自分の強みを伝えよう!長所を自己PRする上手な方法とは

面接の場でよく聞かれる「長所」のアピール方法についてまとめています。自己PRをする上でも長所を伝えることは重要です。採用担当者が何を見ているのか、どう話せば良いのかも解説しているので、転職活動前にチェックしておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

自己PRの中でも長所は、自分の人柄や仕事へのやる気をアピールできる大切なポイントです。

今回は、自分の強みを伝えることができる、効果的な長所のPR方法をまとめてみました。ぜひ、転職活動の参考にしてみてください。

 

 

今回は、自分の長所をPRするときのコツを見ていきましょう。

 

 

自分で自分の長所を説明するのって、なかなか難しいですよね……

 

 

長所は自己分析と適性に関係する大切なポイントです!まずはどういう部分が評価の対象となるかいうところから見ていきましょう。

 

 

分かりました!

 

 

長所を伝えることで何が判断されるか

転職活動をする上で長所は、自分の人柄や経験をPRできる大切なポイントです。

それと同時に、面接官は採用基準の一つとして重要視している項目でもあります。面接官は長所を知ることで、次のようなことを判断しています。

 

自分の性格を客観視できているか

面接官は長所を聞くことで、自分の性格を客観的に分析することができているかどうかを確認します。自分の性格をしっかりと理解していることで、長所を伸ばしていくことができると考えるからです。

 

周囲からはどのように見られているのか

自己分析した長所だけでなく、周囲からよく言われる長所も面接では大切な判断基準となります。周りからはどのように見られているのかを知ることで、その人の性格や仕事への取り組み方を知る一つ材料となるからです。

 

仕事で長所をどのように活かすのか

転職先の仕事で長所をどのように活かすことができるのか、というのは面接官が知りたい重要な情報でもあります。

どのくらい仕事に対しての意欲があるのか、前向きな姿勢で取り組むことができるのかを判断します。

 

 

長所に関する質問の主な役割です。

 

 

自分を分析できているかどうかということと、それを仕事にどう生かせるかというのが大事なんですね。

 

 

次は、各職種別で見た長所PRの例を見てみましょう。

 

 

【ビジネス職編(営業・マーケティング)】長所のアピール例

私の長所は行動力があり、チームワークを大切にしながら仕事をすることができるところです。そのため、前職ではチームリーダーとして、目標達成に向かって主体的に行動してきました。周りからも頼りがいがあると言われることが多く、部下の相談に乗ることも多かったです。御社でもこの長所を活かして、チームワークを大切にしながら受注増加を担う人材となれるように精進していきたいです。

営業職やマーケティング職などチームワークが大切となる職種では、協調性や行動力がキーワードとなります。そのため、仲間の中でどのような役割を担うことができるのか、アピールできるといいでしょう。

また、長所をどのように営業やマーケティングの仕事に活かすことができるのか、というところもポイントです。この部分では、前向きに会社に貢献していく姿勢を述べることで、面接官に好印象を与えることができます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング

【技術職編(エンジニア・デザイナー)】長所のアピール例

私の長所は、周囲とのコミュニケーションを取りながら円滑に仕事を進めていくことができるところです。前職でもデザイナーをしておりましたが、デザインスキルはもちろんのこと、周囲とのコミュニケーションが取れないとクライアント様の納得がいく商品を提案することができないことを学びました。

そのため、できる限り周囲の状況に気を配りながら業務を行うようにした結果、作業効率が上がり社長からもお褒めの言葉をいただきました。経験から身につけたこの長所を御社でも活かしながら、デザイナーとしてよりスキルアップしていきたいと考えております。

デザイナーやエンジニアなどの技術職では、責任を持って仕事を遂行することができるのか、周りとのコミュニケーションを取ることができるのか、というところがキーワードになります。スキルや業績をアピールしたくなりますが、長所ではコミュニケーション能力や責任能力をPRした方が好印象を持ってもらえます。

 

長所を自己PRするときのNG例

長所をPRするときに気をつけたいのが、説得力のあるPRになっているのかどうか、です。

響きの良い言葉ばかりを並べても、面接官に自分の良さをしっかりと伝えることができません。次のようなPRになっていないかどうか一度確認してみましょう。

 

ネガティブな言い回しをしていないか

長所と短所は表裏一体です。例えば、フットワークが軽いという長所も裏を返せば、楽観的過ぎるという短所にも捉えることができます。言葉一つで面接官に伝わるイメージが変わるため、ポジティブな言い回しを考えるようにしましょう。

 

長所ばかりを羅列していないか

理由のない長所をたくさん並べて話しても、面接官にはなかなか響きません。それどころか自己分析がちゃんとできていないのではないか、と思われるポイントになってしまいます。そのため、1つか2つの長所に絞り、根拠のある理由を述べるようにしましょう。

このときに、第三者から見た意見を取り入れると説得力が増します。

 

転職先の仕事で活かせる長所ではない

せっかく面接官に長所をアピールするのなら、転職先の仕事で活かせることを述べるようにしましょう。人柄を伝えることはできても、仕事場での姿勢がイメージしずらくなってしまうためです。

 

まとめ

今回は、面接で欠かせない長所の自己PR方法をまとめてみました。

長所は面接官にとって、仕事へのやる気やその人の人柄を判断する大切な材料となります。そのため、職種に合った前向きな長所を述べることで、好印象を与えることができます。

まずは、自分の長所や性格を整理してみて、具体的な話を添えながらPRできるように準備してみるといいでしょう。自分の長所が掴めない場合は、周囲の人に尋ねてみることも一つの手段です。

 

 

せっかくの長所ですから、職場で活用できるものを選んでおきたいですね。

 

 

確かに、職種によって必要とされる能力も違いますからね。

 

 

また、それがきちんと相手側に伝わっているかというのも大切です。いつ聞かれても話せるようにあらかじめまとめておくと安心ですよ!

 

 

分かりました。ありがとうございました!

 

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。