40社から学ぶ!ヨーロッパのECサイトにおけるフォームの作り方

ヨーロッパの40のECサイトを事例にアカウント登録時のフォームの作り方について紹介しています。ECサイトは必ず会員登録が必要ですが、ユーザーにとってまた使いたくなるフォームとはどんなものなのか、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

本稿は、Designmodeのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

また、本記事は、 Adrian氏によって投稿されました。

 

ヨーロッパのEコマース市場が今活発で、スマートフォンでも使えるWebサイトが鍵になっていることはもう周知のとおり です。

昨年には、およそ2億9,600万人もの人が使用し、4550億ユーロが費やされ、そのうち16.5%はモバイルから行われました。

たった16%と思われるかもしれませんが、モバイルのシェアの成長には驚かされます。

 

イギリスの大企業Argosは「ブラックフライデー」の朝に1時間あたり700,000ものアクセスがあり、PCからのアクセスは、たった20%だったことを発表しました。

Webデザイン業界で働いている我々にとって、モバイルユーザーに対していつも気がかりなことがあります。それはフォームです。

今回紹介するUseITBetterによるフォーム統計の最新の研究が大きく助けとなってくれるでしょう。

1

 

なぜ登録フォームの有効活用はそんなに大事なのか

Eコマースのサイトにおいて、ちょっとした仕掛けは、ユーザーにただ綺麗さを提供するだけのものではないのです。

なぜなら、それらの機能がうまく動けばコンバージョンや売上に大きく影響するからです。言い換えれば、フォームのパフォーマンスが悪かったら、それは損失を意味します。

つまり、アカウント登録が簡単にできたら、売り上げが上がります。顧客も使いやすく、また戻ってきたくなるでしょう。

 

登録フォームのデザインにはある程度の妥協が必要

消費者は簡単で、短時間で済む登録フォームを求めています。

一方、サービス提供側は基本データに加え、Webサイトで消費を促すために追加情報も欲しいものです。

2

上記のグラフは、各サイト別のアカウント作成時のフォームの数を表しています。

 

サービスする側、される側、双方が得するラインは確かにあるのですが、判断をするのはなかなか難しいでしょう。

良い評価をもらうにはあまり多くの質問をしてはいけないですし、フォームを多く入れても無視されるからです。

 

専門家によれば、これはエンジニアにとって難しい問題だといいます。

「同じフォームでもだれが埋めるかによって全然働きが違ってきます。アメリカのユーザーがイギリス限定のショッピングサイトをつかうのか?

登録ユーザーがアカウント情報を忘れた場合は?、AndroidがOSのソフトキーボードでのフォームは?

どれも特定し、解決するのに苦労する話です。よく試行錯誤して、ユーザーが快適に買い物できるようにする努力が必要とされます。」

このようにUseItBetterのCEOのルーカス・トワードウスキーは語ります。

 

登録すべきフォームの数は5〜34個

UseItBetterの研究によれば、普通の携帯電話での登録フォームの数は、トップ40社のヨーロッパのEコマース業社で大きく異なってくるそうです。

 

Burton.co.ukやjohnlewis.comのような業社はシンプルです。

ユーザーは単純に5つの項目を埋めれば良いフォームになっています。

Eメールアドレス、パスワード、パスワード確認、週刊メールマガジンのサインアップ、そして登録ボタン。

3

一方、makroやjdwilliamといったECサイトでは、フォームの数は23〜34にも及びます。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

72%もの企業がユーザーにパスワードを2回要求する

これはもはやエラーを正す方法として基本になってきていているのですが、スマートフォンの小さなスクリーンでは少し使いづらいでしょう。

 

20%の業社がパスワードの表示を許可している一方、32%はEメールアドレスまでも2回要求しているという話です。

qvuck.comでは、Eメールやその確認、パスワード、そしてまたパスワードの確認、秘密の質問とpinナンバーまで要求してユーザーは大忙しです。

4

 

誕生日はよく要求されるが、13社中4社しか「なぜ必要なのか」について答えていません。

誕生日は、消費者がその年齢で購入可能かどうかで必要です(qvcuk.com & Next.co.uk)。

誕生日は、マーケティングのリソースとしても有益で、単純にセキュリティーとしても使えます(jdwilliams.co.uk)。

 

他の理由としては、ユーザーがそれで喜ぶならば、誕生日の挨拶や、誕生日割引として使うこともできます(asos.com)。

 

UXのスペシャリストによってたくさんの情報が集められるますが、どれがモバイルユーザーに取って最も有益なのかというのはまだまだ改良の余地があります。

 

ユーザーの個人情報

ユーザーの個人情報を要求するのは常に重要であり、最近では様々な議論がなされている議題と言えます。

UseItBetterの研究によると85%のオンラインショップは、ユーザーに商業目的による利用の許可を求めています。

15%の企業は、マーケティングの一環としてユーザーの個人情報を使うと宣言しており、8パーセントはそれを”他の目的”に使うそうです。

登録フォームはクライアントにもあなた自身にも素晴らしい情報源なのです。

 

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

モバイルサイトに対応したレスポンシブデザインを自分で作れるようになりたい、今後Webデザイナーとして働きたいという方はぜひご覧ください。