bタグとstrongタグの書き方!HTMLで文字を太字にする方法【初心者向け】現役Webデザイナーが解説

初心者向けにHTMLで文字を太字にする方法について解説しています。太字はbタグやstrongタグを書く必要がありますが、実際にソースコードを書きながら説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。初心者でも簡単に覚えられます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLで強調したい部分に使われるタグとして太字やイタリックなど様々あります。

その中でも今回は太字について紹介します。

bタグとstrongタグを使って書き方を解説しているので、実際に書きながら覚えていきましょう。

目次

 

「見かけ上」と「意味」の違い

見た目は同じように見える太字ですが、タグの種類によって強調する内容が異なります。

1つ目の内容は、単純に文字を太く表示するという「見かけ上」強調するという内容です。

2つ目の内容は、サイト上で文字が持つ「意味」を強調するという内容です。

例)SEO(検索エンジン最適化)でのサイト上の文章の影響力

 

なぜタグを使い分ける必要があるのでしょうか?

それは、1つのページに「意味」として強調する言葉を増やしすぎると、SEOのペナルティを受け、検索が下がってしまう場合があるからです。

そのため、人の目で見た時の「見かけ上」強調したいのか、サイトにとって重要な「意味」を持つ言葉なのかを、タグで使い分けることが必要です。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

bタグ

bタグとは「boldタグ」の略で、文字を太字で表示します。bタグは「見かけ上」文字を強調することができますが、「意味」としての強調はされません。

bタグの書き方はbタグで強調したい文字をはさみます。

<b>太くしたいところ</b>

 

strongタグ

strongタグもbタグ同様に文字を太く表示するタグですが、strongタグは「見かけ上」と「意味」の両方強調します。

上述の通り、SEO対策などで使うことで検索エンジンに引っかかりやすくなりますが、使いすぎるとペナルティを受ける場合があります。

strongタグの書き方もbタグ同様に、strongタグで文字をはさみます。

<strong>強調したいところ</strong>

 

 実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。bタグとstrongタグを両方使ってみます。bold.htmlを作成し、以下のように記述します。

bold.html
——————————————————-

<html>
  <head>
    <meta charaset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    bタグとstrongタグの違いは、<b>bタグは「見かけ上」だけ太字にしている</b>のに対して、<br />
    <strong>strongタグは「見かけ上」と「意味」の両方を強調している</strong>ところである。<br />
    <br />
    そのため、<strong>きちんと使い分ける必要がある。</strong><br />
  </body>
</html>

——————————————————–
ブラウザで開いてみます。

 

まとめ

bタグとstrongタグの使い分けは、SEOの一つの対策につながります。

ぜひ活用してより良いサイトを作りましょう。

他にも、Webデザイナーとはどんな仕事をするのか詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

執筆してくれたメンター

メンターSSさん

文系・未経験でIT企業に就職して、9年目。

環境構築から開発・設計・テストまで何でも屋さんをやっていました。

テックアカデミーではJavaコースを担当しています。

 

HTMLを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

HTMLを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのWebデザインコースでは、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーの手厚いサポートを受けながら、オリジナルのWebサイト制作を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役Webデザイナーから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!