【ビジネス職・技術職別】原因を分析して次に活かそう!最終面接で落ちる人の特徴とは

転職活動における最終面接で落ちる人の特徴について解説しています。最終面接で見られているポイント、事前に対策しておくべきことを職種別に紹介しているので、これから最終面接を受ける人は、ぜひチェックしておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

面接を重ねていよいよ向かえた最終面接。

しかし、最終面接まで進んだからといって、全員が必ず採用されるとは限りません。

ここでは最終面接で落ちる原因や評価のポイント、準備や対策しておくべきことについて紹介します。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

最終面接で落ちる原因

最終面接まで進んだのは、社会人としての立ち居振る舞い、スキルや知識などが採用基準を満たしているからと考えて良いでしょう。

では、最終面接で落ちる原因とは一体何なのでしょうか。

 

社風に合わない

能力的には採用基準を満たしていても、社風に合わないと判断された場合があります。

例えば、顧客満足度を第一に考えている企業に対して、「とにかく売上第一で頑張りたい」とアピールしても社風と合わないため不合格と判断されることがあります。

また、最終面接で面接官を担当するのは役員や代表などその会社を作って来た人たちばかり。カルチャーには思い入れや理解がある人が対応する為、ここを外すとNGです。

 

雰囲気に圧倒される

最終面接は会社の上層部が面接官となることが多いため、雰囲気に圧倒され、必要以上に緊張してしまう場合があります。

質問の受け答えはもちろん、ドアの開閉など基本的な動作まで失敗してしまうケースもあり、社会人としてのマナーがなっていないと思われかねません。

緊張感のある中で一定のパフォーマンスを発揮できるかは今後の成長や成果のイメージに結びつきますので練習を重ねるなど、緊張を克服できるようにしましょう。

 

最終面接で評価されるポイント

最終面接は、企業の社長や役員といった経営にかかわる上層部と面接が行うことが多くなっています。

経営者としては、会社が長く成長し続けることを一番に考えていることから、最終面接では長期的に会社に貢献できる人物であるかどうかを評価しています。

そのためには、経営方針や企業理念に共鳴し、企業と同じ価値観を持っていうことを前提に、入社後にはどのような仕事へ挑戦したいのかなど長期的なビジョンを持っていることが大切です。

先を見据えたビジョンがしっかりしていることは、行き当たりばったりではなく、長期的に会社のことを考えて貢献してくれる人材であるといった評価につながります。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

最終面接の前に準備・対策しておくべきこと(ビジネス職・技術職別)

最終面接の前には次のようなポイントについて準備や対策をしておきましょう。

これまでの面接内容を元に受け答えに磨きをかける

これまでの面接において、面接官と話をする中で得た企業についての情報を元に、志望動機や入社後の希望など改めて見直しておきましょう。

場当たり的な回答をすると矛盾があると判断されてしまいます。先方にはこれまでの面接の記録が残っていますのでそこからブレないように考えを詰めていきましょう。

 

企業の価値観をしっかりと確認

最終面接では企業理念や経営方針などを元に、企業に対する理解度を確認されることが多くなります。

企業の価値観に沿った働き方を志していることをアピールできるように再確認しておきましょう。特に企業研究は念入りに。

可能であれば代表や役員の人柄や考えなども知っておきましょう。

 

まとめ

最終面接では、これまで進んできた面接とは違い、会社の経営に関わる社長や役員などの上層部が面接官になります。

スキルや知識だけでなく、経営者としての視点で、長期的に会社に貢献できる人材かどうかを見極めるための面接と考えるのがマスト。企業理念や経営方針を元に受け答えを磨き上げることが大切です。

また、雰囲気に圧倒されて、必要以上に緊張は禁物です。最終面接に挑む前には練習を重ねて万全な状態で臨めるように対策しましょう。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。