【ビジネス職・技術職別】IT業界に応募する場合の志望理由

未経験でIT業界への転職を考えている人向けに志望理由の書き方を解説しています。記入すべきポイントをビジネス職・エンジニア職別に紹介しているので、どちらの職種でも役立つ内容になるはずです。NG例も載せているので、チェックしておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

転職では誰でも志望理由に悩んでしまうものです。しかも、未経験の上にIT業界の職種にチャレンジしている人は、何から書いていいのか全くわからないという人もいるでしょう。

そこで、ここではIT業界における志望理由のポイントと例文、NG例を紹介していきます。

 

志望理由のポイント

ひとくちにIT業界と言っても、IT業界にはWebデザイナーやWebディレクター、プログラマーやシステムエンジニアなどのさまざまな職種があり、志望理由も自身が応募する職種に合わせて作成する必要があります。当然、作成に伴う企業研究もしっかりと行い、企業の求める人物像にマッチしたものである必要があります。

志望理由は必ず具体的な内容を盛り込んでエピソードを交えてわかりやすく説明しなくてはなりません。難しいかもしれませんが、志望理由に入れるべきポイントがありますので、参考にして考えましょう。

【なぜIT業界を選んだのか?】

数ある業界業種の中から、どうしてIT業界に転職をしようと考えているのか、なぜIT業界でなければならないのかというのは、未経験の応募者の考えを知る機会であり、企業の採用担当者が気にしているポイントです。

業界の研究を行い、他の業界との違い、魅力を見つけて志望に至った理由をエピソードで具体的に説明しましょう。

【なぜその企業でなければならないのか?】

キャリアが無い未経験の転職では、その仕事に対しての意欲ややる気が必要です。「この企業で働きたい」という意思が伝わるような理由が必要になってきます、そのために、その企業にしかない特徴や魅力などを抽出し、その企業である流を明確に示さなければなりません。

【IT業界で何がしたいのか】

将来のビジョンや明確な目的を持つことが、転職においては非常に重要です。業種や職種、業務内容やプロセスは違えど、一度社会に出て何かを目標に働いてきたことは間違いないはずです。

自分の強みを活かして目的意識を持ち、その企業にどのように関わって何を成したいかという前向きな姿勢が必要なのです、

このように、未経験の場合は特に転職をする際に業界を選んだ理由やその企業である理由が採用担当者の注目を集めるところとなります。業界・企業についての研究をしっかり行って、明確な理由を提示できるように準備しましょう。

 

ビジネス職編(営業・マーケティング)

例:営業職(他業種営業経験あり)

私は前職でOA機器などのソリューション提案をしてきました。
その中で、御社が主力としている顧客管理システムを導入させて頂いておりました。
業務の最適化による効率化、データの一貫管理、クラウドによるスピード化の凄さに驚き、
IT業界の可能性の高さを実感し、この業界で働きたいと思い志望しました。

御社の顧客管理システムは、スマートフォンやタブレット端末を活用した営業効率アップの開発も積極的に行っていると伺いました。
その開発力と発想力で生み出される画期的な商品を社会に広めたい、
私が感銘を受けたように顧客に喜んでいただきたいと思い、
培われてきた営業経験を活かした広い視野による商品提案で御社の事業に貢献していきたいと考えております。

 

ポイント

IT業界を志望する理由、この企業を選んだ理由、どのように貢献したいきたいかという具体的なビジョンを示しています。前職では顧客側だったこともあり、顧客目線の営業を可能な点も盛り込み、志望するに至った理由がエピソードとして具体的にされることで説得力があります。

※履歴書・職務経歴書に書く際は御社を「貴社」に変更してください。

 

[PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング

技術職編(エンジニア・デザイナー)

例:SE職(未経験)

前職では商社でシステムの提案営業を5年間担当してきました。
顧客がシステムで実現したいことに対して提案していくうちに、
IT業界の広さ、情報システムで顧客の抱える問題を解決するパフォーマンス力に魅力を感じ、
顧客のニーズを最適に解決するソリューションを自ら作りたいと思い、志望いたしました。

御社のシステム開発は多岐のジャンルに渡っており、特に特徴である医師同士の連絡スピードを高め
情報を共有する医療システムは素晴らしい技術だと感銘を受け、携わりたいと思いました。
システム開発に従事し、顧客と社会のニーズに応えながら御社に貢献できたらと考えております。

 

ポイント

IT業界を志望する理由、この企業を選んだ理由、何をしていきたいのかというビジョン・目的の3つがしっかりと書かれており、志望に至った具体的な背景があります。企業研究を行って企業の特徴を掴み、この企業である理由が明確です。

※履歴書・職務経歴書に書く際は御社を「貴社」に変更してください。

 

例:デザイナー職(未経験)

オンラインプログラミングスクールを通じて、KPIを高めるUI/UXの制作方法及びオリジナルデザインの制作を行ってきました。
御社代表のブログを拝見したところ、今後はUI/UXデザインを通じて、サイトの価値を高めていくコンサルティングを行うと記載されておりました。
私は現役のデザイナーから、最新のUI/UXに関する知識と技術を学び、オリジナルデザインを制作するまで成長することができました。
この事は、御社のデザインコンサルティング事業でも活躍できると考えております。

ポイント

自分でデザインの勉強をして成長していることや、転職希望先企業の今後の事業展開に対して、具体的に役立てる点を伝えていることで、採用側にとってのメリットが明確になっています。

※履歴書・職務経歴書に書く際は御社を「貴社」に変更してください。


志望理由のNG例

例:IT事業関連

私が御社を志望しているのは、IT事業によって社会の基盤を作ることに貢献したいと考えているからです。
現在のIT事業は、私たちの生活に欠かせないものであり、私は今よりも基盤を確実にし、豊かな社会を作る仕事がしたいと考えています。
 御社は電力システムで豊かな生活の土台作りに貢献している老舗企業であり、
同時に最新の高度な技術にも注力し、一般市場まで視野に入れたチャレンジ性にも魅力を感じました。

 

NGポイント

IT業界について書かれてはいますが、志望動機としての根拠には薄い漠然とした内容です。企業は営利目的であるため、社会への貢献を理由としても企業側に魅力は伝わりません。

また、この企業を志望する理由に具体性が無く、根拠となるエピソードになっていません。
さらに、職種の断定も無いので、何をしていきたいのかが明確にならず、ビジョンも見えない点もマイナスです。

※履歴書・職務経歴書に書く際は御社を「貴社」に変更してください。

 

まとめ

未経験でIT業界にキャリア転職をする際は、あえて他業界であるIT業界を選んだ理由がポイントになります。

経験・関連職種でも、その企業を選んだ明確な理由と目的意識がポイントとなります。キャリア転職成功のために、万全の準備で臨みましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。

 

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。