転職を成功させるために!事前にやるべき面接の練習方法まとめ

これから転職の面接を控えている人はより転職活動を成功させるために準備が必要です。面接の練習も欠かせないでしょう。どうやって練習すれば良いか分からない人向けに1人でできる練習や模擬面接について紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

転職活動で乗り越えるべき選考。自分がいきたい企業に自身の有用性をアピールしていけるか重要な局面と言えるでしょう。そんな選考過程で避けることができない採用面接ですが、苦手に感じる人も多いのではないでしょうか。そんな苦手な面接の対策として、いざ面接を練習しようと思っても、どうすれば良いのかなかなか分からないもの。一般的に堂々とした態度でハキハキ話すことが良い心象を与えると言われますが、それは慣れやスキルによるものが大部分です。裏を返せば、抑えるべきポイントを抑え、何度も練習しておけば上手に面接を受けることができるのです。

そんな面接力を短期間で磨きたい人のために面接練習法を解説していきます。効果的な練習を実践して、自信を持って面接に臨みましょう。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

 

いよいよ採用面接が近づいてきました。ハキハキと対応できるか不安なんです。

 

 

面接は内定を獲得するためには避けられない大事なステップですね。

 

 

そうなんです。以前の面接で緊張してしまって、自分の事をきちんとアピールできなかったんです。

 

 

面接では堂々した態度で挑むことでよい印象を与えることができます。その為には慣れが必要ですから、面接の練習をすることをお薦めします。

 

 

面接の練習ですか?面接の日が近いのですが、間に合うでしょうか?

 

 

大丈夫です!面接力を短期間で磨くための練習方法を紹介しますよ!

 

 

目次

 

練習を始める前に

面接は受ける会社や面接官によって内容は様々です。しかし、一般的に聞かれることや気をつけておくべきポイントは確かに存在します。また、志望業界や業種が定まっているのであれば、聞かれる質問の傾向も調べておくべき業界の情報も自ずと近しいものになるでしょう。

準備しておいても意味がないという考えの人もいますが、ポイントを押さえて行えばあらゆる面接に対応できるようになります。面接練習を行う際に押さえるべきポイントや心がけるポイントについて解説していきます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

面接のポイント

面接の対策を行う前に面接ではどんなことがチェックされるのか、共通する準備は何かを知っておきましょう。大きく分けると3つの事柄を押さえる必要があります。それは「良い印象を与えること」「自分の言葉で話せること」「今後についてしっかり話ができること」です。いずれの対策も企業と個人の力関係の上下や優劣を表すものではなく、しっかりとビジネスで通用する人物であるとアピールするためのものですので参考にしていきましょう。

 

良い印象を与える

面接では、第一印象が非常に重要です。多くの面接官が入室から最初の質問のほんの短い時間で印象を固め、人柄の判断を行います。そのため、話をすることやアピールをすること以前に良い印象を与えることが最低限の選考通過の条件と言えるのです。人の印象を決めることがらは「表情」「姿勢」「動作」「視線」「話し方」などが挙げられます。

・表情:強張ったり、無表情はNG。当然緊張していますが、最初の挨拶や会話の端々で笑顔を交えるようにしましょう。

・姿勢:立ち方や座り方で、背筋が曲がっていたり、足が大きく開いていたり・・・なんてことがある人もいるでしょう。面接時間は〜1時間程度が通常。その時間は背筋を伸ばし、正しい姿勢で座り続けることが必要です。

・動作:歩き方や座る際など、相手の声かけやペースを見て動きましょう。当然、オフィスビルに入るところから気をつける必要があります。また、余裕があれば話の際に身振り手振りをすることも◎。

・視線:話をするとき、聞くときの視線は「目は口ほどに物を言う」というだけあって非常に重要。伝えたい気持ちや聞こうとする姿勢が目線に表れると判断されるでしょう。自信を持って相手の目をみることが重要ですし、相手が話をしている際に目線を合わせてきたら受け止めましょう。会話の間やちょっと思案する際に目線をそらすことで圧迫感が減りますのでバランスよく目線を動かしましょう。

・話し方:最低限敬語でしっかり話せるようにしましょう。また、ハキハキと相手が聞き取りやすいペースで話をすることが大切。緊張と不安で声が小さくなったり、早口になってしまうことがありますので、ゆったり大きな声で話ができるように心がけていくことが重要です。

これらを意識することで第一印象から「ちゃんとしているな」という印象を持ってもらうことができるでしょう。普段意識していない動作や姿勢など難しいこともあるかもしれませんが、面接対策ではしっかり押さえておきたいところです。

 

自分の言葉で話す

面接の対策を行う場合に陥りやすい事は、本やマニュアルを鵜呑みにして自分の言葉で話ができなくなってしまうことです。面接官は多くの候補者と話をしていますし、当然、市場の面接対策も熟知しています。よくあるテンプレを丸暗記…なんてことをしてしまうとあっという間に選考から外れてしますでしょう。そうならないためにも、本やマニュアルを参考にしつつ自分の言葉でしっかり話をしましょう。自分の言葉で伝えるためには以下のポイントを念頭に話をすると良いでしょう。

・一生懸命伝える:実は面接では必ずしも綺麗な回答が評価を勝ち取る訳ではありません。先にあげた印象の部分を抑えているのであれば多少言葉に詰まっても「これを伝えたい」という意欲を見せることが大切。前のめりに話す内容は十分アピールとなるでしょう。

・背伸びはしない:本やマニュアルを参考にしているとわかったつもりの単語や用語が増えてしまいがち。詳しい意味は知らないけれど…なんて言葉は使わないようにしましょう。そして、質問で見たことがある、聞いたことがある程度の事柄を聞かれた際に分からないのであれば「分からない」と正直に伝える勇気を持ちましょう。面接官の前では曖昧な回答や知ったかぶりはすぐに見破られてしまうので、素直で誠実な回答をしましょう。

 

今後についてしっかり話をする

先の二つは心構えや姿勢でしたが3つ目のポイントは具体的に考えるべきところ。自分の未来をしっかり話すことが必要です。自己PRや経歴紹介で過去について話す事は多くあるため、整理すれば難なく対策ができますが、「では、これから何がしたいのか」といった内容は考え抜かねばならないものです。志望動機や3年後のキャリアなどに繋がる重要な部分ですので、自分の未来はどうあるべきだと考えているのか、そのためにここでキャリアを積みたいと納得させられるよう、イメージを脹めせ、具体的に話ができるようにしましょう。

この3つの面接のポイントを実践しながら練習を行うことで、本番でもしっかりとした結果を残すことができるでしょう。

 

練習で抑えるべきこと

面接で押さえるポイントを理解したところで、なんとなく練習を始めてもなかなかいい効果は出ないものです。面接の練習をする時はただ漠然と練習するのではなく、必ず練習の成果となる理想の面接をイメージし、結果がどうであったかを振り返りましょう。毎回練習を行う度に改善が必要なポイントを見つけて対処していけば、本番に向けて徐々にレベルアップしていくことができます。

良い面接のイメージをしっかりともち、自分が苦手なとしていること、足りていない部分にしっかり目を向けて取り組みましょう。また、練習をすることで逆効果になってしまうこともあります。練習する上で注意すべき事柄も理解しておきましょう。

 

回答をまるごと覚えようとしない

面接で何を聞かれるか予想可能な質問はいくつかありますが、回答をまるごと覚えることはおすすめできません。一言一句をそのまま覚えて答えようとすると、棒読みのようになってしまいがちです。練習を繰り返していくうちに覚えていくのであれば問題はないですが、練習の目的が回答を覚えることになってしまうのはNG。これでは面接官に「本などに載っていた答えをそのまま答えているのでは」と思われかねません。

また、完璧に答えなくてはいけないと緊張状態になり、少しでも言い間違えてしまった時に動揺してしまう可能性もあります。想定できる質問があるのであれば、回答の要点だけを押さえておくことがポイントです。

練習の際には場の雰囲気や話の流れを意識しながら、押さえておいた要点をしっかり伝えるようにしましょう。

そうすれば自然な受け答えになりますし、面接官に「しっかり自分の言葉で伝えている」という印象を与えることができます。臨機応変な受け答えができるようになるので、本番で動揺する心配も減らせますね。

 

 

面接ではどんなことがチェックされるのでしょうか。

 

 

色々な要素をチェックするのですが、必ず共通するのが「良い印象を与えること」「自分の言葉で話せること」「今後についてしっかり話ができること」の3つです。

 

 

3つのポイントを抑えて、落ち着いて対応するということなのですね。自分の言葉で話すというのが大事なのはわかるのですが、なかなかうまく話せませんでした。

 

 

面接の練習は漠然とするのではなく、必ず練習の成果となる理想の面接をイメージすることが肝要です。背伸びをせず誠実に答えるよう練習しましょう。

 

 

事前の練習が大事なことはよくわかりました。具体的な練習方法を教えて頂けませんか?

 

 

分かりました!面接で失敗しないための代表的な練習方法を紹介しますね!

 

 

代表的な練習方法

実際の面接では何か不手際や悪い点があったとしてもそれを指摘されることなく、不採用という結果だけが伝えられます。

不採用になっている人からは、ただ単に必要な人材としてマッチしなかっただけなのか、自分に悪い点があったの全くわからないままです。これでは、次の面接にどう挑めば良いのか途方にくれてしまう人もいるでしょう。

そういった場合は、模擬面接を受けてみましょう。

様々なセミナーで模擬面接をしてくれますし、地域によってはハローワークで受けることもできますので探してみてください。模擬面接であれば、問題点を具体的に指摘してもらえますので、自分の課題を知ったうえで対策することが可能です。

闇雲に実際の面接を受け続けていくより、ずっと効率よく面接力を上げていくことができますので活用してみてください。

 

1人での練習法

効果的で手軽なトレーニングとして、面接の練習風景を動画に撮る方法があります。それにより自分が面接に取り組む姿を客観的に見ることができ、自分に足りないところや改善ポイントがよくわかります。

模擬面接を受けている自分の姿を撮影させてもらうのも良いですし、模擬面接の動画を流して受け答えする自分の様子を撮影するのも良いでしょう。撮影ができたら下記のことをチェックしてください。

  • 聞き取りやすい大きな声で発言しているか?
  • 良い姿勢を保てているか?
  • 発言の最後を濁すことなく、しっかり言い切れているか?
  • しっかり前を見て話しているか?
  • 笑顔を適度に入れているか?表情は良いか?
  • 気になるクセはないか?

第三者からアドバイスを受けることも大事ですが、面接を受けている自分の姿を見て現状を知っておくことも大切です。

 

面接の疑似練習に役立つアプリ

模擬面接をより効率的に行いたいという方へのおすすめとして、面接の疑似練習に役立つさまざまなアプリがあります。おすすめアプリをご紹介します。

 

面トレ!

採用面接で比較的でやすい質問を出題し、時間内に答える練習ができるアプリです。

面接で定番の質問に繰り返し答えることで、正しい回答の構築や回答に費やす時間を適切にコントロールすることができます。

面トレ!(iOS)

 

就職活動・転職 面接トレーナー

スマホの音声認識機能で回答している時の声の状態を波形で見ることができるアプリです。

大きな声で話せたか、早口になっていなかったかなどを視覚的に確認できます。データを残しておけるので練習成果を比較することも可能です。

就職活動・転職 面接トレーナー(Android)

 

メントレ(面接トレーニング)

面接で答えた声を録音して確認できるアプリです。

客観的に自分が回答している様子を知ることができ、良い点悪い点が確認できます。知人に録音した音声を聞いてもらい感想をもらうといった使い方も可能です。また面接の質問を音声で聞くことができるので、実際の面接がイメージしやすくなります。

iOS

Android

必要に応じてそれぞれのアプリを使い分けましょう。

 

まとめ

短期間で面接力のレベルを上げる効果的な面接練習法を解説してきました。面接を受ける際には、自信を持った態度がとれるように心がけることが大切です。

面接練習の様子を録画や録音して客観的に分析したり、模擬面接などの機会を利用して第三者に指摘してもらうようにすると、自然と自信を持った態度が取れるようになります。

模擬面接や実際の面接を受ける機会があればどんどん受けましょう。場数を踏んで慣れていくことも、面接を受けるのに適した余裕のある自信を持った態度につながります。自分の足りない部分にしっかりと目をやり、対策していくことが面接力アップへの道です。

 

 

なるほど、転職エージェントのひとに模擬面接してもらえばいいんですね。

 

 

第三者に確認してもらうのはよい方法ですが、どうしても相手がいない場合は一人で練習することになります。

 

 

どうやって一人で自分の姿を確認するんですか?

 

 

模擬面接の様子を録画して確認するのも1つの手段です。その他、自分の発声の様子を確認できるアプリがありますよ!

 

 

場数を踏んで、面接に慣れていくことが大切なんですね。

 

 

はい!面接の練習をすることで余裕が持てるようになり、自信をもって挑むことが出来るようになります。しっかり練習して面接力をアップさせましょう。

 

 

面接力を身につけてきたのなら、さらに成長できる環境での仕事を考えてみるのもありでしょう。成長業界の一つである、IT業界は今後も伸び続ける産業であり、職種に問わず、コミュニケーション能力が重宝されるものです。特にコミュニケーションの基本を抑えながら技術的な観点で話を行えるのであれば非常に有利となります。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。この学習を通してコミュニケーション能力に業界に対しての知見という付加価値を与えることが可能です。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。