【ビジネス職・技術職別】面接官にスムーズに伝えられる!自己PRの話し方

面接の場で求められる自己PR。いざ話そうとすると何を伝えるべきか迷い、うまくいかないこともあるでしょう。自己PRにはスムーズに話すためのポイントがあります。職種別ポイントを自分の仕事の経験と照らし合わせて、ぜひ自己PR本番の参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

自己PRは、面接官に自分の魅力を伝える大切な場面です。

今回は、自己PRでの話し方や構成のポイントをまとめてみました。

あらかじめまとめておくことで、限られた時間の中でも自信を持って話すことができるようになります。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

基本の構成をおさえよう

面接官に思いを伝えることができる自己PRをするには「基本の構成」を押さえることがポイントです。

基本の構成はとても簡単で「結論から話す」ということを心がけるだけで、ぐんと伝わりやすい自己PRになります。

例えば、長所を紹介する場合は「私の長所は〇〇です。それは△△だからです」というように、結論を述べてから理由を伝えます。

この話し方をすることで、面接官には今から何を話すのかを明確に提示することができます。

 

希望職種に有利なPRを

自己PRでは、希望職種に合わせて有利なPRを取り入れましょう。

自己PRでは「どんな実績を出してきたのか」や「長所」を軸に「どのような仕事をしてきたか」「今後のキャリアや目標とそれを叶えるために取り組んでいること」「克服すべき短所」「志望動機」を織り交ぜて話すことがポイントです。

希望職種が前職と同じ場合は、今までのスキルや業績もアピールポイントとなります。一方、異業種への転職では志望動機や転職してから頑張りたいことに力を入れてPRすることで、面接官に思いを伝えることができます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

【ビジネス職編(営業・マーケティング)】の自己PR例

私の長所は、どのような場面でも臨機応変に対応することができるところです。
前職の営業職では、1人1人の顧客に合わせてアプローチ方法を見直した結果、
20〇〇年売上金額1位に輝くことができました。

さらにスキルアップするためには営業としての能力はもちろんのこと、
顧客のニーズを知るためのマーケティング能力も必要だと感じ、勉強に勤しんでいます。
御社では、今までの経験や長所を生かして新規顧客を取得していけるように努力したいと考えています。

営業職やマーケティング職などのビジネス職では、自分の長所を今までの経験やスキルをどのように繋げてアピールできるといいでしょう。

また、仕事に対しても前向きな姿勢をアピールすることで、面接官に好印象を与えることができます。

 

【技術職編(エンジニア・デザイナー)】の自己PR例

私の長所は、周囲とコミュニケーションを取りながら
1つの目標に向かって取り組むことができるところです。

前職でもこの長所を生かして、
様々な部署やクライアントと連携を取りながら
多くの企業サイトの新規立ち上げに携わり、成果を上げることができました。

このノウハウや知識を生かして、
御社ではより多くの人に喜ばれるWebサイトを提供できるよう日々精進していきたいと思います。

エンジニアやデザイナーなどの技術職の場合は、長所や短所に加えて具体的なスキルや経験をPRしましょう。また「この知識やスキルなら負けない」という部分を述べることで、貴重な人材として判断してもらえる可能性があります。

 

自己PRのNG例

自己PRで一番もったいないのは、自分の言いたいことが伝わらない話し方になってしまうことです。自分の伝えたいことを簡潔に整理しておくと、限られた時間の中でもしっかりアピールすることができます。

また、話し方も気をつけたいポイントです。いくら素晴らしいアピールができたとしても、声が小さかったり早口だったりすると面接官に伝わりにくくなります。

緊張をしてしまうかもしれませんが、できるだけ笑顔でゆっくりと話すように心がけましょう。

 

まとめ

今回は、スムーズに伝えることができる自己PRのポイントをまとめてみました。

転職したい職種によってPRするべき部分が異なるため、しっかり伝えたいポイントに絞った自己PRを考えておくといいでしょう。

また、効果的な話し方としては結論を先に述べて、ゆっくりと大きな声で話すだけでも面接官に与える印象が変わります。自己PRに自信が持てない人は、話し方の練習も取り入れてみるといいでしょう。

 

自己PRを煮詰めたら、次は応募する企業と業界のターゲットとして、IT業界を目指しても良いでしょう。IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。