【地方出身者必見】東京への転職を成功させるヒントとは

これまでずっと地元にいたけど、初めて東京に上京して転職をしようと考えた時に、ワクワクする反面、不安要素も多いのでは? 東京への転職のメリットやデメリットは具体的にどんなものがあるのか、転職を成功させるポイントと合わせて解説していきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

地方出身の場合、地元で就業する人もいれば東京へ上京して仕事をする人も多くいます。

これまでずっと地元にいたけど、これから初めて東京に上京して転職をしようと考えた時に、ワクワクする反面、不安要素も多いのではないでしょうか。

  • 遠方からの転職活動はどう進めるべき?
  • 退職してから活動した方が良い?
  • 転職後の生活、本当にやっていけるのか?

など、いろいろな疑問が出てくると思います。

東京だからこそ得られる出会いやチャンスに心が躍るかもしれませんが、まずは東京への転職を成功させるために、地方出身者が知っておくべきポイントを解説していきます。

 

なお本記事は、TechAcademy就職予備校のカリキュラム・キャリアサポートの内容をもとに執筆しています。

 

東京で転職するメリットとデメリット

学校を卒業後に地元で働くのと比べて、東京に出て仕事を探すことにはどのようなメリットやデメリットがあるのか?ということについてまずは考えてみましょう。

 

東京で転職するメリット

まず、東京に出て仕事に就くメリットとしては以下のようなことがあります。

1. 仕事が多い

第一に、募集されている仕事の数や種類が地方に比べると圧倒的に多いです。

これは東京にさまざまな企業が集中してオフィスを構えており、東京は大阪や名古屋といった他の大都市と比較しても圧倒的に企業の本社オフィスの数が多いためです。

企業の規模も東証一部に上場しているような世界的な大企業から、従業員は社長以下数名というようなベンチャー企業までさまざまです。

具体的にこういう仕事がしたい!というビジョンを持っている方、そうでない方にとっても、東京に出て仕事を探すことは夢や目標に近づく方法ということができるでしょう。

2. 給料が高い

地方や他の大都市と比べてお給料が高いことも東京で仕事を探すメリットと言えます。

人手が足りないので少しでも待遇をよくして人が集まるようにしたいと企業は考えている訳です。

東京には様々な企業が集まっていると前述しましたが、求人数に対してどこの企業も人手不足になりがちという事情もあります。そのため、給与水準を高く設定しないと良い人材を採用できず、必然的に給与水準は高くなっています。

また、人が多いため利用者の母数も多く、売上・利益が出やすいことも寄与しているでしょう。

ただし、東京の求人の給与が高いことは、後で述べる生活費の高さを反映しているという面もありますので注意しましょう。

3. 東京だからこそ得られる出会いやチャンス

東京で働くことのメリットの3つ目は、さまざまな出会いやチャンス、そして刺激的な環境を体験することができるという点があげられます。

東京には日本を代表するような企業や、先進的なベンチャー企業が集まってオフィスを構えています。

地方で成功した企業であっても、「いつかは東京にオフィスを持つ」ということを目標にしているものですから、優秀な社員が多く、業績も良い企業が多く集まってきている傾向があります。

こうした企業の中で働いている人たちは総じて魅力的で精力的な人たちが多いため、経営に近いレベルで仕事をすることができれば、これまで携わることができなかったポジションやプロジェクトに携われるなど刺激的な体験を多くすることができるでしょう。

また、こうした企業で働くことによって得た人脈は、今後のキャリアアップに大いに貢献してくれるはずです。

 

東京で働くデメリット

東京で仕事を探すことのデメリットについてもみておきましょう。

1. 通勤ラッシュ

まず、電車通勤の場合の通勤ラッシュが挙げられます。

東京の地下鉄やJR山手線の通勤ラッシュは世界的にも有名で、文字どおり「痛勤(つうきん)」と言われることもあるほどです。

特に大規模な企業である場合には出社の時間等についても他の企業と共通していることが多いため、都心からやや離れた地域に住んだ場合には相当ハードな通勤生活を送ることになります。

2. 人が多く狭い

地方出身者が東京に住むようになって最初に驚くことが、何と言っても人が多く、土地が狭いということだと思います。

人の多さは通勤ラッシュの過酷さにも表れていますが、人との距離感が近くて慣れない・・・など地方出身者の声ではよく聞きます。

地方だと家と家の距離はある程度離れている場合が多いと思いますが、東京の場合はアパートやマンションなどを狭い土地に建てているので、窓を開けたら人の生活が見えてしまう、なんてことも場所によっては有り得ます。

そういった生活の変化には、慣れや許容する心を持つことが必要になります。

3. 生活費が高い

東京で働くことの最大のデメリットは、なんといっても生活費が高くなることです。

場所によっては、狭いワンルームの部屋でも10万円以上の家賃平均の場所も珍しくはありません。

その分、高いお給料を得ることができれば問題はないのですが、たとえ勤務先を退職しなくてはならないような事態になったとしても、生活の基盤である住宅はそう簡単に転居することはできません。

住居費の高さをまかなうために「この仕事は自分にはあっていないかも・・・」と考えながらも転職にふみきれないという人も少なくないのです。

 

東京で転職しやすい業界

東京での転職のメリット・デメリットを見てきましたが、やはり東京で働くということは人生において1つの経験としては価値があり魅力的だと思います。今しか経験できないのであれば、やはり飛び込んでみたい!という人も多いのではないでしょうか。

東京では求人数が多いと前述しましたが、その中でも特に求人数が多く、転職がしやすいといわれている業界についてチェックしておきましょう。

ただし、転職しやすい業界について考えるときには正社員としての募集が多いところと、非正規での募集が多いところは分けて考えるのが適切です。

 

1. 非正規での募集が多い職種

非正規での募集が多いのは、飲食店や小売業、人材派遣や娯楽サービスの仕事です。

東京は人口が圧倒的に多いためにこれらの業種に従事する人の求人には事欠くことがありません。

ただし、これらの非正規での仕事はスキルがあまり必要とされない、いわば「誰にでもできる仕事」であることも少なくないため、年収や福利厚生もよくないというのが実情です。

こうした職業に長期間ついていると、せっかく東京に出てきたのにスキルアップやキャリアアップのチャンスを逃してしまうことにもなりかねませんので注意しましょう。

 

2. 正社員での募集が多い職種

正社員での募集が多い職種としては、IT業界や建設業界、医療業界や金融業界が挙げられます。

これらの職種は大企業が本社オフィスを構えて管理業務(総務や人事、経理といったバックオフィス系の仕事)に従事する人を募集しているケースが多いです。

この中でも特にニーズが高いのがIT業界、特に「ITエンジニア」と呼ばれる職種です。

いまや企業の管理業務や本社オフィスの業務はIT分野の技術なしには運営できない状態になっています。技術の進化によって専門的な実務スキルがないと対応できないITインフラについての業務や、WEB広告を運用するスキルなどは特に近年ニーズが高まっています。

また、今後10数年の間に半数ほどの職種がロボットに置き換わる可能性がありますが、そのロボットを操るIT関連の職種については長期的に見ても仕事がなくなることはないでしょう。せっかく転職をするのであれば、東京で非常にニーズの高いIT関連の職種にチャレンジするというのも1つの選択肢になるかと思います。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング(20代限定)

地方から東京への転職方法

ここまでみてきたように、地方出身者にとって東京での転職活動は地元と比較しても未知なことが多いと思います。

慣れ親しんだ地域を離れて仕事を探すというのはリスクが伴うものですから、しっかりとした準備をした上で進出を目指すと良いでしょう。

特に、おすすめの業種としてあげたITエンジニアの分野については、ある程度の実務スキルを身につけた上でないと書類選考が通りづらい状況です。

そのため、転職活動を始める前に(あるいは転職活動を同時進行で)ITエンジニアとして働くための基本的な実務スキルを学習によって身につけておくことをおすすめします。ITエンジニアになるための基本的なスキルは、独学でも学べないことはないですが、より効率的に知識とスキルを身につけるのであれば、専門スクールを活用してみると良いでしょう。

専門スクールの中には、身につけたスキルを元に転職活動を行うことまで視野に入れてサポートをしてくれるところもありますから、どこで学ぶかについてはよく検討してみる必要があります。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

東京への転職はスマートに

ここでは、東京でITエンジニアになるためのスキル習得と、転職活動を手厚くフォローしてくれるサービスを展開するTechAcademy就職予備校というスクールを紹介します。

このスクールの特徴は、オンライン完結であるということ・現役エンジニアから指導を受けられること・転職活動のサポートまで一貫して提供していることです。下記で詳しく解説します。

 

オンライン完結の学習環境

TechAcademy就職予備校は、学習や講師からの指導、転職活動までオンライン上で完結することができます。

そのため、東京に出てくる前に自宅でプログラミングスキルの習得ができ、なおかつ転職活動も始められるのでオンラインスクールは地方出身者には最適と言えます。地方だとプログラミングに関することを学習できるスクールの選択肢が少ないという声をよく耳にします。

その点、オンライン完結であれば場所や時間を問わず、自分の空いた時間を有効活用しながら新しいスキルの習得を進めることができます。現役エンジニアがメンター(講師)として学習のサポートを行いますが、毎日15:00〜23:00の時間帯はメンターがオンラインチャット上で常に待機しているので、質問や相談に随時回答してくれます。

疑問を残さず、サクサクと学習を進めることができるので短期間でのプログラミングスキル習得が可能になっています。

 

現役エンジニアからの指導

現役エンジニアからプログラミング学習の指導を受けることができるのもTechAcademy就職予備校の特徴です。実際に活躍しているIT関連の代表やフリーランスエンジニアがメンターになるので、現場で生きるアドバイスを常にもらえる環境になっています。

具体的なメンターのサポート内容は、以下の3つです。

  1. パーソナルメンターとのメンタリング
  2. 毎日のチャットサポート
  3. 回数無制限の課題レビュー

1. パーソナルメンターとのメンタリング

受講生1人につき1人のメンターが担当講師としてつき、週2回ビデオ通話ツールを使って会話をすることができます。そこでは、受講生の受講目的・学習のスケジュール設定・ゴール等をすり合わせて、ゴール達成に向けて一緒に進んでいきます。

受講生の中には、カリキュラムの内容を早めに終わらせて、オリジナルアプリの開発手法についてパーソナルメンターに相談して完成させる人もいます。

または、カリキュラムの応用編として新たな課題をメンターに出してもらって取り組むことで、さらに理解を深めるために有効活用している人もいます。

2. 毎日のチャットサポート

毎日15:00〜23:00の時間帯はメンターがオンラインチャット上で待機しているので、質問や相談に対して数分で回答が返ってきます。

独学で学習している時に、つまづいたり挫折してしまう1番のポイントは「わからないことを解決できない時」ではないでしょうか。このチャットサポートを使うことによって、わからないことはしっかりとその場で解決できるので、日々実力がつくことを実感できるでしょう。

3. 回数無制限の課題レビュー

カリキュラムの中に理解度をチェックするために設定されているいくつもの課題をメンターからレビューしてもらえるサポートです。課題を提出してもらうと、メンターがソースコードや必要な機能の実装がされてるか等をレビューしてくれます。

メンターから合格をもらえるまで何度でもレビューをしてもらえるので、課題に取り組むごとにスキルがしっかりと蓄積されていきます。

 

転職活動のサポート

地方から東京への転職をする際、どんな企業があるのか、自分はどのような企業の選考に進めそうなのか、なかなか自己判断するのは難しいのではないでしょうか。

TechAcademy就職予備校では、受講生1人に対して担当のキャリアカウンセラーがついて求人のご紹介から企業面接の日程調整、内定に至るまでしっかりとサポートをしています。

まずは、キャリアカウンセリングとしてこれまでの経験や自分の意向、現在のスキルレベルでどのように転職活動を進めていくのかすり合わせをします。もちろん、地方から東京へ転職したい人のサポートにも慣れているので、企業面接の際はできるだけオンライン上で面接できるよう企業側と交渉してくれたり、日程調整なども間に入って設定します。

未経験からITエンジニアになる人の支援を得意としているため、マッチング率も非常に高いのが特徴です。

 

これだけのサポートが充実しているので、費用が高いのでは?と思うかもしれないですが、通常の専門スクールと比較すると1/10程度の価格です。また、無事に転職を実現できた場合、受講料金を全額キャッシュバックしているので実質負担ゼロでプログラミングスキルの習得と東京への転職を実現することができます。

地方から東京へ転職しようと考えている人には心強いサポート体制が整ったスクールです。この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

TechAcademy就職予備校の詳しい内容は以下のページから確認できます。

TechAcademy就職予備校