オンラインブートキャンプのフロントエンドコースを受講された大塚美穂さんにお話を伺いました。勤務しながらそれ以外の時間でTechAcademyを受講された大塚さん。プログラミングを学習しようと思ったきっかけ、デザインよりコーディングの方が楽しいと思った理由などをお聞きしました。

プロフィール:大塚美穂
仕事をしながらオンラインブートキャンプを受講し、オーガニックコスメのWebサイトを自身で開発。受講中に学習したフロントエンドの技術だけでなく、新しい技術も積極的に学習中。

まず最初にWebデザインに興味を持った

――最初に簡単に自己紹介をお願いします。
大塚美穂と申します。
現在は、生活雑貨を扱うブランドの商品部でバイヤーアシスタントをしており、品番登録、発注書の発行、伝票処理、電話応対などを行っています。

――自社でECサイトも持っているんですか?
自社でECサイトは持っていますが、他社に開発を委託しているので、社内に開発部はありません。

――大塚さんがプログラミングを学習しようと思ったきっかけはなんですか?
まず、Webデザイナーという職に興味を持ちました。
そして勉強してみたところ、デザインよりコーディングの方が楽しくて、それでプログラミングというものに興味を持ちました。

――Webデザイナーになりたいと思ったきっかけは何だったんですか?
大学生の頃から自分に向いている職を見つけられなくて、ずっと模索していました。
大学ではファッションを学んでいたこともあって、デザインに興味があり、パソコンが好きだったこともあり、Webデザインに興味を持ちました。

――Webデザイナーを目指したところから、コーディングの方が面白いと思えたというのは、当時何が面白かったのでしょうか?
その時はまだJavaScriptなどは触っておらずHTML/CSS、jQueryだけだったんですが、自分の「こうしたい」というアイデアがあって、実際にコードを書いてその通りになったときは、感動しましたし、考える過程が面白いなって思いました。

――モノづくりという想いはファッションの勉強をしていた時から持っていたんですか?
いや、ファッションの勉強もデザインを学んでいたのではなくて、ファッション文化について学んでいて、全然洋服とか作っていませんでした。
イチからデザインを考えるというよりも、デザイナーさんから貰ったデザインを構築していく方が向いているのかなと思います。

――ちなみに最初はどうやってプログラミングやデザインの勉強を進めていたんですか?
最初は無料のサービスを使って少しずつ勉強してました。

自分のコードを評価してもらいたかった

――独学で勉強されていたところから、スクールに通うというステップアップのきっかけはあったんですか?
まず、独学だと誰にも評価をしてもらえないんですよね。私は就職を考えているので、自分が書いたコードが正しいのか、人に判断して貰いたかったんです。
あとは、学習の速度。独学でも出来ないことは無いと思っていたんですが、もっと効率よく学びたいというのがありました。
あと、勉強しようと思ったら際限がなくどこまでも勉強できてしまうので、就職するにあたって、何をどこまで勉強すれば良いのか、が分からなかったので、それを知りたくて受講しようと決めました。

――その中でTechAcademyに決めた理由はありますか?
「パーソナルメンターがつくこと」と「毎日チャットで質問ができること」ですね。
メンターさんがつくといっても、働きながら教室に通うのは辛いなと思ったので、自宅で完全に受講できることも良かったです。
あとは就職のサポートまでしてもらえる点が決め手になりました。

――実際に受講してみて率直な感想をお願いします。
メンターさんってどんなに優秀な方でもやはり相性ってどうしてもあると思うんですね。
正直そこが不安だったんですが、とても良い方で、本当にいろんなことを教えていただいたので、受講して良かったです。

自分が欲しいと思っているサービスを開発した

――オリジナルサイトのサービスの紹介をお願いします。
サービス名は、「The Green Beauty Media」という名前で、楽天市場からオーガニックコスメ、ナチュラルコスメの商品情報を取得してカテゴリおよびブランド別で表示できるようにしたサイトです。

original.png

――どういう経緯でこのサービスを作ろうと思ったのか教えてください。
私は、結構肌が弱いので、化粧品はこだわって選んでいるんですが、楽天にも、一応「オーガニックコスメ」というジャンルはあるんですよ。ただ、精度が低くて、実際オーガニックコスメじゃないものも載っていたりとか、逆にオーガニックコスメなのに載っていないことがあるので、「じゃあ自分で探しやすいものを作ろう」と思い、作りました。

――ブランド別で検索できるようにした理由はありますか?
オーガニックコスメと言っても、本当にいろんなブランドがありまして、例えば全然オーガニックの成分を一つだけ入れていれば、オーガニックコスメって謳えてしまうんですよね。
なので、そういうブランドは表示させたくなかったんです。
自分の独断と偏見ではあるんですが、基準を設けてちゃんとしたブランドだけを表示するようにしました。

――サイトを作る中で工夫した点などはありますか?
デザインには多少こだわりました。楽天って結構ごちゃごちゃしてるじゃないですか。
なので、楽天より見やすくするという点を特に意識しました。また、スマホ対応もするためにBootstrapはグリッドシステムだけ使いましたが、ハンバーガーメニューなどは自分で作りました。

一人でWebサービスをゼロから作れるようになりたい

――今後の目標などはありますか?
将来的にはデザインからバックエンドまで一通りできるようになりたいです。

――そう思われたきっかけはなんだったのですか?
実際自分が作ったデザインを褒めてもらえるのはすごく嬉しかったので、もっとデザインもできるようになりたいなという思いも芽生えましたし、勉強してみて思っていた以上にプログラミングが楽しかったので、バックエンドの言語も勉強してみたくなりました。
今でも簡易的なサービスであれば、一人でできるわけですけど、もっと勉強して一人で何でもできる、一人で本格的なサービスが作れるというレベルまで深めていきたいですね。

――今回受講されたコースの言語としてはJavaScriptがメインになると思うのですが、今後やりたい言語などは具体的にあるんですか?
とりあえずPHPの勉強を始めたところです。

――PHPはなぜやろうと思ったのですか?
これはメンターさんに、PHPも勉強した方がいいよと言われたんです。
あとは、フロントエンドエンジニアの求人は少ないという現状と、バックエンドの言語も習得したいと思っていることから、、バックエンドでも構わないと思い少しでも勉強しようと思いました。

――フロントエンドにせよ、バックエンドにせよ、そこまでこだわりはなく転職したいと思っているということですか?
受講前はデザインにも触れたいと思いフロントエンドを選んだのですが、プログラミングがとても好きになったので、こだわっていません。

――これから大塚さんのように受講を考えてる方、エンジニアを目指される方、未経験の方へのアドバイスをお願いします。
何度も言いますが、やってみたら思ってた以上に楽しかったので、まずは手を動かすことが大事だと思います。
やってみないと好き嫌いも向き不向きも分からないと思うので、とりあえず勉強してみる、何か作ってみるというのが良いかなと思います。

(インタビュアー:小嶋大貴)