【ビジネス職・技術職別】中途採用の第一歩!筆記試験の種類とその対策

転職活動における筆記試験の種類とその対策方法についてまとめています。新卒採用で受けた人も多いと思いますが、中途採用でも職種別に筆記試験があります。事前にしっかりと対策しておくことで採用にもつながるので、知っておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

近年の転職採用の選考には、「筆記試験」が実施されることも珍しくなくなってきました。

選考を突破するためにも、筆記試験対策は重要なものとなっています。そこで、ここでは転職・中途採用で実施される筆記試験について紹介していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

ビジネス職編(営業・マーケティング)での筆記試験と対策

ビジネス職で実施される筆記試験と対策は、次のようになります。

【適性検査】
適性検査の能力検査は、さほど難しくはありませんが慣れないと時間がかかってしまうことがあります。適性検査については対策の本が多数出ているのと、最近ではアプリもありますので活用して対策をしましょう。

また、性格検査ではウソをついていないかを検査する「ライスケール」という質問があります。

例えば、「一度も嘘をついたことがない」という質問ですが、誰でも小さなウソはついています。これに「YES」と回答すると検査全体を正直な回答ではないと判断され、不利となりますので注意です。

【一般常識試験】
基礎的な学力や時事問題が出題されます。適性検査と一緒になっていることもあり、問題集で対策が可能です。時事問題に関しては最新のニュースや大きな出来事を把握しておく必要があります。

【専門知識試験】
例えば、海外をターゲットとしている企業などでは、英語などの語学試験が実施されます。

前職で活用してきたのならば問題はありませんが、未経験職への転職で必要となっているのなら真剣に勉強しなければ難しいです。転職エージェントなどに相談して、出題傾向などを調査しましょう。

【オリジナル試験】
オリジナル試験ではその企業独自の問題が出題されるため、企業について十分な研究が必要になります。

例えば、「○○(企業の特徴や内容など)について説明してください」などの質問です。この試験も転職エージェントなどで傾向や出題予想などを調査し、対策をしましょう。

【小論文】
テーマはさまざまですが、営業職なら「顧客満足度について」など職種や企業についての論文を求められます。小論文は指定された時間と文字数でわかりやすく論理的にまとめなければならないので、事前に企業研究で理念や特徴、事業内容を把握しておきましょう。

 

技術職編(エンジニア・デザイナー)での筆記試験と対策

技術職で実施される筆記試験もビジネス職と基本は同じです。違いは専門的なところを問われるか否かという点であり対策は、次のようになります。

【適性試験】
ビジネス職と同様に問題集や転職サイト、アプリなどを利用して対策をしましょう。

【一般常識試験】
ビジネス職と同様に、問題集や新聞、ニュースなどで時事問題対策まで行いましょう。

【専門知識試験】
技術職での専門知識試験では、プログラミングや計算などについての出題がされます。

前職で習得している知識ならば回答可能ですが、未経験ですと難関と化します。転職エージェントに相談したり、技術書や問題集で真剣に勉強しましょう。また、これまでPCで記述していたコードを手書きで行わなければならないケースがあるため、基本や概念はおさらいしておきましょう、

【オリジナル試験】
企業についての内容が出題されることもありますが、その企業で働く上で必要な知識や技術を質問されます。「当社の○○システムについて」などが出題される可能性もありますので、企業研究と合わせて転職エージェントで調査・研究も行いましょう。

【小論文】
ビジネス職と同様にテーマはさまざまです。企業についての質問やプログラミング・ソリューションについての質問など企業研究が重要になってきます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

まとめ

中途採用での筆記試験は、基本の適性検査に加えて専門的な技術や知識についての試験を実施するケースも多くあります。

基本となる企業研究は十分に行い、把握しておくことが重要であり、専門的な知識は状況に合わせて点よくエージェントなどを活用して情報収集と対策を行いましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。