Webデザイナーの仕事内容!実際のデザイン業務を詳しく解説

Webデザイナーの仕事内容をバナー作成、Webサイトのデザイン、Webサイトのコーディングに分けてそれぞれ紹介しています。未経験でもこれからWebデザイナーを目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Webデザイナーの仕事内容についてまとめています。

Webデザイナーは未経験からでも働いている人が多くいます。スキルを身につければ環境に左右されずに働くことができるので、これから目指したいと思っている人は、ぜひ知っておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

Webデザイナーの仕事概要

Webデザイナーは、Webサイトのグラフィックや視覚的な要素を考慮した構想、つまりデザインをすることが主な仕事で、見やすさや興味を引くセンスが重要なスキルとして必要です。

さらにその構想のもとコーディングをすることにより完成されます。

仕事内容には実際のところホームページ作成のような大きい仕事だけではなく、バナーと呼ばれるものの作成まで様々です。以下では、主な仕事について紹介しています。

Webデザイナーの仕事がどんなものなのかイメージが湧かない人は、知っておいて損はないでしょう。

 

バナーの作成

やはりWebデザイナーと聞けば一般的にイメージする仕事は会社などのホームページの作成だと思います。ワイヤーフレーム、モックアップ、プロトタイプと手順を踏んで完成させていくことになります。

一方バナーとは、広告の垂れ幕や旗と言った表現がされますが、Webサイト全体の作成に比べて比較的小規模な仕事となります。

小さな枠内に画像や文字を効果的に配置することで、できるだけ目に留まるように作成しなくてはなりません。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

Webサイトのデザイン

Webサイトをデザインしていくためには様々なツールを駆使していくことで効率的に仕事を進めることができます。
そこで主なツールを3つ紹介します。

Photoshop

Photoshopは写真や画像の編集・加工ができるソフトです。例えばWebサイト上に写真を載せる場合、その写真に余計な物が映り込んでいたりしても自然に消すような操作もできます。他には色調を変えたりなど、非常に多彩な調整ができます。

また、ここではビットマップと呼ばれる形式の画像を扱います。ビットマップでは、微小なドット(点)の集合として描かれています。

 

Illustrator

Illustratorではレイアウトやイラスト作成がメインのソフトです。サイトのロゴを作りたいと思ったときなんかにはIllustratorを使って自分で描いていくことができます。

Photoshopと違いベクター形式となっております。

これは点ではなく微小な領域においても線で描かれているため拡大してもモザイクのようにならないことが特徴です。

 

Sketch

こちらは上の2つとは製造元が違いますが同様のデザインツールです。

相違点としてはphotoshopほどの機能性はないものの比較的操作がしやすく動作も軽いことです。

実際に使用される工程としてもPhotoshopやIllustratorと似ていますが、簡単なものをすぐに仕上げたい場合には使われやすいです。またベクター形式なので容量も小さく済みます。

 

Webサイトのコーディング

Webデザイナーはコーディングスキルも重要になってきます。

基本的なWebサイトの場合は、以下の3言語は最低限押さえておく必要があります。

下の画像は、Googleの検索トップページですが、このページを例に説明していきます。

HTML

HTMLはWebサイト構築における基礎となる部分で骨組みを作るようなイメージとなります。また、文書を入れるのもHTMLになります。

上のGoogleのページで画像内以外の文字を記述しているのと、色分けされているようにそれぞれの枠を設けているのもここで設定しています。

 

CSS

HTMLだけでWebサイトを完成させてしまうと質素で面白みのないものになってしまいます。

そこでCSSでは外見の飾りつけを担っており、具体的には文字の書体やサイズ、枠の大きさや色などの調整が可能です。

上の画像に出ている青枠やオレンジ枠などの、枠組みのサイズを指定したりしています。

 

JavaScript

HTMLとCSSで見た目に関しては煌びやかなものも作ることができますが、機能性に関しては乏しいです。

そのためJavaScriptではクリックに反応する機能のように、ユーザーのアクションに対する動きを付け加えることができます。

Googleの検索フォームに何か文字を入れると予測変換でキーワードが出てくるかと思いますが、この動作はJavaScriptによって機能しているのです。

Googleのトップページにはありませんが、大きくGoogleと書かれたイラストを別の画像にスライドするような動きをつけることもできます。

 

Webデザイナーはこれらのスキルを使って仕事を行っているのです。

会社によってはコーディングの部分はすべてエンジニアに任せていたりもしますが、Webデザイナーとして働くのであればコーディングのスキルもあった方が良いでしょう。

ここで紹介した仕事が自分一人でできるようになれば、フリーランスとして働くことも難しくはないはずです。

 

また、TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

現役のWebデザイナーがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルのWebサイトを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。