これから求められるスキルとは!Webデザイナーの将来性

Webデザイナーの将来性について詳しく解説しています。今まで求められたスキルとこれから求められるスキルの違い、どんな人が会社に必要になるのか記載しています。未経験でもなれる職種なので、初心者の方は特に参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Webデザイナーの将来性について解説しています。これまで求められていたスキルと今後求められるスキル、それぞれ知っておくことで今身につけるべきものが分かるはずです。

これからWebデザイナーを目指そうと考えている人も、どういう意識で仕事をする必要があるのか知っておきましょう。

Webデザイナーがどんな仕事を担当する人なのか、詳しく知りたい方はWebデザイナーとはの記事も合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

Webデザイナーとは

ここ数十年の急激なインターネット普及率の向上に伴って、Webサイトの構築による情報の可視化が進むこととなりました。そのためWebサイトを作成することのできるデザイナーの需要が出てきました。

Webサイトの構築には、HTMLによる骨組みの設計、CSSで外観の飾り付け、JavaScriptによるサイト上での動きを作ることが基本的な作業としてあります。

Webデザイナーはこうした言語を使うことでコーディングを行うこと、そしてグラフィック等を盛り込んだWeb上のデザインを行うことが仕事です。

 

これまでのスキル

これまでWebデザイナーとして求められてきたスキルは、見やすさに重点を置いたデザインであり、Webサイトの制作や、広告用として使われるバナーの制作などが主な内容でした。

Webサイトを開いた瞬間の美しさが重要視され、バナーも綺麗なデザインのものが求められている傾向がありました。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

これからのスキル

近年では情報技術が広く伝わり、インターネット上での情報は溢れるほど膨大な量となり、Webサイトの数も昔に比べるとはるかに増えました。

そして、Webサイトの構築が簡単にできるサービスなどの発生、またここ数年ではスマホの所有率が増すことでWebサイトへアクセスする端末もPCだけではなくなってきました。

こうした変化はWebデザイナーの仕事にも影響を与えることになっています。

今やスマホに対応したレスポンシブデザインのスキルは必須ですが、今後もデバイスに合ったデザインを行う必要があるでしょう。

そして、スマホをはじめ、マウスを使った操作ではなく、タッチによる操作であることも特徴です。

 

Webサイトの見た目に限らず、こうした変化はユーザーにどのように感じてもらうかといった要素を求めるようになりました。

それは、つまり操作がしにくいことによるストレスの排除や、Webサイトを訪問した時に楽しさを感じることができるような内容とすることです。自らユーザーとしての体験をし、使用する立場を考えることが大事になってきます。

訪問してきたユーザーがその後どう動くかという予測、導きたい方向へ誘導していく力が求められるはずです。

 

まとめ

これからはWebデザイナーと言えどプログラミングやWebマーケティングの素養も求められるはずです。すでにWebデザイナーとして働いている人は新しいスキルを、これからWebデザイナーを目指そうという人は、Webサイトをデザインする上での基礎スキルを身につけましょう。

 

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

現役のWebデザイナーがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサイトを作ることが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。