正しい退職の手順!退職のタイミングと辞めるまでの流れ

退職を決めてから実際に退職するまでの手順と行うべき準備について解説しています。退職するタイミングについても記載しています。初めて会社を退職する人は、一連の流れがイメージできるので、事前に理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

転職を決めたものの、退職の正しい手順や、上司に報告するタイミングが分からない方へ向け、退職を決めてから、実際に辞めるまでの一般的な流れをご紹介します。また、なるべく退職を避けた方が良い期間も解説。

正しい手順を踏み、他の社員に負担の少ない時期に退職することが大切です。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

退職を決めてから実際に辞めるまでの手続き

まずは、一般的な退職の流れを紹介します。

  • 上司に退職を申し入れる/退職願を出す (退職の1か月前~3か月前)
  • 面談 (随時)
  • 退職届けの提出 (退職の1か月前から2週間前)
  • 退職 (当日)

まずは、直属の上司に対し退職の申し入れを口頭で行いましょう。「3か月前までに」など就業規則で定められている場合もありますので、必ず事前に就業規則を確認するようにしましょう。申し入れを行ったのち、直属の上司や、役職者からの面談が実施されます。

あなたの実績によっては、引き留められる可能性もありますが、しっかりと自分の思いを伝えるようにしましょう。ただし、円満退職を望むのであれば、退職は自己都合が原則です。会社や上司に対する批判は避けるようにしましょう。

面談で退職が認められたら、退職届を作成し提出します。会社によってはフォーマットが用意されていますので、人事へ確認してみるとよいでしょう。フォーマットが用意されていない場合は、パソコン入力、手書きどちらでも構いません。

なお役職者が退職する場合は「退職届」ではなく「辞表」を提出することを求められるケースがありますので、いずれかの作成と提出が必要となります。

円滑に退職するためにも、退職日まで業務の引継ぎをしっかりと行うようにしましょう。

 

退職を避けた方がよい期間

まず第一に自身の仕事に区切りがついていない場合は避けましょう。

もちろん、見通しが長期に渡ってつかない仕事もありますが、ある程度の区切りや状況の整理が可能なタイミングまで業務を行う必要があると言えるでしょう。

 

もし、難しい場合は引き継ぎに必要な情報をまとめて、区切りを自分で作ることが大切です。次に会社の繁忙期は退職を避けた方が無難です。

あなたが退職することにより、業績に影響が出る可能性もありますし、他の社員に負担をかけてしまうかもしれません。

業界業種によりますが、基本的には年末などがこれに当たります。そのため、会社の年度末に退職をするのが無難です。年末や年度末は退職者が多い時期でもありますので、退職に関する一連の手続きもスムーズに進むでしょう。

また、最適な退職日が分からないのであれば、直属の上司に相談してみるのも良いでしょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

まとめ

今回は退職の流れとタイミングを紹介しました。転職するにしても、なるべく円満に退職したいのは誰もが思うことです。

正しい手順を知り、適切なタイミングで退職するように心がけましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。