git pushを使ってリモートリポジトリへプッシュする方法【初心者向け】

初心者向けにgit pushを使ってリモートリポジトリへプッシュする方法について解説しています。git pushというコマンドは開発に関する作業をする上で必ず使用するコマンドなので、ぜひこの機会に理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Git(ギット)はとても便利なバージョン管理システムです。

今回は、Gitの使用においても重要なgit pushの使い方を紹介していきたいと思います。

同様に役立つGithubの使い方も解説しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事はTechAcademyのオンライン完結のGitHub講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

 

20160620

 

田島メンター!!リモートリポジトリについてはわかったんですけど、リモートリポジトリに反映させるのはどうしたらいいんですか〜?

20163020-2

 

それならgit pushを使うんだ。

 

 

git push とは

ローカルリポジトリで開発したとしても、それをリモートリポジトリに反映できなければ、他の人が書いているコードは過去のバージョンのコードのままです。

そうならないために、git ではgit pushというリモートリポジトリにローカルリポジトリの変更を反映するためのコマンドが用意されています。

 

git pushを使用してみる

それでは実際にgit pushを使用して見ましょう。

今回はgithubのリモートリポジトリにローカルリポジトリからpushを行ってみましょう。

git remote -v

上記のように打ちリモートリポジトリ名が表示されるようにしてください。

そのあと、ローカルのmasterブランチで、ファイルの変更を行ってコミットしてください。

今回はローカルで「sample.html」というファイルを作成しました。

最後にpushしていきます。

git push origin master

このように打ち込むと以下の画像のようになり、pushすることができます。

git14_01

git pushのあとのorigin masterというのはoriginというリモートリポジトリのmasterというブランチにプッシュするという意味です。

この文字が間違っていると、pushが失敗するので気をつけるようにしてください。

 

[PR] 現役エンジニアに質問しながらプログラミングを習得する学習方法とは

まとめ

今回はgit push について解説していきました。

git pushは実際の実務の中でも頻繁に使用するコマンドです。

またオプションによってはすべてのファイルを無理やり上書きするような危険なコマンドにもなるので、よく理解して使用するようにしましょう。

git pullの使い方も説明しているので、合わせてご覧ください。

 

20160620

 

git pushで反映されました〜!!!

 

20163020-2

 

そうだね。git pushはリモートリポジトリを使うとかならず使うから、覚えておこうね♪

 

20160620

 

はい♪

 

 

[お知らせ]TechAcademyでは自宅で学べるオンライン完結のGitHub講座を開催しています。わからないことをチャットで質問すると、現役エンジニアのメンターが毎日すぐに回答します。