雇用形態について学ぼう!「正社員」と「契約社員」の違いとは

雇用形態の基本として、「正社員」と「契約社員」の違いについて解説しています。給与体系や働き方、待遇などそれぞれの雇用形態によって変わります。これから転職を考えている人も会社に入る前にチェックしておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

会社には様々な雇用形態があります。

「正社員」をはじめ「契約社員」や「派遣社員」そして「アルバイト」や「パート」などですね。今回は様々な雇用形態の中から、「正社員」と「契約社員」の違いと特徴を紹介します。知ってそうで知らない「正社員」と「契約社員」の違い。

しっかり理解すれば転職活動もスムーズに運ぶかもしれません。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

基本的な雇用形態「正社員」とは

一般的に正社員とは企業に正規雇用で雇われた労働者を指します。最大の特徴は企業と労働者の間で期限を定めずに雇用契約が結ばれることです。昨今ではリストラの問題もありますが、基本的に労働者が望めば終身雇用となります。

また、年俸や月給など固定給で賃金の支払いがされるケースが多く、年功序列で勤務年数に比例して給与が増加する傾向にあります。

 

増加傾向にある雇用形態「契約社員」とは

契約社員は、正社員と異なり、常勤ではあるものの、企業と労働者の間で期限を定めた雇用契約を結ぶことを指します。企業によっては「期間社員」「有期間社員」「期間従業員」などと呼称する場合もあります。

契約期間終了後は再び契約を結ぶかの決定がなされます。本人が望んだとしても、契約が更新されないケースもあります。

給与の支払いは企業によって異なりますが、多くは月給制もしくは時給制となります。アルバイトと明確な区別はされていませんが、契約社員の場合、社会保険への加入や福利厚生の利用など、正社員には劣るものの、アルバイトに比べ待遇が優遇されています。

 

[PR] ITスキルを学習し、IT企業に転職できるサービスを無料で実施中

正社員の場合のメリット・デメリットを考える

正社員として雇用された場合の主なメリットは下記になります。

  • 給与が安定している
  • 長期の勤務が可能である
  • 福利厚生が充実している
  • 雇用保険と社会保険へ加入できる

安定した給与を得られ、長期に渡って勤務可能な安定性が正社員最大のメリットです。懲戒免職や懲戒解雇に該当する行為を行わなければ、会社が存続する限り勤務を希望することが可能です。

企業によっては賞与の支払いもありますし、年間の休日が定められているほか、年末年始や夏季休暇、出産や育児に関する休職や休暇制度を設けている企業も多く存在します。また正規雇用の場合、雇用保険と社会保険への加入が義務付けられています。

続いて正社員として雇用された場合の主なデメリットを紹介します。

  • 責任が重くなる
  • 仕事量が増える

契約社員に比べ、正社員は仕事一つ一つの責任が重くなってきます。

当然、仕事量も増えますので、場合によっては長時間の残業が発生するケースも考えられます。慣れない仕事や、苦手な職種の場合、精神を病んでしまうケースも多くありますので十分に注意する必要があります。

 

契約社員の場合のメリット・デメリットを考える

契約社員として雇用された場合の主なメリットは下記になります。

  • 条件面を変える事で出社日数をコントロールできる
  • 正社員登用や別の会社との契約を含め多様な働き方ができる
  • 将来の計画が立てやすい

企業によって異なりますが、1日8時間、週5日間の勤務が可能となるケースも多くあります。

また、契約社員から正社員への登用制度を設けている企業も多いため、未経験の職種へチャレンジする場合など、まずは契約社員として入社し、その業界が自分に合うのか、実際に働いて確かめてみるのも良いでしょう。

6か月から1年ほどの契約となるケースが多いため、将来的に引っ越しや留学を検討している方にとっても働きやすい雇用形態となっています。

続いて契約社員として雇用された場合の主なデメリットをご紹介します。

  • 安定性に欠ける
  • 昇給の幅が狭い
  • 格差を感じる

契約社員の最大のデメリットは安定性に欠ける点です。有期契約となりますので、契約期間終了後は継続して勤務できない可能性も大いに考えられます。また契約期間の更新を繰り返したとしても昇給の幅は狭く、手当などが付与されないケースも多くあります。

雇用期間や労働時間によっては雇用保険や社会保険に加入できない可能性もあります。

正社員と同じ仕事をしていたとしても、給与や賞与、各種手当、福利厚生には大きな違いがあり、正社員との格差を感じることも多いでしょう。

 

まとめ

今回は「正社員」と「契約社員」の違い。そして、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しました。企業で雇用されるのであれば、安定性や待遇などを考えた場合、正社員を目指すのが最善です。

しかし、未経験の業界や職種へチャレンジする場合など、契約期間の定められた契約社員として働いてみることは、非常に良い経験となります。

また将来的な転職活動や、留学、引っ越しなどを検討している場合も、契約期間の定められた契約社員はおすすめです。「正社員」と「契約社員」の違いをしっかり理解し転職活動に励みましょう。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。