マイクロソフト、最薄レベルのデスクトップPC「Surface Studio」を発表

マイクロソフトは、現地時間10月26日、ニューヨークで開催中のイベントで新たな製品「Surface Studio」を発表しました。28インチと大型でありながら12.5mmという薄さ。ぜひ動画と一緒にご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

マイクロソフトは、現地時間10月26日、ニューヨークで開催中のイベントで新たな製品「Surface Studio」を発表しました。アップルのiMacをイメージさせるような製品となっていますが、マイクロソフト初のデスクトップPCとなっています。

液晶ディスプレイの中でも最薄レベルの「Surface Studio」、ぜひ動画と一緒にご覧ください。

 

Surface Studioの特徴

surface-studio-2-web

タッチスクリーン対応のSurface Studioのディスプレイは、28インチと大型でありながら12.5mmという薄さ。大きなディスプレイですが、片手で手軽に傾きを変えることができます。

20度まで倒して作業ができるというのが大きな特徴でしょう。

en-intl-pdp0-surface-cardinal-42l-00001-f1-desktop

 

ディスプレイ部分のスペック

28インチ、4500×3000画素のPixelSense Display、10点マルチタッチに対応しています。

 

PC部分のスペック

利用する上で重要なPC部分のスペックはというと、4コア第六世代Core i7またはi5プロセッサ、最大32GBのDDR4メモリと最大2TBのSSDを搭載。

 

外部端子

外部端子も充実しており、USB 3.0が4箇所、Mini DisplayPort、SDカードリーダー、ヘッドホン端子となっています。

 

また今回、新しい入力デバイスとして「Suface Dial」が発表されました。

ディスプレイ内のズームやパレットツールの表示、ページ送りなど様々な用途で利用できそうです。

surface-dial-2

何よりSurface Dialを使っているシーン自体が新鮮でしょう。

 

価格は2,999ドル~4,199ドルとなっており、現地時間10月26日より予約受付開始となっています。

Surface Dialは99ドルの別売りですが、米マイクロソフトストアでは、Suface Studio本体の購入で特典としてプレゼントされるようです。

 

Surface Studioのプロモーションビデオ

以下の動画はYouTubeにアップされているSurface Studioのプロモーション動画です。

デスクトップPCとは思えないほど薄く、創造性を掻き立てるような出来栄えとなっています。

 

Surfaceシリーズは、これまでも「Surface Pro 4」など注目され人気となった製品はありましたが、今回は初のデスクトップ型PC。国内での発売は待たれますが、ユーザーからの期待は大きそうです。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。