git remoteを使ってリモートリポジトリの追加と削除を行う方法【初心者向け】現役エンジニアが解説

初心者向けにgit remoteでリモートリポジトリの追加と削除を行う方法について解説しています。複数人で一つのものを開発していく際に必ず使う知識になります。実際にコマンドを打ちながら説明しているので、ぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Git(ギット)はとても便利なバージョン管理システムです。

今回は、Gitの使用においても重要なgit remoteの使い方を紹介していきたいと思います。

同様に役立つGitHubの使い方も解説しているので、合わせてご覧ください。

目次

 

リモートリポジトリとは

私たちは普段Gitを利用している際は、ローカルリポジトリというリポジトリを使用しています。

ローカルリポジトリというのは、その名の通りローカルで作業をするためのリポジトリです。

ローカルリポジトリはローカルにあるリポジトリのため、このままだと、多人数で作業を行うことができません。

そのため、Gitを用いた開発では、リモートリポジトリという、ネット上などにまた別のリポジトリを作成して開発を行います。

 

[PR] 無料で現役エンジニアから学べる

git remoteを使用してみる

それでは実際にgit remoteを使用してみましょう。

リモートリポジトリの追加はとても簡単です。

以下のように打ち込むだけです。

git remote add origin 追加したいリポジトリ

 

逆に削除も簡単で以下のように打ち込むだけです。

git remote rm origin

 

リモートリポジトリを提供しているサービスは複数ありますが、今回は一番使用しているサービスであるGitHubを使用してリモートリポジトリの追加を行ってみましょう。

下の例通り打ち込んでみましょう。

git remote add origin git@github.com:BabaShun/sample.git

ユーザー名の部分と、レポジトリ名の部分はそれぞれ変えてください。

 

そのあとgit remote -vと打ち込んでリモートリポジトリを確認してみると、以下のように表示されます。

git13_01

 

逆にgit remote rm originと打ち込むとリモートリポジトリが削除されていることがわかります。

 

まとめ

今回はリモートリポジトリの追加と削除について解説していきました。

実際のプログラミングの実務において、リモートリポジトリを使用せずに開発するというのはほとんどありえません。

必ずgit remoteを使えるようにしておきましょう。

 

執筆してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバーでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。Wordpressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。
小学生がオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞、中学生がSNS型PWAアプリリリースなど、ボランティアプログラミング教育活動行っている。

 

[お知らせ]テックアカデミーでは自宅で学べるオンライン完結のプログラミング講座を開催しています。わからないことをチャットで質問すると、現役エンジニアのメンターが毎日すぐに回答します。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!