JavaScriptでdocumentオブジェクトを使う方法【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでdocumentオブジェクトの使い方について解説しています。documentを使うサンプルとしてCookieを取得・保存する方法を実際に書きながら紹介しているので、参考にしながら覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptの使い方を初心者向けに紹介した記事です。

今回は、JavaScriptでdocumentを使う方法について解説します。

また、入門向けにJavaScriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。

 

documentとは

「document」は、documentオブジェクトと呼ばれ、Chrome等のブラウザ上で表示されたドキュメントを操作する事ができます。

ここで言うオブジェクトとは、プログラミング言語で操作ができるデータを意味します。

今回説明する、documentオブジェクトは非常に多くのプロパティやメソッドを持っています。

ここでのプロパティは値を意味します。そして、メソッドは処理を意味します。

 

Cookie(クッキー)を保存・取得するdocumentオブジェクトの例

Cookie(クッキー)とは、現在ご利用中のパソコンやスマートフォン(iPhoneやAndroid)端末のブラウザ(Chrome等)に保存されるデータのことです。

Cookie(クッキー)に保存することで、便利になる機能としてログインフォームにニックネームやメールアドレスを記入する時に、毎回記入する必要がなくなります。

一度ニックネームやメールアドレスを入力すると、Cookie(クッキー)がご利用中の端末のブラウザに保存されます。

そして、次回同じ会員制サイトにアクセスした際、前回入力したハンドル名やメールアドレスが取得され自動的にログインフォームへ表示してくれます。

これがCookie(クッキー)の保存と取得の例になります。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

Cookie(クッキー)を保存・取得するdocumentオブジェクトの動作例

こちらはテックアカデミーの受講生ログインページです。

通常は赤枠部分に受講生がログインするためのメールアドレスを入力します。

しかし、一度ログインすれば、次回以降は自動的にメールアドレスが表示されます。

Cookie(クッキー)を保存・取得するdocumentオブジェクトの動作例になります。

なお、保存・取得されるCookie(クッキー)はあくまでご利用中のパソコンやスマートフォン(iPhoneやAndroid)端末のブラウザ(Chrome等)に保存されます。

そのため、端末であってもブラウザをChromeからSafariやInternetExplorerに変更して、同じ会員制サイトにアクセスしても、以前アクセスした時のメールアドレス当情報は取得されません。

なぜなら、保存先は、同じ端末のChromeの中にあるためです。

 

Cookie(クッキー)を保存・取得するdocumentオブジェクトの実装例

Cookie(クッキー)のdocumentオブジェクトの使用方法

Cookie(クッキー)を保存・取得するdocumentオブジェクトは

document.cookie

の文法で利用することができます。

 

Cookie(クッキー)を保存する

Cookie(クッキー)を保存する場合は、

Cookie(クッキー)名=値; expires=有効期限; domain=ドメイン名; path=パス; secure

の形式で記載します。最初のCookie(クッキー)名=値;のみが必須項目になります。

つまり、Cookie(クッキー)名をemail、値をtechacademy@techacademy.jpとする場合は、

document.cookie = "email=techacademy@techacademy.jp";

とJavaScriptに記載します。

 

Cookie(クッキー)を取得する

同様に

document.cookie

と記載するだけでCookie(クッキー)が取得できます。

実際のコードJavaScript

document.cookie = "email=techacademy@techacademy.jp";
document.write('Cookie(クッキー)名の中身は' + document.cookie+ 'ですね')

実行後の画面

こちらで実際のJavaScriptプログラムを見ながら動作確認ができます。

 

documentオブジェクトの種類

documentオブジェクトには非常に多くの種類があります。

今回は、よく使われるCookie(クッキー)プロパティを例に説明しました。

他のdocumentオブジェクトについてはこちらでも解説してあります。

 

以上、documentオブジェクトの使い方について解説しました。

Cookieは、目には見えないですが、重要な情報になるので、扱い方を覚えておくと実際の現場でも役に立つはずです。

また、TechAcademyでは最短4週間でフロントエンドの技術が身につくフロントエンドオンラインブートキャンプを開催しています。JavaScriptを使ってリッチなWebサービスを作りたい方はぜひご覧ください。