必ずチェックしよう!面接で持参するべき持ち物と用途まとめ

男性女性別で転職の面接に持っていくべき持ち物をまとめています。面接の現場で焦らないように家を出る前にチェックしておきましょう。持ち物の用途も記載しているので、これから転職活動をしようと考えている人は、必見です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

書類選考通過後に待ち受ける難関「面接」。面接での回答や自己PRなどの準備はしていても、意外と準備に困ってしまうのが当日に持参すべき「持ち物」です。

必要な物を忘れて焦らないように、しっかりと確認をしてから面接に臨みましょう。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

 

いよいよ明日が面接なんです。応募書類も完成しましたし、面接会場も確認しました。なにか足りないことはあるでしょうか。

 

 

明日が面接なのですね!当日の持ち物については確認しましたか?

 

 

応募書類と・・・筆記用具・・・それから・・・

 

 

当日になって「足りなかった」「忘れてしまった」と慌ててしまっては、面接に集中できないこともあります。持ち物は前日のうちにしっかり準備・確認しておきたいですね。

 

 

当日慌ててしまっては面接で失敗してしまうかもしれないですね。今から持ち物を確認します!

 

 

持ち物には資料などのほかに、身だしなみに関するものも必要です。面接に挑む際の持ち物について一緒に確認していきましょう。

 

 

各持ち物とその用途(共通編)

面接に臨む際に持っていく一般的な持ち物には、企業資料や身だしなみを整えるものなどがあります。

もちろん、応募企業側が作品などの指定物を求めていたり、自己アピールでこれまでの実績や作品、プロジェクトを提示する場合は、ノートパソコンやポートフォリオなどを持参物に追加します。忘れているものがないか、しっかりとチェックしてください。

女性の場合は、この他にもストッキングなど身だしなみに必要なものがありますので、忘れずに準備を整えましょう。

 

面接資料や面接時に使用するもの

履歴書、職務経歴書、エントリーシートのコピー

面接会場へ向かうまでの間、自己PRや志望動機の整理のために必要です。また、提出用と面接時に自分がカンペとして使う用を用意しましょう。一度の面接で面接官は〜3名程度同席する可能性がありますので、5部持っていれば安心です。

企業HPのプリントアウトや企業パンフレット、募集要項などの企業資料

面接会場へ向かう途中に、確認や復習をするためです。企業情報は面接中に問われることがありますし、何より直前までしっかり準備することで面接時の緊張感を緩和してくれるでしょう。

現地までの地図

スマートフォンなどで調べることもできますが、通信状況などで不便なことがあります。地図や路線情報などはプリントアウトして目印や説明を加えて持っていき、当日迷わないようにするために必要です。

筆記用具、ノート(メモ帳)、手帳、スケジュール帳

面接の場において、業務について詳しく話をする場合や次回以降のスケジュールをメモするために用意しましょう。また、筆記試験が行われる場合もあるため、ボールペン以外に鉛筆や消しゴムも用意しておきます。

身分証明書、印鑑

企業側がセキュリティ上の理由で、オフィスに入る際に提示を求めることがあります。

また、交通費清算や面接後に採用が決定して捺印を求められることもあります。事前に持ち物として指定をされることもありますが常に持っていれば安心です。

 

身だしなみや状況により必要なもの

ハンカチ、ティッシュ

社会人の身だしなみとして必須アイテムです。汗や手、急な雨を拭く場合に必要になりますので用意しましょう。

腕時計

スマートフォンで対応する人もいますが、面接など公式な場やビジネスシーンでは身だしなみの上で重要です。ファッション性の高い物やブランド物は避けて一般的なものを選びます。

折りたたみ傘

当日の天候が不安な場合は持参しましょう。折りたたみ傘の方がスマートです。

携帯電話

万が一、事故などの緊急連絡が必要になった時のためにしっかり充電して準備をしておき、面接の前には電源を切っておきましょう。また、プリントアウトを忘れた際に、企業HPの閲覧や履歴書のPDF、地図などを調べるのに役立ちます。

 

各持ち物とその用途(男性編)

男性の場合は共通の持ち物でほぼ問題はありません。しかし、身だしなみを整える上でプラスしたいものはあります。

鏡やエチケットブラシなど

髪の乱れを整えてスーツに付いたホコリなど取り、社会人らしい身だしなみを整えるために用意することをおすすめします。男性も持参しておくと便利です。

ネクタイピン

ネクタイをピシっと留め、身だしなみをより整えてしっかりとした印象を与えるために必要なビジネスアイテムです。ただし、派手なものやファッション性が高いものよりも、一般的でシンプルなデザインのものにしてください。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

各持ち物とその用途(女性編)

女性の場合は共通のものに加えて、以下の持ち物を準備しておくことをおすすめします。

ストッキング

面接会場へ向かう途中に伝線したり汚れてしまったりしたとき、ストッキングを探して履き替えに時間をかけないため、予備のストッキングを準備しておきましょう。

化粧ポーチ

第一印象を左右する身だしなみをしっかりと整えるために、鏡やくし、エチケットブラシ、デオドラントスプレーなどを用意しておきます。

 

面接において重要なのは、第一印象を決定する身だしなみです。社会人らしい身だしなみに注意し、身だしなみを整えるアイテムを準備してください。そして、面接に必要な資料を加えて万全な状態で面接に臨みましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

 

前日に確認しておいてよかったです!忘れてしまって慌ててしまう所でした。

 

 

忘れがちなのが身だしなみを整える道具などですね。ハンカチや腕時計は、ファッション性の高いものは避けるなどの注意が必要です。

 

 

身だしなみも面接の際のチェック事項なんですね。

 

 

はい!身だしなみを整える用意を忘れてしまって、第一印象を悪くしてしまっては大変ですよね。

 

 

ありがとうございます!道にまよったり、雨が降っても慌てないよう準備をしていくことが大切なのだとわかりました。

 

 

面接には平常心で挑めるよう、事前の準備が大切です。面接官にできる社会人であることをアピールできるよう、万全の準備で挑みましょう!

 

 

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。