カジュアル面談とは?メリットや注意点をわかりやすく解説【IT人事向け】

人事・採用担当者向けにカジュアル面談についてメリット・注意点・活用法を解説しています。その後の流れへの導入方法も記載しているので、これからカジュアル面談を始める人事の方必見の内容となっています!

TechAcademy HRマガジンは、TechAcademyが運営するIT業界で働く人事向けのWebメディアです。人材採用支援のTechAcademyキャリアやオンラインで学べるIT・プログラミング研修も提供しています。

「カジュアル面談ってなんだろう?具体的なメリットや活用方法が知りたい」という悩みを持っている採用担当者もいるでしょう。

カジュアル面談とは、

「面接等の選考を行う前にお互いが聞きたいことをざっくばらんに話し、情報を交換しましょう」

というスタンスで行われる採用活動の一環です。

主に、IT企業など専門職の採用で工夫が必要な場で用いられます。

とはいえ、具体的にどのような形式で面談するのかイメージしにくいかと思います。

そこで本記事では、カジュアル面談ついてわかりやすく解説します。

カジュアル面談に関心のある人事担当者は、ぜひご一読ください。

 

なお本記事は、TechAcademyキャリアの実績をもとに紹介しています。

 

今回は、カジュアル面談に関する内容ですね!

どういう内容でしょうか?

メリットや注意点、活用法について詳しく説明していきますよ!

お願いします!

目次

 

カジュアル面談とは?

カジュアル面談とは、面接などの選考を行う前に採用担当者を含む現職の社員と応募を考えている候補者が顔を合わせお互いの知りたい情報を交換する機会のことを指す言葉です。

主に、専門職の採用など売り手市場の求職者が慎重に転職を検討している場合、志望度を高めるために用いられている採用手法です。

一般的な選考プロセスである面接は、すでに候補者が一定の志望度をもっている状態で行われ、企業が志望動機やスキルを応募者から聞き出し、それらを基に採用するかどうかを判断します。

それに対してカジュアル面談は、企業と候補者が「まだ転職の意向が固まっていない段階で、お互いのことをより知るための自己紹介と情報交換の場」という位置づけにあります。

また、面接では候補者がアピールし採用の評価をする場であるのに対し、カジュアル面談では企業が候補者にアピールするケースが多くあるなど、企業が評価される場でもあるのです。

とはいえ、互いの情報が十分に理解されていない場合においては、カジュアル面談はお互いの理解を深める場であるとも言えます

面接と面談の違いについて詳しく解説した記事も合わせてご覧ください。

 

カジュアル面談2つのメリット

カジュアル面談を行うメリットはいくつかありますが、主だったものとしては、

  • 双方のミスマッチを事前に防ぐことができること
  • 多くの人材に接点を持つことができること

が挙げられます。それぞれのメリットについて具体的に説明します。

 

1.双方のミスマッチを事前に防ぐことができる

良い人だったが事業理解が足りていない、志望度が高まりきっておらず選考を辞退されてしまったなど、採用プロセスにおいても企業と人材とのミスマッチは発生するもの。

この問題に頭を悩ませる採用担当の方は少なくないです。

採用面接の中で、ビジョンや業務内容から待遇、仕事に対する考え方などさまざまな面でお互いの価値観が理解され切らない状況は起こりうるものです。

しかし、選考を行う面接の前にお互いの情報交換をする場を設けることで、こういったミスマッチを防ぐことができます

カジュアル面談は、面接という場では拾いきれない応募者の考えを汲み取ることができ、興味を惹かれる候補者であれば自社の理解を促進することが可能です。

企業としてのビジョンやミッション、仕事の環境や活躍している人などの定性的なことをより具体的に伝えることで、候補者が自社に対して興味を持ってくれ、いざ採用をしたいと考えた時に高い志望度を示してくれる下準備が可能となるわけです。

候補者の素に近い表情を見ることで、面接という硬い場では知り得ない人となりを把握するとともに、自社のことを深く知ってもらうことで、面接だけでは発見しにくいミスマッチを事前に防止できるのは、カジュアル面談を実施するメリットだといえます。

 

2.多くの人材と接点を持つことができる

カジュアル面談は本番の面接と異なり、転職の意向がまだ固まっていない方からの応募やメッセージも受け付けるので、より多くの候補者との接点を持つことができます。

そして、多くの人材に接点を持つことができれば、それだけ優秀な人材に出会える可能性は高まりますよね。

また、優秀な人材だけれどまだ転職の意向が固まりきっていない段階で接点を作っておくことで、将来的に面談を実施した候補者が転職したいと考えた際に思い浮かぶ企業になりえます。

このように多くの人材と接点を持つことができるのも、カジュアル面談のメリットです。

 

カジュアル面談を行うときの2つの注意点

カジュアル面談にはメリットもありますが、注意しなければならないこともあります。

ここでは、

  • あくまで面談なので面接のように企業が選考をする空気を作らないこと
  • 一方的に話を聞き出すだけでなく互いの理解を促進すること

の2点をご紹介します。

 

1.あくまで面談なので企業が選考をする空気を作らない

カジュアル面談で気をつけなければならないのは、面接のように企業が一方的に候補者の話を深掘りし選考を実施している雰囲気を作らないということです。

もちろん、採用業務の一環として面談をしているわけですから、少しでも多くの採用を判断するための情報を引き出したいと考えるのは当然のこと。

ですが、応募者はまだ転職を検討している段階ですので、あまりに志望動機などを「なぜ」と深掘りしすぎてしまうと、

「これは面接なのだろうか……」

という緊張感を与え、応募者が話しにくくなってしまいます。

 

また、ラフな場での話をイメージしていますので、面談で堅い空気を作ると実際の選考や業務がより堅苦しいものだと考えさせてしまい、ネガティブなイメージにつながりかねません。

そのため、応募者の反応を伺いながら質問するのが好ましいですね。

具体的には、仕事の価値観や、どんな人と働きたいか、将来やってみたい仕事など、応募者がどんな人なのかを広げるような質問をしましょう。

 

2.一方的に話を聞き出すだけでなく互いの理解を促進する

カジュアル面談において重要なのは、お互いに情報交換する場という考え方です。

もっと噛み砕いた表現をすれば、カジュアル面談は「お互いのことをもっと知るための対話」であると言えます。

通常の面接では、どうしても企業サイドが応募者に対して一方的に質問をし、話を聞き出しがち。そのため、応募者が質問しにくい雰囲気になることもあります。

応募者からの質問があまりに少ないと、採用側としても自社のことがちゃんと伝わっているか不安ですよね。カジュアル面談は、本番の面接の前に応募者と企業がお互いに情報交換する機会です。

 

特に、「この会社に興味があるけど、もっと知ってみてから応募したい」と考えている応募者には情報収集の場として役立ちます。

ですので、カジュアル面談では一方的に話を聞き出すだけではなく、企業サイドからの情報提供を心がけてください。

具体的には、会社説明から面談をはじめ、実際の業務風景や人事担当以外の社員との接点を作るなど、応募者が懸念に思っている情報はできる限り詳細に伝えるように注意しましょう。

 

カジュアル面談の上手な活用法2選

カジュアル面談は、ミスマッチを防いだり、優秀な人材と多く接点を持つためには有効的な採用手法です。

さらに、プラットフォームを使ったり、面接への動線を設計したうえで行うとより効果的なものになります。

ここでは、

  • ダイレクトリクルーティングや採用広報に向いたプラットフォームを活用する
  • 面接と組み合わせる

の2つを提案します。

どちらもシンプルですので、ぜひお試しください。

 

1.ダイレクトリクルーティングや採用広報に向いたプラットフォームを活用する

カジュアル面談をより有効活用するためには、ダイレクトリクルーティングや採用広報に向いたプラットフォームを利用することをおすすめします。

例えばWantedlyやpaizaなどのカジュアルに会いましょうといったコンセプトをもった媒体などがそれに当たります。

上記のような面談の場が作りやすい転職サービスの利用者数はIT業界では増加傾向にあり、各プラットフォームもそれを特色としていますのでカジュアル面談についての説明もあります。

多くの応募者が予め準備をしてカジュアル面談への応募ボタンを押してくれますので、面談の時間が有意義になる可能性が高いです。

応募の間口を広げるという目的でも、利用者が多い採用プラットフォームを活用すべきでしょう。

 

2.面接と組み合わせる

カジュアル面談を採用に活用するコツは、優秀な人材に面接に応募してもらうことをゴールとすることです。

せっかくお互いの時間を割くわけですから、有意義なものにしたいですよね。

カジュアル面談を行ううちに優秀な人材と接点を持つことができたら、積極的に面接を勧めてみましょう。

その際、カジュアル面談から面接までの導線を設計したうえでクロージングすることで、優秀な人材に応募してもらいやすくなります。

例えば、面談時にそのまま選考を受けれるような時間を確保することや、面談の中で作った柔らかい空気をしっかり締め、応募意思の有無を確認し、一次選考もかねて良いか確認するなど、企業の特色や人事担当の個性を出して設計することで、よりスムーズに意欲を高めた選考に入ることが可能となるでしょう。

 

まとめ:カジュアル面談を上手に活用するために

最後に、ここまでの内容をまとめます。

カジュアル面談とは、本番の面接の前に、企業と応募者の双方の理解を深める情報交換を目的に行われるものです。

カジュアル面談のメリットには、

  • 双方のミスマッチを事前に防ぐことができる
  • 多くの人材に接点を持つことができる

の2つが挙げられます。

 

また、カジュアル面談を行うときには

  • あくまで面談なので企業が選考をする空気を作らないこと
  • 一方的に話を聞き出すだけでなく互いの理解を促進すること

に注意してくださいね。

カジュアル面談を上手に活用するには、

  • ダイレクトリクルーティングや採用広報に向いたプラットフォームを活用する
  • 面接と組み合わせる

といった工夫がおすすめです。

 

監修してくれた方

山﨑 健太

キラメックス株式会社 HR事業部アカウントマネージャー

 

外食業界、IT業界に特化した人材紹介業界、システム開発会社を経験し現在に至る。

これまで営業として人事担当の要望をヒアリングし企業の採用改題を解決する傍ら、自身も人事担当として新卒/中途の採用に従事。

現在はTechAcademyキャリアにてキャリアコンサルタントとして活動。求職者のニーズに耳を傾けながら就/転職活動の支援を行なっている。

 

内容分かりやすくて良かったです!

田島君も、今日から実践して組織づくりに役立てましょう!

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、短期間で実務レベルのスキルを身につけた若手IT人材をご紹介、ダイレクト・リクルーティングできる「TechAcademyキャリア」を展開しています。

能動的にITスキルを習得し、成長意欲が非常に高いことが特徴です。

他の求人サービスでは出会えない、スキルの高い人材を有した独自のデータベースを通して、人事採用担当者のお悩みを解決します。

お気軽にご相談をくださいませ。