【Windows編】今すぐ簡単にできる!PHPのダウンロード方法

プログラミング初心者向けにWindowsでのPHPのダウンロード/インストール方法を解説しています。Windows10の環境でPHPをインストールする手順について細かく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Windows10環境にPHPをインストールする手順について説明します。

ここでは64bit OSを前提としてますが、32bit OSでもインストーラが異なるだけで手順は同じです。

そもそもPHPが何か分からない場合は、先にPHPとはの記事をご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHPオンライン講座の内容をもとにしています。

 

大石ゆかり

田島メンター!PHPって単体でもダウンロードできるんですか?前にXAMPPなどのパッケージで開発環境をダウンロードしたんですけど。

田島悠介

PHPもプログラム(C言語)で作られている、ソフトウェアなんだ。個別にダウンロード出来るんだよ。

大石ゆかり

個別にダウンロードする利点ってありますか?

田島悠介

学習中の場合は、後でいいけど、個別にダウンロードすると最新のバージョンとか入れ替えたり出来るよね。では、ダウンロードやインストール方法を見てみよう!

 

PHPのダウンロード

PHPのインストールプログラムは、Windows版PHP公式サイトのダウンロードページから入手します。

ページにアクセスした後、上部メニューの「Downloads」をクリックします。

1_1-620x221

次の画面で、プルダウンから必要とするバージョンおよび種類を選択します。

32ビット(x86)/64ビット(x64)の区別、スレッドセーフ対応/非対応の組み合わせで各バージョンに4つ種類があります。

スレッドセーフ対応/非対応の違いは、こちらにも記載されています。

WebサーバでPHPを実行させたい場合はスレッドセーフ対応版を選択すれば良いでしょう。

ここでは64ビットのスレッドセーフ対応版を使用します。

2-1_-620x350

プルダウンを選択すると該当バージョンの部分に画面がスライドするので、ここにある「Zip」のリンクをクリックしてダウンロードします。

2-2_1-620x344

 

PHPのインストール事前準備

PHPマニュアル内のインストール要件にあるように、PHPをインストールする場合は、Visual C ランタイム(CRT)が必要です。

事前にVisual C ランタイム(CRT)をインストールします。インストール要件に記されたリンク先からMicrosoftのサイトへ接続し、インストーラをダウンロードします。

※PHP5.xではVC CRT 11が、PHP7.xではVC CRT 14が必要です。

0-1_1-620x330

ダウンロード後はアイコンをダブルクリックし、ライセンス条項などに同意した後インストールを進めれば終了です。

 

大石ゆかり

テキストエディタや動画ソフトのように、zipで配布されてるんですねー。後、Visual Cランタイムって何でしょうか?

田島悠介

ランタイムっていうのは、あるプログラム言語を動かすために必要になるものなんだ。

大石ゆかり

PHPはCで作成されているので、Visual Cランタイムが必要なんですね!

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

PHPのインストール

ダウンロードしたzipファイルを展開します。展開後はバージョン名などがフォルダに記載されているので、フォルダ名を「php」に変更します。

その後「php」フォルダごとC:\の直下に移動します。

あとはPHPを呼び出せるよう、環境変数にパスを追加します。

スタートメニューを右クリック→システムより「システム」画面を呼び出します。

3-1

「システム」画面の左側にある「システムの詳細設定」をクリックします。

3-2-620x194

「システムのプロパティ」画面では「環境変数」ボタンをクリックします。

3-3

「環境変数」画面では、下半分の「システム環境変数」の欄を確認し、「Path」の行を選択した後、「編集」ボタンをクリックします。

3-4

「環境変数名の編集」画面で「新規」ボタンをクリックします。

3-5

一覧の下に追加された部分に「C:\php\」(最後の\まで入れる)と入力します。

3-6

その後「OK」ボタンをクリックします。

さらに順に「環境変数」画面→「システムのプロパティ」画面でも「OK」ボタンをクリックしてそれぞれの画面を閉じます。

 

最後に環境変数の設定変更ができたかどうか確認します。

コマンドプロンプトを起動し(すでに開いている場合は一度閉じて再度開く)、「php -v」と入力してEnterキーを押し、以下の表示が出れば設定変更完了です。

3-7-620x393

 

まとめ

Windows10でのPHPのインストール方法について解説しました。

いざPHPを使ってプログラミングを始めたいと思ってもインストールしておく必要があるので、ぜひやり方を確認しておきましょう。

 

大石ゆかり

環境変数って何ですか?

田島悠介

OSが持っている変数かな。コマンドプロンプトでsetって書いてEnterを押すと色々出てくるよ。(Windows)

大石ゆかり

Pathに値を追加すると、何か変わるんですか?

田島悠介

今回の場合、PHPの本体は、Cドライブ直下のPHPフォルダにあるよね。コマンドプロンプトのphp -vって言うのは、本体に対してバージョンを表示せよって意味になるんだ。Pathを通しておくと、PHPの本体の場所まで移動しなくても良くなるんだ。

 

また、PHPを勉強していて、

  • もっと効率的に勉強したい
  • 誰かに聞きながら学びたい
  • 自分でWebサービスを作りたい

と思ったことはないでしょうか。

 

そんな方のために、TechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。