【男性編】常識として知っておきたい!面接に適した服装とは

転職の面接で気をつけるべき男性の服装(身だしなみ)について解説しています。面接という場に適した服装の色、髪型、靴やカバンなど一般常識として知っておきたい内容です。第一印象は面接でとても重要なので、基本をきっちりおさえておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

面接の時の服装や髪型はどうすればいいのか悩んでしまう方も多いと思います。特に、普段ラフな格好で仕事をしているときは、いざというときどんな格好すればいいか悩んでしまいます。

転職の時など、フォーマルな場で、どんな格好すれば良いのか、この記事では服装や髪型など身だしなみについてお伝えします。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

転職面接の男性の身だしなみとは?

服装

まずは、服装です。服装は、基本的にスーツで臨むことをおすすめします。IT系の場合、スーツを着ないケースもありますが、面接の場は印象を損なわないよう、スーツを着て臨みましょう。

スーツについては、黒やグレー、紺などのベーシックなものを選びます。

また、ワイシャツも白など派手さのないものを選ぶことをおすすめします。白のワイシャツは、誠実な印象を面接官に与えやすく、できればクリーニングに出してシワや汚れがない状態にしておきましょう。

 

髪型

髪型も面接前に切っておくことをお勧めします。できれば短めにして、耳が見えるくらいにしておくとよいでしょう。耳を見せるというのは、あなたの話を聞いていますという合図にもなります。

面接は、こちらから一方的に喋るだけでなく、相手となる面接官の言葉を聞くということも重要です。

また、髪をしっかり切っておくと、身だしなみで損をすることがほとんどありません。長髪は、上の世代の方々からすると、どこか落ち着きがない印象を与えてしまいます。印象を良くするためにも、髪型はしっかりセットしておきましょう。

 

持ち物

また、鞄や時計もビジネス用のものを用意しておくとよいでしょう。普段リュックを使用している人も多いと思いますが、鞄も面接官の目に入るため、ビジネス用の手で持つタイプのものを持っていきましょう。色も落ち着いた色を選ぶと尚良しです。

ビジネスシューズは、黒のものをおすすめします。足元が黒だと、締まった印象を与えます。

面接官が見るポイントは、目の前の人がきちんと仕事してくれるかどうかということです。そういう意味では、黒のビジネスシューズ履いて、きちっとした印象を与えるようにすると良いでしょう。

 

面接でのNGポイント

男性で特に気をつけたいのが「清潔感」です。人の第一印象は3年残るとも言われていますが、話すこと以上に、それ以外の要素が人に与える影響は大きいのです。

これは、面接でも同様で、清潔感がないとそもそも一緒に仕事をしたいと思いません。面接官が女性であれば、余計に気を遣います。男性は女性ほど清潔感に気にかけませんので、特に注意が必要です。

清潔感が無い人は、どんな理由であれ「No」という面接官が多いのではないでしょうか。

 

参考までに、以下の項目に注意してみてください。

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

髪型

  • 長髪、茶髪
  • 髪の毛についているフケ
  • ボサボサの髪型

 

ヒゲ

  • 伸びている
  • 剃り残し

 

その他

  • 爪が伸びすぎていないかチェックする
  • ワイシャツのよれや汚れに注意する
  • 鼻毛のチェックも忘れずに

このように「清潔感」は、受験でいえば「足切り」の基準になります。万全の準備をして、面接に臨みましょう。

また、身だしなみから若干ずれてしまいますが、男性は面接の際に表情が硬くなりがちです。

それでは、せっかく身だしなみを良くしたにも関わらず、印象を損ねてしまいます。できる限り表情を柔らかくできるよう、面接前のお手洗いで表情筋を柔らかくしておきましょう。

 

まとめ

ここまで、面接の時の身だしなみについて紹介してきました。

大事なポイントは、面接官に不快感を与えないということです。企業によっては、面接官の格好がオフィスカジュアルなどのケースもありますが、そういった場合にでも自分はスーツを着るなどフォーマルな格好で面接に臨むようにしましょう。

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、これは男性こそ胸に刻んでおく言葉です。人は第一印象で決まってしまう部分もあります。面接官に見せる初めの姿はとても重要です。

また、メラビアンの法則では、言葉以外の93%に人は影響を受け、言葉による影響はわずか7%ほどといいます。服装やヒゲ、髪型、表情など特に気をつけるようにしましょう。逆に、男性でこの部分がしっかりしていると印象も良くなります。

この記事をここまで読んだ皆さんは、身だしなみについてはほぼ完璧でしょう。自信を持って、面接に臨んでください。転職で大成功されることを祈ってます。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。