営業職から転職!新たなキャリア「スペシャリスト」の道とは

これまで『営業職』としてキャリアを積んでいても、仕事に不安や不満を感じ、転職を考える方は多いのではないでしょうか。ここでは、新たなキャリアとしてスペシャリストの道へ挑戦をしたい人向けに、キャリアへの選択肢とその実現方法について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

現在、20代後半〜30代前半の営業職の方にとって、まったく新しいキャリアへの挑戦には年齢的な制限が存在しているのが現実。

遅くとも30代前半までにはある程度キャリアの道筋を立てておかないと、その後のキャリアアップにつなげていくことが難しく、これから新しい分野に転職することを検討している方は、慎重に戦略を練る必要があります。

まずはそのための第一歩。

再び現在と同じ悩みに直面し、キャリアアップに繋がらない転職を繰り返してしまうことのないように、あなたが「転職をしたい」と考えるに至った理由についてじっくりと考えてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademy就職予備校のカリキュラム・キャリアサポートの内容をもとに執筆しています。

 

営業職の人が転職したい理由

営業職からの転職の動機で多い例をみてみましょう。あなたにも当てはまることがあるのではないでしょうか。

 

ノルマや予算の達成が大変

毎月のノルマや予算として課される目標があまりにも理不尽…と感じることありますよね。

営業成果を出すためには本人の努力だけではなく、運や巡り合わせ、タイミングなども関係していることが多く「報われなさ」を感じてしまう人も多いようです。

 

付き合いやサービス残業が多い

お客さんとの飲み会や、外回りから帰った後の資料作成などなど…

実質的なサービス残業で業務が溜まってしまい、仕事に追われてしまう方も多いはず。

 

コミュニケーションが苦手

そもそも人付き合いが苦手…とお悩みの方、実は少なくありません。

人付き合いが精神的ストレスになり、徐々に会社を休みがちになる…というのも退職の典型です。

 

売っている商品やサービスに価値を感じられない

「売る」のが仕事とはいえ「本当に売れるのか?」と思えるようなものを扱う事もあるでしょう。自分が価値を感じないものをお客様に売るということに罪悪感を持つ方も多くいます。

 

「全ての人にとって営業職が天職」であるはずもなく、『向き不向き』がどうしても存在します。

もちろん、どんな仕事でも辛い部分はありますし、乗り越えないといけないハードルはあるものですが、心や身体のバランスを崩してまで続ける必要はありません。

実は営業職で得られるスキルは、他の様々な職種でも重宝されます。

もしもあなたが「営業職からの卒業」をしたいと考えるとき、「営業職で身につけたスキル」のアピールが有効なことが多いのです。

 

営業で身につけたスキルとは

例えば、営業職を続けてきたあなたなら、以下のようなスキルを身につけているのではありせんか?

  • どんな立場の相手でも向き合える、対人スキル
  • 「ものを売る」というビジネスの根幹を通して学んだ、交渉力
  • 色々な企業の担当者と付き合う事で身についた、調整術

これらは営業で得られるスキルの代表格であり、同時に今後どんな仕事に就いたとしても活かせるスキルでもあります。転職活動の際はぜひ「自分の強み」としてアピールすると良いでしょう。

 

[PR] ITスキルを学習し、IT企業に転職できるサービスを無料で実施中

新しいキャリアの選択肢

今後、営業職からキャリアチェンジを図るなら、まずどのような選択肢があるかを把握しましょう。

この場合、大きく分けてマネジメントとスペシャリストの2種類の道があります。

 

1. マネジメントの道

マネジメントは、かの経営学者ドラッカー曰く「組織の成果に責任を持つ人」です。

つまりマネージャーや管理職を指しています。

1人のプレイヤーとしてだけではなく、任されたチームや組織において成果に責任を持つことがマネジメント職で働く人の責務であり醍醐味と言えます。

ただし、これにはまずメンバーとしてその職務を経験し実績を上げる必要がありますから、営業職のあなたが今すぐマネジメント職を目指すなら、営業系マネジメント職へ転職をする他はありません。

この場合、現在の営業業務の延長となる部分が大きいため、もしも営業の仕事自体にミスマッチを感じているのなら、避けた方が良いでしょう。

 

2. スペシャリストの道

スペシャリストは、特定分野のスキルに秀で、そのスキルによって成果を出すことのできる人です。

対人的なスキルよりも技術を用いたパフォーマンスによって組織に貢献することが求めらる点が特徴。
コミュニケーションが苦手でも、技術力を武器に高い報酬を受け取っている人も多く存在します。

現在、営業職からの転職を考えている人の中で、対人コミュニケーションやノルマにストレスを感じる場面が多い…という方の場合はスペシャリストの道を目指してみるのがおすすめです。

 

スペシャリストの具体的な職種は?

それでは、スペシャリストとして評価されることの多い職種と未経験からの目指しやすさを比べてみましょう。

 

公認会計士、税理士

企業会計や税務のスペシャリストの事。特に会計、税務はすべての企業にとって不可欠であるため、これらの国家資格を取得し、実務経験を積めば転職市場でも高い評価を得ることができるでしょう。

ただし、これらの国家資格は弁護士や医師と並んで「三大国家資格」といわれるほどの難関資格。取得のために3年間〜5年間は集中して勉強をする必要があります。

 

介護士、社会福祉士

超高齢化社会といわれる日本では市場ニーズの高い介護士や社会福祉士。

資格取得もそれほど高度な知識が必要というわけではなく、数ヶ月間〜1年間程度のトレーニングで実務経験を積み始めることが可能です。

ただし、ニーズが高まっている一方で、まだまだ業界全体が不安定で、ブラック企業やワーキングプアの問題が山積なのが実情。収入面や労働環境面がネックになるのは避けられません。

 

通訳、翻訳

通訳や翻訳といった言葉のスペシャリストも現在は高い価値があるとみなされています。

しかし、これらの職業技能については習得に時間がかかる上、Google等のIT関連企業の研究によれば、翻訳技術の発展によってウェアラブル端末を使い通訳を非人間化していくケースが多くなっていくと予測されており、10数年後も高いニーズを保っているかどうかについては疑問が残ります。

 

ITエンジニア

これから未経験でスペシャリストを目指すという方の場合、もっともおすすめしたいのはITエンジニアです。

ITエンジニアは様々なハードやソフトを作り、コントロールする職業。クリエイティブな要素もあり、10年先、20年先もニーズがなくなることはありません。

そして、「ITエンジニアといっても、自分は学校は文系だったし、パソコンはワードとエクセルしか使えない…」という方も安心してください。

プログラミングやコーディングといった技術は一般的に思われているよりもずっと習得に時間がかかりませんし、最前線で活躍している現役のITエンジニアの中にも、社会に出てからエンジニアを目指した人は少なくありません。その多くが今のあなたと同じレベルからスタートして、経験を積むうちに高い報酬を受け取ることのできるスペシャリストに成長しているのです。

 

営業から未経験でスペシャリストになるなら

特定の資格や経験がなくても、どうせならお金や時間をあまりかけずに、これからも伸びる分野で活躍したいですよね。

そんなあなたがスペシャリストを目指すなら、ITエンジニアが賢い選択ではないでしょうか。近年IT業界の慢性的な人材不足によって未経験でも積極的に採用する企業が増えてきており、転職のチャンスも広がっています。

しかし、一方で誰でも採用されるわけではありません。IT技術への注目度の高さから、希望者は年々増えています。並み居る転職希望者の中で採用を勝ち取り、まずはITスキルの基礎を身に付ける事がキャリアチェンジへの近道です。

 

そこで、効率よく学習・転職活動をするために、ITエンジニアに必要なスキルと転職活動を一貫してサポートしているスクールがあるのをご存知でしょうか。社会人でも自分の空いた時間を有効活用できるオンライン完結のプログラミングスクール『TechAcademy就職予備校』です。

TechAcademy就職予備校では、エンジニアに求められるプログラミングスキルとして転職市場でもっとも需要がある『Java』を8週間で習得できるカリキュラムを用意しています。

学習面では、現役エンジニアのサポートを受けながら、ゼロから着実にスキルを習得することができます。さらに、受講生には1名担当講師がつき、スケジュール管理や目標のすり合わせをするため、モチベーションが下がったり、挫折する心配を極力減らし、最適なプランで進めていく事が可能です。

 

また、就職・転職のサポートは担当コンサルタントとカウンセリングを実施し、これまでの経験やスキル・今後の展望をヒアリングした上で適切な求人の紹介や応募書類の添削、面接日程の調整などを行うため、現職が忙しい人でも効率的に転職活動を進める事ができるのです。

もちろん、費用をあまりかけたくないという方も方もご安心ください。定価で約6万円と比較的安価な受講料だけでなく、就職に至った場合は、受講料キャッシュバック制度が適用され受講料が戻ってきますので、実質無料でプログラミングスキルの習得をしてITエンジニアを目指せます。

今、営業職で転職を考え、新たなキャリアを模索しているならITエンジニアを目指しませんか。詳しいスクールの内容はTechAcademy就職予備校のページからご覧ください。