【ケース毎に解説!】女性がキャリアアップを成功させる方法とは

女性がキャリアアップを成功させるために知っておきたいポイントをまとめています。現職でのキャリアアップや転職することでのキャリアアップなど、キャリアアップに必要な資格やスキルなどを職種毎に紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

キャリアアップを成功させたいと考える女性は多いですが、漠然とした考えではなかなか成功を掴み取ることは難しいものです。

ここでは女性がキャリアアップを成功させるために、現職で昇格したい、転職でキャリアアップを目指すといったケースごとのポイントや、取得しておきたい資格について紹介していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyのカリキュラムや転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

必要な資格を見直そう

キャリアアップを成功させるために、まずは今まで身につけてきたスキルや強みなど、自己分析してみましょう。

どのようにキャリアアップしたいのか、自分なりの将来設計を明確にしておくことが大切です。その上で資格が必要だと感じる場合は、資格取得に挑戦する価値があるといえます。

ただ漠然と目的意識が曖昧な状態で資格取得を目指すと、資格を取得することが目的となってしまうケースも少なくありません。キャリアアップという本来の目的を果たすためにも、自己分析で自分を知ることが大切となります。

 

例えば、経理や人事部門の場合は、簿記2級以上、社会保険労務士など、システムエンジニアなどのIT関連の職種では、情報処理技術者など、金融業界を目指すならファイナンシャルプランナーなど、職種のニーズに合った資格を取得することができればキャリアアップにつながることも少なくありません。

女性の転職に有利な資格について詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

現職で昇格する場合

現職で昇格したいと考えた場合、まずは自分の状態を客観的に整理してみましょう。

仕事だけでなくプライベートも含め、「自分がどんなキャリアを目指したいのか」「キャリアアップを実現するためには何をすべきか」を考えることで、昇格するための道が見えてくることがあります。

女性の場合、結婚や出産をきっかけに、家庭と仕事の両立が難しく仕事を諦めていた方が多いのが現状。

男女を比較した場合においても女性の管理職が少ない傾向にあります。そのため、お手本となるロールモデルがおらず、昇格するための働き方が分からないという方も少なくありません。

男性管理職も含め、周囲のさまざまな方からお手本となる部分を見つけながら、独自のスタイルを編み出していくことが大切です。

例えば、男性管理職から、カリスマ性やリーダーシップをお手本とし、そこに女性ならではの「気遣い」を付け加えることで、フォロー型のマネジメントスタイルを目指してみるのもおすすめです。

 

2016年に施行された「女性の職業生活における推進に関する法律(女性活躍推進法)」により、社会的にも女性が昇格しやすい環境整備が進みつつあります。

女性活躍推進法の基本原則では、「男女の職場と家庭の両立を図りやすくするための環境整備」「女性が職業生活と家庭生活との両立するために、本人の意思を尊重する」といった内容が明記されています。

男性も含めワークライフバランスの見直しや、女性の意思に基づいた働き方ができるような幅広い取り組みが求められています。

女性が昇格するのが難しい現状であっても、今後、環境が整うことで女性の管理職が当たり前になるかもしれません。自らがローモデルとなるような管理職を目指すのも一つの目標となるのではないでしょうか。

 

[PR]女性でも安心して始められるプログラミングスクール

転職によってキャリアアップする場合

「今の仕事に不安がある」、「もっと幅広い仕事をしてみたい」と考える方は、転職によってキャリアアップしていくという選択肢もあります。環境を変えることは自分の可能性を広げるきっかけにもなります。

キャリアアップするための転職をするための第一歩として、自分がどんな仕事をしていきたいのかを考えてみましょう。今までの仕事と同じ業種で職場環境だけを変えたいのか、得意分野をさらに追求してスペシャリストを目指したいのか。

または、自分の好きな分野に新しく挑戦するのか。まずは自己分析して、自分は何が好きなのか、得意分野は何なのか認識することが大切です。

 

そのためには、実現できる、できないは別として、まずは何をやりたいのかリストアップすることをおすすめします。リストアップした内容を実現するための情報収集を行うことで、本当にその仕事をしたいのか、できそうなのかを判断する材料にもなります。

キャリアアップをするために転職をするケースは珍しくありません。

しかし、漠然とした考えだけで転職をするのはリスクを伴います。転職回数が多くなればなるほど、次からの転職活動が厳しくなるのが現状。特に、条件の良い仕事はそれだけ応募者も多いため、転職回数が多いことで選考対象から外す企業があるのも現実です。

転職によるキャリアアップを成功させるためにも、再度転職を繰り返すことがないように、将来を見据えた自己分析を行うことが大切です。

 

まとめ

キャリアアップをするためには、自分が目指すべき方向性を自己分析することが成功へのカギとなります。

自分の方向性を把握することで、キャリアアップに有利になる資格を取得したり、転職をして職場の環境や職種を変えるなど、次なる行動をとることができます。また、現在の職場で昇格を目指す場合においても、昇格するために自分自身の状態を整理することが大切。

性別関係なく周囲の人々からお手本となる部分を見つけながら、女性らしさを忘れずに自分らしいスタイルでキャリアアップの成功を目指しましょう。

 

また、TechAcademyでは、女性向けにプログラミングを学び、無料で転職支援も受けられるオンラインブートキャンプを開催しています。

時間や場所にとらわれず働きたいと考えている女性はぜひご覧ください。