【営業が向いてない人必見!】転職する時の職選びのポイント

営業という仕事にふとネガティブな感情を持つときはないでしょうか。営業職は「花形ポジション」で入社当初は積極的に営業職を選んだという方も多いかもしれません。 でも、営業職には向き・不向きがあるのも事実。営業に不向きな人は、今後どういう転職の選択肢があるのでしょうか。詳しく解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

「自分の仕事は、本当に自身の成長や世の中にとって価値があることなのか?」

「収入が増えずやりがいを感じられない」「外回りの営業の繰り返しで辟易してきてしまった」

営業として働いている人も、ふとこんなネガティブな感情を持ってしまう瞬間はありますよね。

企業にとって売上の軸である営業職は「花形ポジション」であり、日本企業では出世コースの登竜門となっていることも多いので、入社当初は積極的に営業職を選んだという方も多いかもしれません。

 

しかし、営業職には向き・不向きがあるのも事実です。自分の周りにも「あの人は生まれつきの営業マンだ」と感じる人が少なからず存在するのではないでしょうか。

比べて自分は営業向きではない…と感じている人は、今後どういう道を選ぶべきでしょうか。今回は、現在営業として働いているけれど転職を考え始めているという方向けに具体的な転職の選択肢と、新しいキャリアを選ぶときの注意点について解説します。

 

本記事は、TechAcademy就職予備校のカリキュラム・キャリアサポートの内容をもとに執筆しています。

 

営業に向いてない人の特徴

営業に向いていない人には以下のような特徴が挙げられます。当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。

 

1. 時間にルーズ

いつも待ち合わせ時間に5分だけ遅れてくる…という人がいないでしょうか。時間にルーズな人は、自分が待ち合わせ時間に遅れることで相手の時間を奪っているという意識が欠如しています。

これは相手への思いやり、共感力に欠けていることの一つの現われと見ることができます。このような細やかな気づき・思いやりがないと営業として大成することは難しいでしょう。

 

2. コミュニケーションが苦手

営業にとってコミュニケーションはもっとも重要なビジネススキルと言っても過言ではありません。コミュニケーションを重ねることによって新たな仕事の受注につながったり、継続的な人間関係の上に仕事が成り立つケースが多いためです。

「ランチは誰かと食べるより一人でゆっくり食べたい」「接待や会食には極力参加したくない」と考えがちな人は、能動的にコミュニケーションをとらず機会損失している可能性があります。

普段からこのような意識がある人は営業として働くことが精神的ストレスとなる可能性が高いでしょう。

 

3. 清潔感がない

着用しているスーツは常にパリッとアイロンがかけられているでしょうか。いつも同じ色のネクタイを締めてはいませんか。シャツのえり元が黄ばんでいたり、靴に汚れがあったりほつれていたりなど、清潔感を心がけられていない営業は、「この人から買いたい」「この人に任せよう」とは顧客側も思わないものです。

また、第一印象を大きく左右する見た目は売っている商品・サービス、そして会社そのものの印象にも悪影響を及ぼします。

普段からの心がけ次第ではありますが、小さい頃からの生活習慣はなかなか変えられないことでもありますよね。服装、身だしなみを清潔に保つことにストレスを感じる人は、よく人と接する営業職には合わないと言えるでしょう。

 

4. 言われたことしかできない

営業にとって重要なことは、顧客の気持ちに寄り添い先回りでサービスの提案ができることです。相手の気持ちを読み取り、求められる前に相手が潜在的に求めている提案ができるでしょうか。

まず、相手が何を求めているかを把握しているでしょうか。顧客の表情やメールの文面、顧客の会社状況を把握して、今何が必要かをしっかりと理解するなど能動的に情報を仕入れて、相手のためになるアクションを起こすということが求められます。

気配りができず、言われたことを機械的にこなしていくだけでは、営業が継続的に高いパフォーマンスを発揮することは難しいでしょう。

 

5. 打たれ弱い

営業として働いていると、クライアントから厳しい一言をもらうことも少なくありません。予算を出しているクライアントに相応の成果を出せていない時や、提供しているサービスに不備があった場合などにクレームを受けるのは営業です。

もちろん、どんな仕事でもつらい場面はありますが、外部の人間と接する機会が圧倒的に多い営業は、他の仕事と比べて打たれ強さが求められる局面が多いと言えます。

自分は打たれ弱いと感じる人は、今後も長期的に営業としてキャリアを築いていくべきかどうかは慎重に判断する必要があるでしょう。

 

6. レスポンスが遅い

数ある競合の中でいかにして自社を選んでもらうか、それは商品・サービスの質や会社の知名度など様々な要因はあるにしても、要望に対するレスポンスが早い営業は顧客から信頼を勝ち取りやすいと言えます。

顧客からの疑問や要望に対して、1日中放置してしまったり電話をかけ直さないとなると、顧客は「本当にこの営業マン、大丈夫かな」と心配になり信頼はどんどん薄れていきます。

それを理解し、連絡をしっかりとこまめにとることにプライオリティを置いている営業は競合にも勝ちやすいでしょう。そういった心がけが苦痛な人や普段からできていない人は信頼を得づらい=営業には向いていないと言えます。

 

営業に向いてる人とは

 

では、逆に営業に向いているのはどんな人物像でしょうか。

向いてない人の真逆と言ったらわかりやすいかもしれませんが、まず営業という仕事を楽しんでできる人というのは前提として大切なポイントでしょう。

人と話すことが好きで新たな出会いにワクワクしたり、人が好きなので細かな気配りも得意だったりします。

 

また、ちょっとやそっとのことではへこまず基本的にはポジティブマインドです。

もしくは、ポジティブでないとやっていけないので自分自身をその様に変えて仕事と割り切ってできるかどうかが重要と言えるかもしれません。

上昇志向な人が多く、もっとこうしたら成果が上がるんじゃないか?と考え自らアクションに起こせるタイプです。

 

あてはまらなかったとしても落ち込む必要はない

ただ、「こうなりたい!」と思っても、すぐに自分を変えることは難しいですよね。

ここで紹介させていただいたのは、「営業に向いている人が素晴らしい」ということではなく、あくまでも向いている人の特徴です。逆に、営業に向いている人は1つの作業に没頭したり、突き詰めて考えたり、何かを研究したりするような仕事には不向きというケースも多いです。

もし、ここで紹介させていただいた「営業に向いている人の特徴」にまったく当てはまっていなかったとしても、落ち込む必要はありません。世の中にはいろいろな職業があり、それぞれが役割を持って成り立っています。

大切なことは自分にあった仕事の適性を知り、自分のキャリアをその方向性で築き上げていくことなのです。

 

[PR] プログラミング勉強してIT企業にエンジニアとして転職

克服するか、転職するか

営業が苦手、向いていないと思った時に自分自身を変えて克服するよう努力をする気があるか、というのも1つのポイントになるでしょう。

克服した時に、営業という仕事を楽しんで取り組めるようになったら大きな自信に繋がりそうですよね。

では、どのようにすれば克服できるのでしょうか。取り組めることを考えてみましょう。

  1. 自分の強み/弱みを確認する
  2. 自分の強みを伸ばす
  3. 営業ができる人のマネをする

 

自分の強み/弱みを確認する

そもそも営業ができない・苦手だ・向いてない、と感じるのはなぜなのでしょうか。自分自身のどういう部分がそう思わせているのでしょうか。

意外にも、自分自身の事をあまり具体的に把握できていないケースは多いものです。営業という仕事の中で、特に苦手と思う業務は何でしょうか。逆に、営業の中でもこれは得意分野だ、と思う業務は何でしょうか。

1つ1つ深堀をして見て、今の自分の強みと弱みを明確にする作業をしましょう。

 

自分の強みを伸ばす

上記の話にも繋がってきますが、自分の強みがわかればこれまで以上に、そこに注力してみてはいかがでしょうか。

例えば、コミュニケーションなど人と接すること全般が苦手・でも見やすくわかりやすい資料作成には自信がある、という人であれば

コミュニケーションの時間を減らし、徹底的に素晴らしい資料を作成してメールで添付してたくさんの顧客リストに送付してみる、などこれまでとは違う営業としてのアプローチができるはずです。

視点を変えて、今と同じ業務に取り組むことで営業という仕事への考え方も変わるかもしれません。

 

営業ができる人のマネをする

ありきたりではありますが、周囲に自分よりも営業成績が良い人やコミュニケーションに長けた人がいれば、その人がなぜ営業成績が良いのか?なぜコミュニケーション力に長けているのか?その要素を洗い出してみましょう。

同僚や先輩であれば気軽にランチやお茶に誘い出して、どういう点を心がけているのか、自分自身ができていなくてその人ができていることは何か、を抽出してみましょう。

その中で、自分でもできそうと思った事は実践してみましょう。その繰り返しによって、できなかった事ができるようになり自ずと自信もついてくるはずです。

 

上記のような取り組みは一通りやったけどやっぱりうまくいかない・・・自分はどうしても営業向きではない・・・と感じるのであれば無理をしてまでも営業職にこだわる必要はありません。

これから転職活動をスタートするのであれば、まずは自分自身のことを分析し、自分がどういう人間なのか?を把握することが重要です。

自分はどう言う人間なのか?どういう仕事に向いているのか?についてある程度イメージを持ってから、転職先となり得る選択肢を具体的に導き出すようにしましょう。

 

転職をするなら

 

営業職が向いていないと感じている人や、上記で紹介させていただいた「営業に向いてない人の特徴」に当てはまっているという方は、自分自身の特徴を活かせる職を選ぶ必要があります。

例えば、物事をロジカルに考えるのが好きな人や、1つのことに没頭し始めると時間を忘れてしまう、自分が好きなことなら長時間向き合ってても苦にならないなどの特徴がある人は、仕事としてもそういった傾向のあるものを選ぶと良いでしょう。

このような特徴のある人に向いている職業としては、以下のような選択肢が考えられます。

 

翻訳の仕事

語学に自信がある人は、翻訳の仕事に挑戦してみるのも良い選択肢です。

日本語の文章を外国語の文章に、外国語の文書を日本語に翻訳する仕事は、黙々と仕事に没頭したいタイプの人に向いていると言えます。

ただし、人工知能の発達によって翻訳の仕事はロボットが代替する未来が予想されており、今後は淘汰されていく可能性があります。そのため、10〜20年先を見据えたキャリアは少し不安が残るでしょう。

 

経理や会計の仕事

企業会計に従事する経理の仕事も1つのことに没頭するタイプの人にむいている仕事です。

簿記検定や税理士資格への挑戦を通して高い年収を得られるようになる人も少なくありませんから、一生の仕事として取り組む価値がある分野と言えるでしょう。

ただし、税理士や公認会計士の国家資格を取得するには早くとも3年間、通常は5年程度は専門の資格スクールに通って勉強する必要がありますので、トレーニング期間にあまり長い時間は割きたくないと言う方は注意しましょう。

 

ITエンジニアの仕事

未経験から挑戦することができ、キャリアや年収の面でも魅力的な職種としてITエンジニアがあります。ITエンジニアはITに関するスペシャリストですから、基本的にPCに向かって黙々と作業するのが日常業務となります。

コミュニケーション能力にやや難があると言う人でも、ITエンジニアとして高い年収を得ている人は少なくありません。技術を武器にした仕事なので人づきあいが苦手な人でも、黙々と作業する時間の方が多くなる傾向があり、コミュニケーションによるストレスは営業と比べて格段に少ないと言えます。

営業に不向きだと感じるのであれば、ITエンジニアを新しいキャリアの選択肢に入れてみる価値はあるかもしれません。

 

ITエンジニアへの転職ステップ

ここでは、業界としてこれから伸びていくであろうIT業界で活躍するITエンジニアと言う職業に就くために、その実現方法を具体的に解説していきます。

他の業種や職種への転職を考えている人にとっても役立つ情報になるかと思うので、ぜひ参考にしてみてください。具体的には下記の3ステップとなります。

  1. ITエンジニアとはどんな職業か理解する
  2. 必要な専門知識・スキルの基礎を身につける
  3. IT業界に精通したプロの転職エージェントを味方につける

 

ITエンジニアとはどんな職業か理解する

そもそも、これから目指そうとしている職業がどんなものかを理解しておかなければ志望動機も曖昧になりますし、自分自身も熱を込めて転職活動をすることができませんよね。

まずは、興味を持った職業がどういうものかを納得できるまで調べて見ましょう。

職種を知るということは、仕事の内容を知ることの他に、自分の能力が活かせるかどうかを見極めるためでもあります。すでに、営業職と言う仕事に辟易をしていたり、向いていないと感じた人にとってはこの大切さがわかるはずです。

次の職業でも同じように「思い描いていたものと違った」と、また転職を繰り返すことになると自分自身のキャリアに泥を塗ることになってしまいます。必ずしも早期の転職が良くないとは言い切れませんが、転職活動時の企業受けはしないでしょう。

 

どんな職業かを調べる際のポイントとしては、

・どんなサービス/商品を運営しているか

・その職業の担当範囲/種類はどんなものか

・その職業の面白みは何か

の3点をまずは洗いだすと良いでしょう。

 

上記をITエンジニアに置き換えてみると、

どんなサービス商品を運営しているか

IT業界では私たちの社会を支える重要な技術を提供する業界です。インターネットやスマートフォンなど私たちの生活から切り離せないサービスや商品、また家電やゲームなども最新のIT技術が使用されています。

その職業の担当範囲/種類はどんなものか

IT業界でのITエンジニアは、IT技術に関わる技術者の総称です。細分化するとさらに多くの職種へと分類することができます。例えば、システムエンジニア、プログラマ、インフラエンジニアなど開発のどの部分に携わるかで職種が変わってきます。

その職業の面白みは何か

ITエンジニアの仕事の醍醐味は、何と言ってもモノを作ると言うことに尽きます。形になって実際に触れることができる商品から、ネット上のサービスまで作るものは多岐にわたりますが、この世の中に未だないモノを作り新たな価値を社会に提供することができます。また、IT業界の移り変わりは早く技術も常にアップデートされていきます。

つまり、最新の技術にいつも触れることができ、新しいことにチャレンジしてみたいという人にとっては飽きない仕事です。

 

必要な専門知識・スキルの基礎を身につける

どんな職業か、そして自分にはそれが合っていそうでやってみたいと思ったのであれば、その職業に必要とされる専門知識やスキルを身につけると良いでしょう。そうすることで、より一層、自分自身がその仕事をするイメージが具体的に湧きますし、実際になってからのミスマッチも減らせます。

では、ITエンジニアという職に就く場合にはどんな知識・スキルを身につけるべきでしょうか。

 

前述した通り、ITエンジニアはIT技術者の総称であり、細分化すると多くの職種へ分類することができるとお伝えしました。ここでは、例としてもっとも汎用的で様々な現場で通用するプログラミング技術を習得してプログラマになることを想定して解説します。

ITエンジニアの技術でもっとも転職市場でニーズがあると言われているのは様々なシステム・サービス開発の現場で使用される「Java」と言う言語のスキルです。Javaは、どのプログラミング言語にも通用する概念や考え方を網羅しており、エンジニアのファーストステップとして学習する言語では特に人気があります。

 

また、現状のIT業界の求人案件において約半数を占めると言われる、Javaを扱えるエンジニアは常に需要があります。

Javaを習得すると、世の中に出回っているWebサービスがどういう仕組みになっているのか、実際に触れることのできる商品(システム)がどのように作られているのかがわかるようになります。

未経験のうちからプロのレベルまでを習得する必要はありません。まずは、プログラミングとはどういうものか、どういう仕組みでコンピュータに指示を与えることができるのか、その基礎を理解しておくと良いでしょう。

 

IT業界に精通したプロの転職エージェントを味方につける

職業への熱意と、必要なスキルを学習したら、転職活動を進めます。ただ、IT業界そのものがわからない場合やエンジニアの職業について詳しくはわからないと言う人が大半かと思います。

そういった状況下で転職活動を進めるのは非常に危険です。なぜなら、転職サイトなどで見る求人票からはIT業界の動向や各企業の情報、リアルな仕事内容まで把握することが難しく、表面的な情報のみで転職先を決定してしまうと思いもよらない職場環境で働くことになってしまいかねないからです。

 

何はともあれ「情報」です。情報をしっかりと収集する効率的な方法は、その業界のプロである転職エージェントをうまく活用することです。

転職エージェントは、企業側との強いコネクションがあるため求人票には載せていない情報・状況も把握できます。それを、求職者に共有することで転職のミスマッチを防ぐことが可能です。

全てを一人で進めようとせず、人の力を活用しながら効率的に活動していくと良いでしょう。

 

今回は、ITエンジニアへの転職ステップを紹介しましたが、ITエンジニアという職業に興味を持った方にはTechAcademy就職予備校と言うオンラインスクールの活用をおすすめします。

ここは、上記の3点を網羅したサービス提供をしており、なおかつ実績も多数あります。

オンラインスクールなので、学習や転職活動もオンラインで進めることができ、仕事と並行しながら学習・転職活動を進めることができます。受講料金は定価で約6万円、それ以外にかかる費用は一切なく、無事に転職ができた場合には受講料金が全額キャッシュバックされるシステムになっています。

実質、ゼロ円で新しいスキルを習得して就きたい職業に就くことができるのであれば、多少の先行投資は価値があるのではないでしょうか。

詳細はTechAcademy就職予備校のページから確認することができます。

また、他の職業でも、こういったスクールを活用して短期間で経済的に効率よく転職活動を進められるよう、この転職ステップを試してみてくださいね。

 

営業に向いていない人向け転職サービス

テックアカデミーエンジニア転職保証コース

営業としての人付き合いが苦手な方はエンジニアに転職すると良いかも知れません。

テックアカデミーのエンジニア転職保証コースは、オンラインプログラミングスクールであり、転職サービスでもあります。

プログラミング未経験・初心者でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を保証するサービスです。

 

テックアカデミーエンジニア転職保証コース

 

マイナビ製造業求人

言われたことしかできない悩みが有る方へは、製造業への転職をおすすめします。

もちろん、製造業でも言われたこと以外のことを考え、行動する必要があります。

しかし、最も大切なことは、言われた事を確実に行い、製造することです。

また、営業職ほど清潔感の有る服装を用意する必要はありません。

会社によっては作業服を支給してくれる所も多いため、毎日ワイシャツのアイロンを気にする必要もありません。

マイナビ製造業求人

 

カイゴジョブ

営業職としてのレスポンスがお悩みの方には介護職が良いかも知れません。

高齢者の方々のペースに合わせた、ご自身のレスポンスタイムで、日々の対応をしていただくことが可能です。

介護求人なら【カイゴジョブ】

 

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

地域の職業プログラマー育成活動では、小学生がオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。