【女性編】第一印象が大事!面接で損をしない見た目とは

転職の面接を受ける前に知っておきたい面接の身だしなみ(女性編)について詳しく解説しています。髪型や服装、持ち物やメイクなど、面接の場にふさわしい格好とはどんな格好なのか、これから面接を受けようと考えている女性は必見の内容です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

女性の方が面接を受ける際にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。特に、身だしなみについては悩む方も多いかもしれません。

面接は、受け答えの内容や、事前に提出した履歴書、職務経歴書の内容はもちろん、面接官が持った印象も非常に大きな要素を占めます。

面接を通過できるかどうかは、身だしなみを含めた第一印象がカギを握るといってもよいでしょう。

面接の服装(男性編)も別の記事で紹介しています。

それでは、面接を通過するためのみだしなみとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、面接の際に意識しておきたい服装や髪型など身だしなみについて紹介し、NGポイントもお伝えします。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

転職面接の女性の身だしなみとは?

服装

身だしなみで気をつけたいのは服装です。服装は、男性ほど気をつけるポイントは少ないと思いますが、仕事ができるという印象を与える意味でもジャケットは必要になります。

ジャケットは、黒や紺など落ち着いた色のものをおすすめします。他の色だと、カジュアルな印象を与えすぎて、印象損ねてしまう可能性があります。 当日履いていくパンツやスカートに合うものを選びましょう。

また、ジャケットがあると、クーラーの効きすぎた部屋でも寒からず、落ち着いて過ごすことができます。ジャケットは必ず準備しましょう。

 

髪型

髪型は、ロングの人は後ろでまとめるなどすると良いでしょう。特に、皆さんの表情が面接官に見えるように、前髪は分けておくとよいでしょう。せっかくの素敵な表情も、見えないともったいないです。面接官の印象を良くするということを念頭に髪型をセットしましょう。

髪の毛の色は、出来る限り黒などの落ち着いた色に近づけるのが無難です。これも、相手の面接官に仕事ができると言うアピールにつなげることになります。面接前に、髪の毛の色も染め直してはいかがでしょうか。

 

メイク

メイクも、面接の場面にあった派手すぎない落ち着いたものにしましょう。

面接官が男性であっても、あまりに派手だとおかしいと感じます。ベースは、自分の肌の色に近いものを選びましょう。顔と首の色は注意してください。アイシャドウはラメやパール系、原色のものを避け、ブラウン系やベージュ系などナチュラルなものにしましょう。

まつ毛はビューラーで自然にカールさせて、黒または濃茶色のマスカラを使用します。ボリュームタイプよりもロングタイプの方が自然です。

 

装飾品など

服装や髪型にあわせて、イヤリングや指輪などの装飾品も派手さのないものを準備しておきましょう。

また、カバンはA4サイズの書類が入るものを用意しましょう。

必要な書類を企業に提出したり、逆に企業から受け取ることもあります。また、鞄も服装にあった落ち着いた色のものを用意しておきましょう。

 

面接でのNGポイントは?

女性の方が、面接の身だしなみで気をつけることはなんでしょうか。

この章では、面接の際のNGポイントを期待します。

髪型

  • 後ろでまとまっておらず、表情がよく見えない髪型。
  • 金髪などビジネスシーンでは派手すぎる髪色

まず気をつけたいのは髪型や髪の色です。髪型は、先ほどお伝えしたとおり、しっかりとまとめるようにしましょう。

そして、髪の毛の色も茶髪や金髪はやめましょう。面接官からすると、仕事の身だしなみではないという判断をするかもしれません。あくまで、フォーマルな場であること認識しておく必要があります。

 

メイク・ネイル

  • 派手すぎる化粧
  • 厚塗りのファンデーション
  • つけまつげもNG

メイクも気をつけたいところです。あくまで、派手になりすぎないよう、気をつけてください。不安な方は、知り合いの方に確認してもらっても良いかもしれません。

特に注意が必要なのが、ファンデーションの厚塗りです。不安になりすぎて、厚くしすぎないようにしましょう。

また、つけまつげも付けないほうがいいでしょう。こちらも転職活動前に外すようにしてください。

 

また、皆さんのネイルも面接官に見られています。

派手なネイルはすぐに面接官に気づかれてしまい、結果として印象を損ねることになります。ネイルは、派手なものにせず、単色で落ち着いた色のものを選ぶようにしましょう。

もしくは、面接前に色を落としてしまうのも1つの手かもしれません。爪を休める期間と捉えて、転職期間中はネイルを我慢しても良いでしょう。

 

  • ヒールが高い靴
  • オシャレ・カジュアル感が出てしまうミュール、サンダル

靴はヒールが高いものNG、ミュール、サンダルもカジュアル印象を与えてしまうので、避けるべきでしょう。普段オシャレをしたいという意識が強過ぎる転職面接にも関わらず、派手になりがちです。

 

ここまで見てきたように、女性は男性と違い基本的な清潔感などで印象を損ねることはほとんどありません。しかし、服装や髪型などの自分なりのこだわりで、印象を損ねてしまうことがあります。

気をつけたいのは、あくまで面接はフォーマルな場であることです。自分の身だしなみが、その場にふさわしいか振り返ってみましょう。

最後に、身だしなみのほんの少しの差で、面接官に与える影響が大きく変わってきます。しかし、この記事をここまで読み進めた方であれば問題ありません。自信を持って、面接に臨んでください!

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。
専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。
IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。