専門職に挑戦してみよう!女性向けの「手に職系」の仕事を得るために

女性向けに手に職をつけられる仕事をするための資格とその資格が実際に役立つ業務シーンについて解説しています。女性は結婚や出産などのタイミングで仕事が変わる人も多く手に職をつけたい人は多いはず。どんな資格を取れば良いのかぜひ知っておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

子育てしながら働く女性が多くなってきてはいますが、なかなか思うような環境で働けない、一度退職してしまうと再就職が大変など、働く女性の悩みは尽きません。

困難な場面に直面した時「手に職があれば」と資格取得を考える女性は多いのでは。

今回は、女性がIT専門職として働くのに有利となる資格を紹介していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyのカリキュラムや転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

ITパスポート

ITパスポートは情報処理の促進改革の中で創設された国家資格の1つで、2009年に廃止された初級システムアドミニストレータ試験に代わる資格として、人気も知名度も高い資格です。

ITパスポートは基礎的なIT知識を広く学ぶことができ、業務に効果的にITを利用、活用できるIT力が身に付きます。仕事だけでなく日常生活にも役立つ資格です。

具体的にはマーケティングや財務、法務、経営戦略といった経営全般に関わる知識から、ネットワークやセキュリティなどの知識、プロジェクトマネジメントの知識などの総合的で理論的な知識が問われる資格です。

 

ITパスポートが役立つ職種

  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • 技術営業・システム営業

ITパスポートはシステムエンジニアやプログラマなどの技術職に役立つだけでなく、IT業界で働く全ての人に役立つ資格です。IT関連の仕事を続けていこうと考えている女性であれば、取得を考えて損になることは決してない資格です。

営業や企画での幅広い知識を持っていることで企画力が上がったり、営業トークに説得力が出たりと仕事に有利に働きます。

IT業界以外でも、パソコンやシステムの知識があるとして、採用の際の判断材料として見る企業も多くあります。女性の多くが活躍する事務職を目指す人にも、この資格を持っておくとITへの知識があると見なされるのでおすすめです。

 

Webクリエイター能力認定試験

株式会社サーティファイ主催の民間資格試験です。Webサイトを作成する際に必要となるファイルコーディング能力や、基本的なデザイン能力が試される試験です。受験資格は特に設定されておらず、経験の有無を問いません。

試験内容は実務的な内容が多く問われているため、勉強をしていく過程で得た知識が業務に直接役立つ点がこの資格の最大の魅力です。

この試験は、Webデザイン関連資格の中でも比較的取得容易な試験ですので、初めての資格試験として選択するのにおすすめです。

 

Webクリエイター能力認定試験が約立つ職種

  • Webデザイナー
  • Webディレクター

ホームページを作るだけの仕事は少なくなりつつありますが、Webサイトを使ったビジネスであるEコマースの市場規模は拡大する可能性が高いと言われています。

女性をターゲットにしたWebサイト制作では、女性の視点や感性が求められるため、女性のWebデザイナーやディレクターが重宝されることもあるようです。また、Webデザイン関連会社や一般企業のWeb関連部門への就職、収入アップの可能性にも期待ができます。

上記の職種を目指す、もしくは従事して資格獲得を目指す人には、Webクリエイター能力認定試験HTML5プロフェッショナル認定資格、Webデザイン技能検定、アドビ認定エキスパート(ACE)といった資格もあります。

難易度や企業側が求める知識が獲得できるのかをよく調べて資格取得に挑戦してみてください。

 

[PR]女性でも安心して始められるプログラミングスクール

Linux技術者認定試験

NPO法人のLinux技術者認定機関LPIが実施している試験です。

世界最大規模で国内外でIT機器のOSとして広く使用されているLinuxの技術者認定資格になります。この資格を保持することで、Linuxへの知識と技術がある一定以上であることを証明できます。就職や転職、社内での昇進などに有利とされています。

試験はレベル別にわかれていますので、女性でも挑戦しやすい資格です。

 

Linux技術者認定試験が役立つ職種

  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア

Linux技術者認定試験はアクセス制御やセキュリティなどの知識が問われますので、上記のような職種に役立ちます。資格を取得することで、国内に多くあるLinuxをOSとして利用している企業への転職や就職に有利に働きます。

国内のみならず国際的に有名な資格なので、海外を視野に入れている人にもおすすめの資格です。

資格を取得することで、スキルアップにもキャリアアップにも活かせます。Linux技術者認定試験のほかにはネットワーク技術者試験、シスコ技術者認定といった資格試験があります。

 

マイクロソフト認定テクノロジーアソシエイト(MTA)

マイクロソフト認定 テクノロジー アソシエイト(MTA)は、マイクロソフト製品のソリューションやテクノロジーを広く扱う試験であることから、IT技術者にとっては身近な資格の1つです。

ソフトを開発しているマイクロソフトから証明される唯一の国際資格なので、世界中どこでも有効です。

MTA認定試験はマイクロソフト系試験の中でもっとも入門的な資格です。

この試験では、広範囲のテクノロジーの基本的概念を扱い、その中からコアとなる技術や知識を評価するといった内容です。

MTA認定試験の上に、マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト(MCSA)、マイクロソフト認定ソリューション エキスパート(MCSE)、マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)等が存在します。従事する業務内容に応じて、どの試験を受けるか決めると良いでしょう。

 

マイクロソフト認定テクノロジーアソシエイト(MTA)が役立つ職種

  • システムエンジニア
  • プログラマ

IT分野に従事している女性で、これからキャリアを積んでいこうと考えている人の第一歩となる知識や技術が身に付きます。

OS、データベース、ソフトウェア開発など情報技術分野の基礎知識が身に付きますので、上記の職種だけでなく、多くの女性が従事しPCを扱う事務職や一般職でも持っておくと有利な資格です。

 

まとめ

IT専門職として働こうと考える女性におすすめの資格を紹介してきました。

比較的認知度が高く取得しやすいものを挙げ、関連性の高い資格もいくつか紹介しています。

現在のキャリアや職場環境、今後のビジョンなどをふまえて自分にあった資格試験にチャレンジしてみてください。

 

TechAcademyでは、女性向けにプログラミングを学び、無料で転職支援も受けられるオンラインブートキャンプを開催しています。

時間や場所にとらわれず働きたいと考えている女性はぜひご覧ください。