第二新卒で転職を成功させるポイントとは【Webデザイナー編】

第二新卒の方向けにWebデザイナーとして転職するポイントについてまとめています。Webデザイナーとして転職する上で評価されるポイント、NG例も紹介しています。未経験でも転職を成功させたい人はぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Webデザイナーは需要が高い職種の一つで、第二新卒でも充分に活躍できる職種です。

今回は、Webデザイナーへの転職を成功させるためのアピールポイントをまとめてみました。ぜひ、転職活動の参考にしてみてくださいね。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

第二新卒でアピールするべき要素

インターネットが急速に普及した昨今、Webデザイナーは需要の多い職種です。

一方で、専門性が高く技術や知識が必要となる職種でもあります。そのため、今までの実績を生かしたスキルアップやキャリアアップを目的とした転職は、比較的アピールしやすく転職にも有利です。

前職で培ったキャリアやスキルを伝えながら、挑戦したいことや目標を意欲的に伝えるといいでしょう。

一方、Webデザイナーの経験がないからといって転職を諦めてしまうのはまだ早いです。未経験者だからこそアピールできるポイントもあるので、ぜひ次のようなポイントをチェックしてみてください。

 

社会人経験が浅い場合

社会人1~3年目の若手の場合は、熱意とやる気を伝えることでWebデザイナーとして働ける可能性が充分あります。まずは、制作会社のアシスタントからスタートして、将来的にはWebデザイナーとして活躍できるような人材を目指しましょう。

このときに、どうしてWebデザイナーに挑戦したいのかを整理できていることが大切です。

 

専門学校や大学でグラフィックを学んでいた場合

実務経験がなくても、専門学校や大学でWebデザイナーに必要となる知識を学んでいると転職に有利です。専門性が高い職種なので、スキルを述べることができるのは大きなアピールポイントとなります。

もし、専門学校などに通っていなくても働きながら知識を学ぶことができるスクールもあるので、活用してみるのも一つの手段です。

 

同じ業界内の企業に転職する場合

今、勤務している業界と同じ業界の他の会社がWebデザイナーを募集している場合は、転職しやすい傾向があります。

業界での専門知識を生かしながら、自社サイトの構築を学ぶことができます。少しずつ経験を積みながら、最終的には1人前のWebデザイナーになれるように努力していく姿勢をアピールするといいでしょう。

 

どのような姿勢が評価されるか

第二新卒でWebデザイナーに転職する場合は、やる気や熱意のある姿勢が評価されやすいです。社会人としての経験が浅いため企業側としては、先入観がなく柔軟に対応することできると考えてもらえる場合もあります。

そのため、会社の規則に沿ってやる気を持って前向きに取り組む姿勢をアピールできるといいでしょう。

また、将来的にはそのようなWebデザイナーになりたいのか明確な目標があると熱意が伝わりやすいです。アシスタントから始めて、〇年後にはこんな風になりたい等具体的なビジョンを伝えることができるようにしましょう。

 

前職がWebデザイナーやWeb関連のある業種だった場合には、自分の知識やスキルもアピールポイントとなります。

どのような姿勢で取り組んできたのか、どのようなプロジェクトに携わってきたのか、簡潔にまとめておくことでアピールしやすくなりますよ。さらに、スキルや今までの実力をPRする手段としてポートフォリオサイトを準備しておくこともおすすめです。

どのようなスキルが身についているのか企業が評価する大きな材料となります。ポートフォリオサイトの出来栄えが良ければ、採用にもぐんと近づくことができるようです。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング(20代限定)

自己PRのNG例

私は、前職ではイラストやデザインを制作する仕事に携わっていました。
このスキルを活かして、御社では企業のコーポレートサイト制作に力を入れて取り組んでいきたいです。
Webデザイナーという職種は未経験ですが、若さを武器に前向きに頑張りたいと思います。

上記の自己PRには、2つのNG例が含まれています。

1つ目は、前職でのスキルや実力をしっかりと説明していないところです。

「イラストやデザインの仕事」には、さまざまなものがあります。

具体的にどのような内容の仕事に従事し、どのようなスキルが身についたのか説明することが大切です。そこまで説明して初めて、採用担当者が欲しい情報を提供することができます。

2つ目は、Webデザイナーという職種に対しての熱意です。

未経験と表記しているものの、どのように頑張るのか、どのような目標があるのか、具体的に書かれていません。これでは、なかなか採用担当者に熱意ややる気を伝えることが難しいですよね。

 

まとめ

今回は、第二新卒でWebデザイナーに転職するためのアピールポイントをまとめてみました。

Webデザイナーは需要が高まっている仕事なので、未経験でも挑戦できる可能性は充分あります。Webデザイナーへの転職を成功させるためには、熱意や前向きな姿勢をしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

前職でWebデザイナーの経験がある場合には、ポートフォリオサイトなどを準備しておくと、スキルや能力を有効にアピールすることができます。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。