【30代からの転職】転職先を選ぶ上で重視すべきポイントとは

30代からの転職活動をする上で大事なポイントをまとめています。20代とは違い企業からの見られ方も変わるため企業選びや準備すべきポイントも変わってきます。これから転職をしようと考えている人は、事前に知っておきたい内容でしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

30代は会社でもある程度責任が求められる立場の年代。キャリアアップや自分に合った役割を求めて転職を考える人は近年増加傾向にありす。
30代の転職は20代とはまた違ったコツや心構えが必要です。

今回は、30代の人が覚えておくと役立つ、転職についてのノウハウを伝えています。

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

 

30 代での転職は20代の転職よりも難しいって聞いたのですが、本当ですか?

 

 

年齢が高いからといって難しいということはありません。しかし、30代ならば20代の時以上に考えなければならないポイントはもちろんあります。

 

 

どんなポイントがあるのでしょうか?

 

 

20代であれば漠然としてものでよかった「キャリアプラン」ですが、30代では「会社に貢献できるキャリアプラン」が求められます。そのためには冷静な自己分析が必要です。

 

 

自己分析ですか・・・なかなか難しそうです。ポイントはたくさんあるのですか?

 

 

まずは現在のキャリアと将来のキャリアを棚卸ししてみましょう。転職エージェントを使う方法もあります。30代の転職で行うべきことを具体的にみていきましょう!

 

 

30代の転職でまず行うこと

転職を決意したら、まずは何を重視するかポイントを定めましょう。

30代の転職はうまくいけば大幅なキャリアアップにつながりますが、それには転職によって何を得たいのかという目的意識が重要になります。現在の職場への不満ではなく、次の職場に行ったときに得られるものを軸に考えましょう。

収入の増加、キャリアアップ、自分が本当にやりたい業務、家族のためなど色々なポイントがあると思いますが、それらに優先順位をつけ、絶対妥協しないものと妥協してもいいものの境界線を見つけてください。

 

30代に必要なキャリアプランとは

20代の転職では漠然とした将来の展望を決めるだけでもよいですが、30代ではNGです。

30代での転職では具体的なキャリアプランをしっかりと立てましょう。他業種への挑戦などキャリアアップをメインに考えていなくても必須です。

その理由は、30代の場合転職後すぐに重要なポストに配置される場合が多いからです。あらかじめキャリアプランを持っているとそこで何をして、どう評価されていくかの道しるべになるので、できる限り具体的に形成するようにしましょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

具体的な転職までの流れ

30代の転職であれば、まずは転職エージェントを利用しましょう。

業務的にも責任ある立場にいる30代の場合、転職において武器になるのは豊富なキャリアです。それを最大限活用するためには、自分の代わりに各企業へキャリアのアピールをしてもらえるエージェントの力を借りましょう。

自分と相性のよいエージェントが見つかったら職歴やキャリアなど自分の情報を伝え、希望職種や年収など具体的な転職条件を相談していってください。職務経歴書を制作するのも忘れずにしましょう。

エージェントが転職先を提示し、自身の希望と合致したら面接となりますが、30代の転職ではここにポイントがあります。20代であれば転職後の展望や夢を大きく語り、自身の将来性をアピールすることが重要ですが、30代の転職で同じことをするのはNGです。

 

30代の中途採用を考える企業は、即戦力かつ現在の業務に大きく寄与する人材が欲しいと考えている場合が多く、その場合、将来性よりは具体的な成果を出せるか、そして会社に貢献できるキャリアプランを有しているかを重視します。

その会社に転職して何をしたいか、自分が会社に入ることでどんなメリットがあるか、をできる限り具体的にアピールするように努めましょう。

無事転職が決まったら現在の職場を退職することとなりますが、この際はきちんと就労規則に従い前職場に迷惑をかけないよう辞めるようにしましょう。

 

【職種別】転職先を選ぶポイント

ここからは具体的に、職務ごとの転職先を選ぶ際のポイントを紹介します。30代ではより具体的な視点を持つことが重要になるのでポイントをみていきましょう。

ビジネス職の場合

ビジネス職の場合は自分のキャリアをきちんと評価してくれる転職先を選びましょう。

ある程度最初から評価された状態で転職すれば、転職後より自分が望むフィールドで活躍することができ、転職前の職場とのギャップを感じることが少なくなります。

その為、給与や各種待遇が前職よりも上がる、もしくは前職よりもやりがいを感じられる職場への転職がおすすめです。

 

技術職の場合

技術職の場合は専門性が高いので、役職はあまり気にする必要はありません。

自身の技術がしっかり認められる職場を選び、自分のスキルを存分に発揮しましょう。給与や待遇を重視してもよいですが、自身のやりがいを重視したほうが転職先でうまくいくことが多いです。

役職は気にせず、プロジェクトでどんなポジションに立てるかで決めるとよいでしょう。

なおどんな職種でも基本的に30代の転職では同ジャンルで似た形態の業務に就くのがベターです。

 

未経験の他業種は難しいのか

30代の転職で全くの0からというのはなかなか難しいです。

30代を中途採用する場合、目的は即戦力かつ近い将来で重要なポストについて欲しいと考える場合が多く、育てていく視点がない傾向にあるのがその理由です。

ただ、30代で全く違う業種にトライし大成功を収めた人もたくさんいますので、転職は十分に可能です。

30代で新天地を目指すなら自分のキャリアやスキルと挑戦したい業種を色々な角度から分析し、他業種からの転職をメリットに変え、「今まで他業種にいた自分だからこそできること」を面接でアピールするとよいでしょう。

 

まとめ

30代の転職で押さえておきたいポイントをいくつか説明しました。

年代的には中堅どころですので、自分が今までしてきたことを発展させるような転職となるようにしましょう。

転職を志したきっかけとして過去の会社に何らかの不満を持っていた場合もあると思いますが、それでもその会社で積んできたスキルは自分にとってかけがえのないものですので、最大限利用してよりよい職場にステップアップしましょう!

 

 

大事なことは具体的なキャリアプランをしっかりもつことなんですね。

 

 

そうですね。具体的なだけではなく、転職した会社でこれまでのキャリアがどう活かせるのかという点も大事なポイントです。

 

 

即戦力になることを求められるということでしょうか。異業種に転職する場合はどうなんでしょうか。

 

 

0からの異業種転職は難しいのは事実ですが、これまでのキャリアを活かして異業種で成功する人もたくさんいますよ。異業種にいたからこそ出来ることもあるはずです。

 

 

これまでのキャリアとスキルをどう活かすかを具体的に考えるのがキャリアプランなんですね。

 

 

30代からの転職ならではの難しいポイントですが、しっかり今後のキャリアを考えて挑んでください。転職を成功させて30代、40代と自分を発展させていきましょう!

 

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。