3種類の書き方を覚える!HTMLで空白を作る方法【初心者向け】

初心者向けにHTMLで余白を作る方法について解説しています。余白はCSSだけでなくHTMLでも手軽に調整することができます。preタグや特殊文字を使った3種類の書き方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLを書いていて、文字と文字の間を少し離したいことがたびたびあります。

しかし、HTMLに慣れないうちは思ったように空けたくても空けられないこともしばしばあるでしょう。

今回はいざという時に役立つよう空白の作り方について解説しています。

HTMLについてそもそもよく分からないという方は、HTMLとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

全角スペースを使う

全角スペースを使うとスペースを空けることができます。

入力した分だけ空白を空けることができますが、注意点としてはコーディングをしている時に意図として空白を空けているのか間違って空けているのかがわかりづらいことがあります。

 

特殊記号( )を使う

HTML中に を入力することで空白を空けることができます。特殊記号についてわからない場合は「HTMLで特殊文字を扱う方法」を参照下さい。

上の全角スペースと違い、特殊記号は明確にスペースを空けていることがわかるため、コーディングの際の利便性もあります。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

preタグを使う

preタグを使うと、記述した通りに固定フォントで表示してくれるため、例えば空白だけでなく改行もコーディングで記述した通りに描画してくれます。

preタグの使い方は、preタグで空白を空けたい文字を挟み、空白を空けたい分だけスペースを記述します。

<pre>
あ   い
うえお
</pre>

 

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。space.htmlというファイルを作成し、以下を記述します。

space.html
----------------------------------------------------------------------
<html>
  <head>
    <meta charaset="utf-8" />
  </head> 
  <body>
    全角 スペースを 使って 余白を   あけて  い ます。<br /> 
    <br /> 
    特殊記号&nbsp;を&nbsp;使って&nbsp;&nbsp;余白&nbsp;を&nbsp;あけて&nbsp;&nbsp;い&nbsp;ます。<br /> 
    <pre> 
      preタグ を 使って 
      余白 を 開けて い ます。 
    </pre>
  </body> 
</html>
----------------------------------------------------------------------

ブラウザで開いてみます。

 

まとめ

今回はHTMLでのスペースの空け方を紹介しましたが、例えば「この部分全体の左側に空白を空けたい」といったときはCSSを使った方が楽な場面もあります。

場面によって使い分けられるようになりましょう。

他にも、Webデザイナーとはどんな仕事をするのか詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

また、TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

現役のWebデザイナーがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルのWebサイトを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。