変数や配列の削除!PHPのunset関数の使い方【初心者向け】現役エンジニアが解説

プログラミング初心者向けにPHPのunset関数を使って変数や配列の特定の要素を削除する方法について解説しています。頻繁に使う関数ではありませんが、いざという時に便利なので、書き方を覚えておきましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社 代表取締役
対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、スマホアプリ、Unity、Rails、スマートコントラクト、講師、執筆、CTO

PHPで書くunset関数の使い方について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

一度作った変数や配列から特定の要素を削除したい際に便利な関数です。

複数の値の削除も一度に行えるので、実務でも活用してみましょう。

目次

そもそもPHPについてよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

大石ゆかり

田島メンター!変数って同じ名称は使えないし、どんどん増えると思うんですが、削除とかってできるんですか?

田島悠介

変数の削除は簡単にできるよ〜!

大石ゆかり

そうなんですね!ぜひ教えてほしいです^^

田島悠介

配列の中の要素も削除できるから合わせて見ていこうか!

 

unset関数とは

unset関数は、定義した変数の割当を削除する関数です。

また、配列に使うと不必要になったインデックスの要素だけを削除することができます。

 

unset関数の書き方

例えば、「$a」といった変数を消したい時は以下のように記述します。

unset($a);

unset関数を利用することで「$a」といった変数が消されます。

また、以下の配列要素が存在するとします。

$ary = array(0, 1, 2, 3, 4, 5);

配列要素から「3」の要素を削除したいときには、以下のように指定します。

unset($array[4]);

インデックスを指定することで、特定の要素を削除できます。

 

[PR] PHPプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

unset関数で変数の値を削除してみよう

それでは実際に書いてみましょう。

最初に「$a」を定義して削除し、表示してみます。

サンプルコード

<?php
    $a = 3;
    unset($a);
    print($a);

解説

<?phpでは、PHPプログラムを開始するという意味です。

$a = 3;では、変数aに3の値を代入しています。

unset($a);では、変数aをunset関数を利用して削除しています。

print($a);では、変数aを表示していますが、unset($a);で変数aの値を削除しているため表示できません。

表示結果はエラー表示になっていることから、unset($a);で変数aの削除ができていることがわかります。

 

表示結果

PHP Warning: Undefined variable $a in /workspace/Main.php on line 4

 

unset関数で配列の値を削除してみよう

配列の要素を削除し表示してみます。

サンプルコード

<?php
    $a = array(1, 2, 3);
    var_dump($a);
    unset($a[1]);
    var_dump($a);

 

解説

<?phpでは、PHPのプログラムを開始するという意味です。

$a = array(1, 2, 3);では、変数aに配列の1,2,3のデータを代入しています。

var_dump($a);では、var_dump関数を利用して変数aをデバッグ表示しています。

var_dumpについては、PHPのvar_dumpで変数や配列の内容を出力する方法を参考にしてみてください。

unset($a[1]);では、配列のインデックスの1で指定した2の値を削除しています。

PHPの配列については、PHPの配列の基本を参考にしてみてください。

var_dump($a);では、配列aの値を表示しています。

unset($a[1]);でインデックスの1で指定した2という値を削除した状態の表示結果になりました。

 

表示結果

 

おわりに

unset関数はプログラミングを始めたばかりだとあまり必要ない関数だと感じるかもしれませんが、大規模なプログラムになるとメモリの開放などを考える必要になることがあります。

メモリ不足が心配な場合にunset関数を使ってサイズの大きい変数を開放すると、メモリの節約ができるようになります。

 

大石ゆかり

本当に簡単ですね!

田島悠介

そうでしょ!いつも使うわけじゃないと思うけど、覚えておくと便利かもね♪

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバーでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。Wordpressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。ボランティア活動:小学生がオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞、中学生がSNS型PWAアプリリリースする市クラブ講座活動を行っている。

 

PHPを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPHP/Laravelコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、PHP/Laravelを使ったWebアプリケーション開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!