ゲームが簡単に作れる!Unityのインストール方法(AssetStoreの説明つき)

ソーシャルゲームの開発にもよく使われている、統合開発環境の「Unity(ユニティ)」のインストール方法を紹介する記事です。ゲーム素材が共有・販売されている「AssetStore」から素材をダウンロードする方法も一緒に解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

ソーシャルゲームなどの開発にもよく使われている「Unity」という統合開発環境を知っていますでしょうか?

無料でもインストールできるので、これから使ってみたいという方も多いと思います。

 

そこで今回は、初心者の方向けにUnityのインストール方法、ゲーム素材が共有・販売されている「」から素材をダウンロードする方法を紹介します。

なお、本記事はTechAcademyのUnity入門オンライン講座の内容をもとにしています。

 

Unityとは

Unityとは、Unity Technologies社が開発した統合開発環境です。3Dエンジンとビジュアルベースのエディタがあり、直感的な開発が可能な統合開発環境です。2013年7月にはユーザー数が全世界で200万人を突破するなど、多くの人に使われています。

 

iOSアプリ、Androidアプリなどのスマートフォンアプリから、Xbox、プレイステーションなどにも対応したマルチプラットフォームでもあります。

日本でもソーシャルゲームをはじめ、多くのゲーム開発に使われています。Unityが使われたゲームはゲームリストのページから確認することもできます。

 

UnityのBasic版は無料でインストール可能ですが、Pro版は1ライセンスにつき157,500円かかります。

 

 

Unityのインストール

ここからは実際にインストールの手順を説明します。

 

まずは、Unityのインストールページにアクセスします。

unityインストール

サイト上にも記載されていますが、Windowsの場合は、Windows XP SP2以降のWindows、Macの場合はMac OS X Intel CPUおよび10.6 以降のMac OSが必要になります。

エラーが出てインストールできないことがあれば、OSも確認しておきましょう。

 

「Download Unity」のボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了したら、インストーラーを実行してインストールを完了させます。

 

インストールが完了すると、Windowsはスタートメニュー、Macはアプリケーションの中にUnityが追加されるので、まずは起動します。

起動するとライセンスを選択する画面になりますので、今回は「free version」を選択します。なお、Pro版を30日試すことも可能です。

free

 

次に、ログインする画面が表示されます。まだアカウントを持っていない場合は「Create Account」からアカウントを作成してください。

ログイン

 

「Create Account」をクリックすると、このような画面が表示されます。

アカウント作成

 

ログインが完了すると、「Start using Unity」というボタンが表示されるので、ここをクリックするとUnityが使えるようになります。

スタート

 

Unityがこのように表示されたらインストール完了です。

unity_top

特に難しい操作はないので簡単ですね。

 

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

AssetStoreから素材をダウンロード

Unityには、Unityで使用できる画像や3Dモデルの素材やプラグインなどが購入できる「AssetStore」というものがあります。

有料のものが多いですが、無料で使える素材もあるので、ダウンロード方法を説明します。

 

まずは、メニューの「Window」から「AssetStore」をクリックします。

AssetStoreを開く

 

するとこのような画面が開きます。

Categoriesには、3Dモデル、効果音やBGMに使える「Audio」、スクリプトの開発効率を上げるプラグインの「Scripting」などがあります。
AssetStore

 

今回は、飛行機の3Dモデル素材である「F16a Fighter Jet」をダウンロードします。

右上にある検索ボックスで「F16a」と入力して検索してみます。

F16a Fighter Jet

F16a Fighter Jetのページが開くので、そのまま「Download」のボタンをクリックします。

 

するとこのような画面が表示されるので、「Import」ボタンをクリックします。

F16a Fighter Jetインポート

 

インポートが完了すると、Assetsに表示され、使うことができるようになりました。

ダウンロード完了

 

今回はかなり初歩的な内容ですが、うまくできましたでしょうか?

ぜひUnityをさらに使いこなしてみてください。

ゲーム開発のプロがおすすめするUnityの入門書を紹介した記事もあるので、あわせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。