雇用形態の基本を学ぼう!正社員と派遣社員の違いとは

雇用形態の基本として知っておきたい「正社員」と「派遣社員」の違いについて解説しています。実際に働く上で正社員と派遣社員でそれぞれどういったルールがあるのか、待遇や給与面など事前に知っておきたい内容を紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

正社員と派遣社員の違いについて、よくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。正社員と派遣社員の大きな違いは、雇用期間の違いと、実際に働く現場の「社員」なのかどうかです。

では、具体的にどう違うのかをここでは、説明していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

正社員とは

会社員の一般的なイメージといえば「正社員」です。正社員とは以下の内容になります。

【定義】
正社員は、一般的に正規雇用で企業に雇われている労働者のことを指します。「正規社員」という言い方をすることもあり、雇用形態は「無期雇用」となっています。

終身雇用制度を前提としているため、正社員として企業と雇用契約を結んだ場合、労働者は入社の際に「期間の定めのない雇用契約」を締結することになります。就業規則に定められた定年まで、その企業及び会社は正社員を雇用し続けなければなりません。

したがって、正社員として働いている場合は、不祥事を起こすなどの正当な理由や自分の意思で辞職しない限り、会社が存続する限り定年まで働くことが可能です。

【給与・待遇】
正社員として契約した場合、契約時に定められた給与が貰えます。契約が変更されない限り、給与額が変わることはありません。多くの会社は、年に1度契約を見直し、昇給などの調整を行います。

また、企業によっては住居手当や扶養手当、交通費などの諸手当も支給されます。その他にも賞与や退職金も支払われ、無期雇用の観点からも安定した所得を得ることができます。社宅や事業関連施設利用での割引など、充実した福利厚生が整っている企業もあり、待遇面も良いです。

【業務内容】
業務内容は多岐に渡り、就職や転職時の面接などで決められた業務内容以外のことも任されます。幅広い業務を行う分、成長によって大きなポストに就くことができます。

 

派遣社員とは

働き方のひとつとして定着している「派遣社員」。派遣社員とは以下の内容になります。

【定義】
派遣社員は、正社員や契約社員とは違って実際に働く企業及び会社と雇用契約を結ぶのではなく、人材派遣会社と契約を結んでいます。したがって、派遣社員本人の所属は人材派遣会社にあり、人材派遣会社と企業との間で「この人材を○○の期間まで派遣する」という労働契約のもとで本人は派遣されています。

つまり、「いつまで働けるか」「どういった業務内容で契約を結ぶか」の権限は人材派遣会社が持っていることになります。派遣社員は人材派遣会社所属の契約社員、つまり非正規雇用となりますので、正社員ではないのです。

【給与・待遇】
派遣社員の場合は手当がないことが多く、交通費は支払われることが多いです。派遣社員を欲しがっている企業は人材が不足しているということもあり、多くの給料を出してでも派遣してもらおうとしています。したがって、契約社員よりも高い給料となることもあります。また、期間が限定されているという条件によって高くなっていることもあります。

ただし、昇給の機会が少なかったり、賞与がでないという場合もありますので、長期的に考えると正社員よりも収入が少なくなる傾向があります。

【業務内容】
派遣社員は人材派遣会社との契約によって、行う業務内容が決められています。厳密に言えば、契約以外の業務を行うことが禁じられています。

 

[PR] ITスキルを学習し、IT企業に転職できるサービスを無料で実施中

正社員の場合のメリット・デメリット

 

メリット

正社員のメリットは、なんといっても「安定性」です。無期雇用による長期的な雇用状態とそれに伴う給与や昇給、賞与や手当といった安心感があります。

また、労働日数や休日も定められており、安定的な収入で先を見通した計画が立てやすいです。

 

デメリット

デメリットとしては、業務の多様さやそれに伴う責任の重さがあります。雇用契約をした際にはない業務も仕事として与えられますし、仕事量も多いです。

また、正社員の場合は、抱えている仕事への責任の重さなどによって辞める場合に言い出しにくく、精神的に負担を負うケースや場面が多くなります。

 

派遣社員の場合のメリット・デメリット

メリット

派遣社員は、自身が行きたい企業が決定したら派遣会社に伝えます。

その企業への交渉は派遣会社が行い、交渉成立後に企業に派遣される形です。所属が人材派遣会社にある派遣社員はたとえ派遣先の企業で働いていたとしても、もし合わないと思ったときは次の契約更新で辞めやすいというメリットがあります。

 

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、「いつ仕事がなくなるかわからない」という点です。

正社員と違い、企業間での労働契約のもとで仕事を行っていますので、契約更新や新たな契約先がなければ、本人の意思に関係なく仕事がなくなります。

 

まとめ

正社員と派遣社員では、雇用形態の違いから根本的な部分で違ってきます。

それゆえ、仕事の安定性・継続性や給与・待遇、責任感などのあらゆる面でメリットやデメリットがありますので、しっかりと把握して転職活動をしましょう。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。