【介護職を辞めたいあなたへ】理想の生活を手に入れる第一歩とは

高齢者の身の回りの世話や精神面でのサポートだけでなく、入所者の家族対応や事務作業などさまざまなプレッシャーのもと仕事をする介護職。人の役に立つことや支援をしたいと思う人の良心に甘えた業界構造によって、劣悪な労働環境で働く人も多いものです。では、介護職からの転職はどのようにして進めていけば良いのでしょうか?

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

介護職は、福祉に関する専門的な知識や医学的な技術を持つ人が施設や在宅で介護を支援するお仕事。高齢者の身の回りの世話や精神面でのサポートなど介護職という仕事の領域は多岐にわたります。

人の役に立つことや介護の悩みを理解し、支援をしたいと思う人の良心によって支えられている部分も大いにあるでしょう。

それ故に、現実はとても辛い場面に直面したり、サービス残業や休日出勤の多さなどの悲鳴を聞くこともしばしばあります。

それでは、なるべく若いうちに介護職から転職をしようと考えた時、どんな課題があるのか、どのように転職活動を進めていくべきか、ここで紐解いていきます。

 

介護業界の仕事内容

介護業界の仕事内容について具体的にチェックしていきましょう。

介護の仕事は、実際に介護サービスを行う人(現場の介護スタッフ)と、事業所内部の事務スタッフとに分かれています。

 

現場の介護スタッフの仕事内容

現場の介護スタッフの仕事内容は、高齢者や障害者など日常生活を送って行く上で支援が必要になる人たちの身の回りの介護を行うのがメインの業務になります。

食事や運動、入浴や排泄のケアが重要な仕事になりますが、その他レクリエーション活動などを通して介護が必要な人たちのメンタル面に気を配ることも重要です。

介護施設に親や親戚を入所させている家族の人たちの対応を行い、よりきめ細かいサービスを行うために入所者についての情報を得ることも現場の介護スタッフの重要な仕事になります。

 

事務スタッフの仕事

現場の介護スタッフの他に、介護事業所内部の事務スタッフの仕事もあります。

介護事業の収入は介護保険制度に基づく介護サービス費用ですが、事業所を安定的に運営していくために介護費用の計算や請求書の作成、会計関連の帳票書類の作成などの業務も重要になります。

介護事業所の事務内容は一般的な企業と比べて特殊な分野となるため、介護事務の専門職種として介護保険事務士、ケアクラークなどの資格試験が実施されています。

 

介護業界の実態

「今後の日本は高齢化社会が進むから、高齢者を相手にする介護職は有望な仕事!」といったような宣伝を聞いたことがあるという方もひょっとしたら多いかもしれません。

しかし、実際に介護業界に身を置いている人にとっては、介護職という仕事がこんな「夢のような仕事」ではないことはよく理解されているのではないでしょうか。

以下、介護業界の実態として雇用形態や収入、福利厚生の面での実態について考えてみましょう。

 

雇用形態や収入の実態

介護業界の雇用形態は、パートやアルバイトの形でのスタートとなることが多いというのが実際のところです。

パートやアルバイトは比較的時間の拘束が少ないというメリットがあるのですが、長期目線で考えるとスキルアップやキャリアアップにつながりにくいという短所があります。

事業所内部での昇進は正社員が独占しているのが普通ですから、子育てをしながら空いた時間にお金を稼ぎたい、というような方でない限りはパートやアルバイトとして介護職を選択するメリットは小さいと言えるでしょう。

介護職でも正社員としての採用をしている事業者も少なからずありますが、正社員の場合夜勤や休日出勤を強制されることも少なくありません。

 

就業時間や拘束時間についての実態

介護職の問題点として、就業時間や拘束時間が特殊であるということが挙げられます。

介護職はいうまでもなく高齢者の体調管理や食事入浴、排泄などの生活そのものの支援がメインの仕事になります。

緊急で対応しなくてはならない仕事も多いのに加えて、慢性的な人手不足の影響で夜勤や長時間労働につながりやすいことが介護職業界の問題点として指摘されることが多いです。

中には、転職の募集要項の内容とは異なる就業時間や拘束時間を強制される悪質な事業者につかまってしまうケースも少なくありません。

夜勤で昼夜逆転の生活をせざるを得なかったり、頻繁に休日出勤を求められてプライベートとの両立が難しく、ワークライフバランスを維持することが極めて難しいというのが介護職正社員の実態なのです。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

介護職からの転職の課題

このように、介護職という業界には年収や労働環境の面から考えてさまざまな短所があります。

もしあなたが介護の仕事そのものに苦痛を感じているのであれば別の分野への転職を考えて見るのも1つの選択肢です。もちろん、せっかく介護職から転職するにしても、同じように労働環境が悪い職種に転職してしまったのでは同じことの繰り返しになってしまいますから注意しましょう。

 

労働条件が厳しくなりやすい業界

介護職と同様、労働環境が良いとは言えず、転職しても長く続きづらい業界としてよくあげられるものには以下のような業界があります。

  • アパレル業界
  • 飲食業界
  • 旅行業界
  • ウエディング業界
  • 小売業界
  • ホテル業界
  • パチンコなどの娯楽産業
  • 学習塾
  • 運送業
  • 不動産営業

こうした職種に共通する特徴として、接客などの対人業務がメインとなっており、「手に職をつける」という形でスキルアップして行くことが難しいという点が挙げられます。

年収をアップしながらやりがいのある仕事に転職するためのポイントは、「自分の専門分野はこれ!」といえるものを持ち、その専門分野に関するスキルをアピールポイントにしてどの企業に行っても生き残っていけるようにすることなのです。

 

手に職をつける

未経験からの転職を考える場合、まずは「手に職をつける」ことを意識しながら長期目線でスキルアップを考えることが重要になります。

これから未経験で新しい職種に挑戦する!という方の場合、もっともおすすめできるのが「ITエンジニア」という職業です。

ITエンジニアは、企業や個人で使う情報処理(IT)に関する技術を扱う専門家で、システムエンジニアやWEBエンジニアと呼ばれる人たちが活躍する分野です。

 

ワードとエクセルしかできない…という人も大丈夫!

「自分は学校では理系ではなかったし、パソコンなんてエクセルとワードぐらいしかわからない…」そう感じている方も心配はありません。

数ある技術者のうち、特にITエンジニアは転職市場でも非常にニーズが高く未経験から就職をすることができる有望な仕事だからです。

現在、ITエンジニアとして活躍している人たちのほとんどが、未経験から実務を通して技術を身につけています。

 

難易度の高いスキルがある人ほど年収も上がる

もちろん、難易度の高い仕事に対応できるようになればなるほど転職市場での価値が高まっていく(つまり年収アップにつながる)ので、常にスキルアップを目指していくことが重要になります。

自己流でスキルを身につけて行くのも一つの選択肢ですが、より短期間で効率的に技術を身につけていきたい方はITエンジニア養成のスクールを利用してみるのも良いでしょう。

スクールを選ぶ際には、スキル学習と転職の両方を支援してくれるスクールを選択するのがポイントです。

スキルを身につけるのは転職市場での自分の価値を高めて、より年収が高くてやりがいのある仕事につくためのものですから、「勉強のための勉強」になってしまわないようにすることが重要だからです。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

学習と転職両方を実現するスクール

ITエンジニアになるためのプログラミングスキルの習得、そして希望の仕事を得るための転職活動は特に現職が忙しい人や不規則な生活をしている人にとっては、日常がさらにハードになってしまうことが想像できます。

極力、効率的に学習をして転職活動をスムーズに進める方法として、移動の時間やコストをかけずに空いた時間を有効活用して実現できると良いのではないでしょうか。最近のスクールは通学タイプだけではなく、パソコンとネット環境さえあれば学習及び転職活動までオンライン上でサポートをしているスクールもありますので、そのようなスクールを有効活用すると良いでしょう。

オンラインブートキャンプ「TechAcademy」の就職直結型のスクールとして「TechAcademy就職予備校」が開講されているのをご存知でしょうか。

 

TechAcademy就職予備校は、8週間という短期間で世界でもっとも汎用的に使われるプログラミング言語である「Java」の基礎を習得し、IT企業への就職サポートまでを一貫して提供しているスクールです。

学習期間中は、現役のJavaエンジニアがメンター(講師)として受講生の疑問や相談に寄り添って解決へと導きます。わからないことが発生してもメンターがいることによって、つまづくことなく、常に前進できるので高いモチベーションを維持したまま学習を続けることができます。

また、就職・転職のサポートは一人一人の希望に沿ったスケジュールと、求人のご紹介から企業面接の設定、条件交渉まで担当のキャリアカウンセラーが手厚くサポートしています。

未経験・異業種からITエンジニアへと転職を成功させている卒業生をたくさん送り出し続けています。

「介護の仕事を辞めたい」「現状を打破したい」「このままだと精神・体力ともに壊れてしまう」そう思っているならば、まずチャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

TechAcademy就職予備校のページにはより詳しい内容が載っているので、ぜひ見てみてください。