日本サービスマナー協会

東京都中央区に本部があり、接客スキルが要求されるホテルやエアライン、ブライダル、旅行などの業界のための研修、一般の会社の社員教育・社員研修、就活生のためのビジネスマナー教育など、幅広く扱っています。
特に、高いコストパフォーマンスがメリットです。

ビジネス文書やメールの基礎~応用をカバーした研修の場合は、3時間で21000円で受けることができます。

ロールプレイングがメインの実践的な研修であり、講師は豊富に経験があるため、成果も期待できます。
新入社員などにメールマナーをすぐにマスターして欲しい場合、文章スキルのスタンダードなものをマスターして欲しいと思っている人事部などの場合におすすめです。

特定非営利活動法人 日本サービスマナー協会は、次のような場合におすすめです。

  • 高いコストパフォーマンスの研修を受けたい
  • 豊富に経験がある講師に担当して欲しい
  • 実力がある業者に頼みたい

日本サービスマナー協会

 

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン

東京都新宿区にあり、ユニクロやマクドナルドの人材を育てる責任者であった人が代表の会社です。

研修としては、サービス業のホテルや飲食、美容などに特化したものを提供しています。

全ての講師がサービス業界において人材を育成したり、現場で仕事をしたりした経験があることが、メリットです。
講師のレベルが非常に高く、離職率が研修を受けた後に5分の1くらいになった場合もあるそうです。

スキルアップだけでなく、定着率アップにも効果があるため、非常にメリットがあります。

研修実績が非常に多くあるため、成果が期待できます。

費用としては、通学型、5名までの場合は月額7万円から(別途入会登録手数料などが必要)です。

人事をサービス業界において担当しており、新入社員が離職するために困っている場合などは、ぜひ相談してみましょう。研修する方法も、講師派遣型、通学型などから選択できることもメリットです。

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンは、次のような場合におすすめです。

  • 予算が限定されている
  • 研修はサービス業に特化したい
  • 新入社員の定着率に困っている

ホスピタリティ&グローイング・ジャパン

 

グリーンサン企画株式会社

東京都渋谷区にあり、新入社員のための総合研修以外に、モチベーションアップやビジネスマナー、管理職のためのマネジメント研修、ロジカルシンキングなど、スキルアップのための研修を幅広く扱っています。
「情熱のある講師の派遣」を、一つの研修コンセプトとして掲げています。

スキルを教えるだけでなく、研修を受ける人のやる気をアップすることにも注力しています。

特に、サービス業界のための専門研修は、魅力がある研修の一つです。

2日間の研修の場合は、いいイメージを与える言葉遣いや身だしなみ、接客の心得、顧客の心を掴む声かけなど、初級~応用までカバーしています。

費用としては、1クラス4人~16人の場合が1時間あたり4万円です。

グリーンサン企画株式会社は、次のような場合におすすめです。

  • 実力がある業者に頼みたい
  • 高いクオリティを要求したい
  • 研修を受ける人にスキルを教える以外にモチベーションもアップさせて欲しい

グリーンサン企画

 

研修を自社で行う、外部に代行するメリット・デメリットを説明しました。企業の状況によって良し悪しがあると思いますが、一度流れを把握するために運営代行サービスを使うのは良い手でしょう。

研修の助成金が受けられる対象のものもあるので、ぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyでは、従来の講義型研修とは違い、実務を想定したカリキュラムで実践的スキルを短期間で確実に身につけられる法人向けオンラインIT研修を展開しています。

1名〜数百名規模・業界を問わず、500社以上の企業様の研修を実施しています。 受講生一人ひとりに現役エンジニアのメンターが付き、皆様のニーズにあったサポートを行います。学習時の「わからない」を確実に解消いたします。