エントリーシートをより魅力的に!企業選びの軸【グローバル編】

「英語を活かしたい」「大きな仕事がしたい」という方に人気のグローバル展企業。そんなグローバル企業への入社を目指す方に向けて、印象に残るエントリーシートを書くためのポイントをまとめました。ぜひ、参考にしてみてください 。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

エントリーシートは転職したい会社に自分をアピールできる大切な資料です。

今回はグローバルに働くことに魅力を感じる場合のエントリーシートの効果的な書き方を紹介します。ぜひ、転職活動の参考にしてみてくださいね。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

グローバルに働くことに共感して書くときに気をつけること

企業選びの軸とは、自分がどんなことに重点を置いているのかという一つの基準です。企業を選ぶ大切なポイントになり、志望動機の元になるとも考えられます。

企業選びの軸を考えるときには「自分の興味」「自分の価値観」「自分の能力」をヒントにして考えると、自分に合った会社選びがぐんと楽に。

企業選びの軸として「グローバルに働けること」に共感したエントリーシートを作りたいときは、具体性のあるアピールを書くことが大切です。

「グローバルに働きたい」や「グローバルに活躍したい」と書きたい気持ちも分かりますが、これでは具体的な中身がありません。

グローバルな職場でどのように活躍したいのか、グローバルな職場で活躍できるどのようなスキルを持っているのか、という部分までしっかりと掘り下げて考えてましょう。

 

また、グローバルな会社の中でも、実際に海外を飛び回って活躍できるのは上位の成績を発揮できている社員です。

そのような先輩に追いつくようにどのような努力をするのか、という点も採用担当者が知りたいポイント。

他にも、「グローバルな部署に配属されなかった場合はどうするのか」という疑問を持つ採用担当者も多いようなので、企業の業務内容についてはしっかりと確認しておきましょう。

このように「グローバル」という言葉に惑わされない、しっかりとした意志を記入することで、採用担当者の目にも止まりやすくなります。

 

エントリーシートの記入例

前職では海外の商社と取引するポジションを担当していました。
そのため、英語力には自信があります。
また、海外の商社とのやり取りのなかで〇〇という部分にとても魅力を感じるようになりました。
御社は海外にも拠点を持つ商社なので、前職のスキルを生かしながら物流に深く携わっていきたいと考えています。
まずは、物流の基礎をしっかりと習得して御社に貢献できるような人材として活躍したいと思います。

まずは前職でのスキルを今回の仕事でも生かせることをアピールしています。とくに、グローバルな職場では語学力を重視する場合もあるので、エントリーシートではこの部分をアピールできるといいでしょう。

 

また、なぜこの会社に興味を持ったのか、どのように活躍したいのかという部分はできるだけ具体的に。このときも、できればグローバルという言葉を何度も使用しないように心がけて自分の気持ちをまとめてみましょう。

さらに、「グローバルに活躍できない場合は他の会社でもいいのでは」と捉えられることがないように、志望する会社の職種に合わせた動機も取り入れることが大切です。

 

[PR] プログラミング勉強してIT企業にエンジニアとして転職

書き方のNG例

以前からグローバルな会社で働きたいと考えておりました。
御社は海外にも拠点を持つため、世界を舞台に活躍してみたいという想いから御社を希望しました。

このようなエントリーシートは採用担当者にいい印象を与えません。

まず、「グローバルな会社で働きたい」という動機が曖昧で採用担当者の印象に残らないからです。

もっと言えば、グローバルな会社は他にもあるため、わざわざうちの会社で採用する必要はない、とも捉えられてしまうかもしれません。もっと具体的に掘り下げた内容を記載するように心がけましょう。

大学で外国語を専攻していたため語学には自信があります。
いつかこのスキルを生かした職種で働けるようになりたいと考えておりました。
御社は多岐にわたるさまざまな事業を展開しており、
グローバルな視野を持っているところがとても魅力的だと感じました。
ぜひ、御社の一員となり私もグローバルに活躍できる人材になりたいです。

こちらの記入例もやはり採用担当者に他の会社でもいいのではないか、と思わせてしまう書き方です。「多岐にわたるさまざまな事業を展開しグローバルな視野を持っている」会社は他にもたくさんあり、この会社でなければならない理由になりません。

グローバルという言葉を用いてもいいのですが、この会社でなければならない理由をしっかりと伝えましょう。

また、これらに共通するものとして単に海外で働くことに憧れているだけと捉えられる内容はNG。なぜ、海外も視野に入れていて、結果としてどう貢献したいのかしっかりと詰めて書くようにしましょう。

 

まとめ

今回はグローバルに働けることに共感したエントリーシートを書くときに気をつけたいポイントを紹介しました。

グローバルな環境で働くことを転職の軸として考えている場合は、その会社でなければならない理由まで掘り下げて考えることが大切です。

グローバル展開している企業は増えているからこそ、その会社でなければならない理由をしっかりと伝えることで、印象に残るエントリーシートを書くことができます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

今後グローバルに働くことを考えているのなら、世界の市場と戦うチャンスのあるIT業界を目指すことも選択肢の一つ。IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。