【ビジネス職・技術職別】「やりがい」を志望動機にする際の書き方

やりがいを志望動機に書こうと考えている人は多いでしょう。この記事では、ビジネス職・技術職別に志望動機の書き方を解説しています。良い例とNG例を紹介しているので、やりがいを伝えて評価してもらうためにぜひチェックしておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

企業に対して「なぜ志望したのか」という理由や、意気込みを示すための志望動機に「やりがい」を掲げる方は多いでしょう。

多いということは、他の志望者の中でも記憶に残る内容にする必要性がそれだけ高いということ。ここでは、採用担当者に効果的にアピールできる「やりがい」を軸とした志望動機の作り方を実例とともに見ていきます。

NG例も挙げて分かりやすくまとめましたので、参考にしてください。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

志望先企業と自分自身の「やりがい」の繋がりを具体的にアピールする

志望動機に「やりがい」を挙げる場合、ポイントとなるのは、どのようなことにやりがいを感じ、なぜその企業を選んだのかを具体的に伝えることです。

柱とするべき内容は3つあります。

1. どのようなことにやりがいを感じるかを「自分の経験」を背景として述べる

「やりがい」という汎用性が高い言葉に独自の具体性を持たせ、「その企業でなくてはならない」という説明に説得力を持たせます。前職や日常生活を通じて、やりがいを感じた経験を述べましょう。

 

2. 志望先企業ならではのやりがいポイントを挙げる

企業の理念や手掛ける事業を例に挙げ、それに対する共感や自分が思う「やりがい」とどのように繋がるのかを述べましょう。

企業のことを理解し「ぜひに!」という熱意を抱いていることが伝わります。志望先の企業の業績や理念について事前にしっかりと調べることが大切です。

 

3. 入社後に取り組みたいことやどのような貢献ができるかを述べる

入社後にどのように「やりがい」を実現し、どのような成果が上げられると感じているか将来のヴィジョンを述べましょう。

自主性や向上心、仕事への前向きな気持ちをアピールするのに役立ちます。

 

【志望動機例】ビジネス職編(営業・マーケティング)

前職の営業の仕事では、お客様から製品やサービスに対する感謝や喜びの声を直接うかがえるのが大きなやりがいと感じておりました。
貴社はカスタマーサービスが充実しているため、より細やかにお客様のご要望にお応えし、
満足していただける製品とサービスを提供できると考え志望いたしました。
お客様にいかに行き届いたサービスを提供できるかを日々考え、貴社の業績を支えたいと思います。

顧客の満足や感謝をやりがいとする考えは営業や販売職では一般的ですが、前職の経験をベースに実感として述べることで具体性を持たせた例です。

さらに志望先の企業が展開するサービスの特徴を挙げ、同業他社の中から志望する企業を選んだ理由付けをしています。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング(20代限定)

【志望動機例】技術職編(エンジニア・デザイナー)

前職でかかわったプロジェクトを通じて、地道な作業の積み重ねにより完成にたどり着いた瞬間の達成感を知り、
より独自性が高く技術や知識を要するプロジェクトにも関われる機会を持ちたいと考えました。

◯◯や△△など他社にはない独自の製品を数多く手掛けてこられた貴社で、
新しい知識やノウハウを積極的に吸収し、新たな商品開発の中心を担える人材となるべく力を尽くたいと考えております。

前職で感じたやりがいを軸に、志望先企業の業績を挙げて、より困難な挑戦をしたいという動機を述べています。

同時に、目標を達成するために自ら学び進歩しようとする気持ちもアピールする例です。

 

NGな表現

「やりがい」を志望動機とする際は、どの企業でも当てはまる曖昧なアピールにならないように注意しなければなりません。

極端な例ですが、「大企業なので、やりがいがあると思い志望しました」ではいけないのです。

自分はどのようなことにやりがいを感じるのか、それは志望先の企業に当てはめるとどのような点になるのかをできるだけ具体的に示しましょう。

前職での経験や、日常生活での実感など「やりがい」を見いだすまでの独自の背景も必要不可欠です。

 

努力や向上心も併せてアピール

「やりがい」を求めて転職するとなると、派手な仕事だけをやりたいタイプだと判断される危険があります。「◯◯の業務に従事したい」、「◯◯をやりとげたい」とだけアピールするのは避けた方がいいでしょう。

目的を達するための地道なステップアップや、そのための努力を惜しまない点を併せて述べるようにすると、より熱意が伝わる志望動機になります。

 

まとめ

「やりがい」は仕事を選ぶ上で多くの人が求める、いわば「当たり前」の志望動機です。独自性を持たせて効果的なアピールに格上げするためには、まず、個人の経験をベースに「やりがい」を感じる点を説明する必要があります。

そして、もっとも大切なのは自分が思う「やりがい」と志望先の企業との繋がりをハッキリと説明すること。企業の理念や特徴を軸に、どのような成果を求め、どのように取り組むのかを伝えましょう。

「この企業でなければならない」という気持ちと仕事への意欲が伝わる志望動機にすることが重要です。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。