Dropboxでファイルを他ユーザーと共有する方法【初心者向け】

Dropbox(ドロップボックス)初心者向けにファイルや写真を他のユーザーと共有する方法について解説しています。Dropboxのアカウントを持っていない人でも簡単にファイル共有することができるので、ぜひ覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Dropboxをファイル共有や写真共有のために利用している人は多いでしょう。

Dropboxにアップロードしたファイルは、Dropboxのアカウントを持っている人と持ってない人の両方に公開・共有することが可能です。

ここではそれぞれの場合の共有方法について解説します。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、未経験でもプログラミングを習得することが出来ます。

 

目次

 

Dropboxでファイルやフォルダを共有する方法

お互いにDropboxのアカウントを持っている場合は、共有フォルダを作成することでファイルのやりとりができるようになります。

左メニューから「共有」を選択します。

dp_sh_1

「新しい共有フォルダ」をクリックします。

dp_sh_2

「新規フォルダを作成し共有する」を選択すると共有用の全く新しいフォルダを作成します。

「既存のフォルダを共有する」を選択すると現在自分が使用しているDropbox内のフォルダから共有するフォルダを選択します。

dp_sh_3

共有フォルダの名前を設定し、「宛先」欄にフォルダを共有する相手のメールアドレスを入力してから「編集可能」の部分をクリックします。

dp_sh_4

招待する相手の権限について設定します。

「編集可能」を選択した場合、招待した相手はファイルのアップロード・編集・削除などを行うことができます。

「閲覧可能」に設定した場合、相手の権限はファイルの閲覧・ダウンロード・コメントの追加のみになります。

権限を選択したら右下の「共有」をクリックします。

dp_sh_5

共有フォルダの権限は、そのフォルダを作成した所有者であれば後からいつでも変更することができます。

左メニューの「共有」メニューをクリックすると現在使用している共有フォルダの一覧が表示されます。

dp_sh_1-1

フォルダ名の右にある「共有」ボタンをクリックします。

dp_sh_6

現在共有フォルダを使用しているメンバーの一覧が表示されます。権限を変更したいメンバーの権限の部分をクリックします。

dp_sh_7

また、ここで選択したユーザーを新しく所有者に指定することもできます。メンバーをフォルダの共有者から除外する場合は「削除」を選択します。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

アカウントを持っていない人と共有する方法

Dropboxにアカウント登録していない相手へのファイルの共有にはリンク作成機能を使用します。

共有したいファイルの右にある「共有」ボタンをクリックします。(カーソルを合わせると出現します)

dp_sh_9

「リンクを作成」をクリックします。

dp_sh_10

「リンクをコピー」をクリックします。(※有料アカウントの場合はここで「リンクの設定」からパスワードやコメントなどの設定を行うことができます)

dp_sh_11

「リンクをクリップボードにコピーしました」と表示されます。

あとはリンクをメールで送る、SNSに貼り付けるなど相手がアクセスできる状態にするとファイルを共有することができます。

dp_sh_12

一度作成したファイルへのリンクは左メニューの「リンク」から確認でき、設定やリンクの解除を行うことができます。

dp_sh_13

 

以上、Dropboxでファイルを共有する方法について解説しました。

やり方は非常に簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。これからプログラミングを学んでみたいという人はぜひご覧ください。