【例文あり】好印象を与える!年末年始の挨拶メールの書き方

年末年始の挨拶はメールだとしても重要なもの。メールで書くからこそ、しっかりとした文章で送り、その年の締めくくりと新年のお付き合いを円滑に進めるものにしたいところです。そんな、年末年始の挨拶を例文付きで紹介。書き方の参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

年末年始の関係先への挨拶をメールで済ませることも増えています。

ここでは、受け手に好印象を与えるための、ビジネスメールにおける年末年始の挨拶のルールと例文をまとめました。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

年末年始の挨拶の場合の注意点

年末年始の挨拶をメールで送る場合の注意点をまとめます。

まず、年末・年始どちらのメールにも共通する注意点は2つです。

  • 時節の挨拶を書く

次節の挨拶は必ず書きます。とはいえ、「師走の候~」などと格式張ったことを書く必要はありません。「今年もあとわずかとなりましたが~」など、時季を感じさせる挨拶なら問題ありません。

  • できるだけ個人名で送る

宛先はできるだけ1人にし、「○○様」と宛名を入れましょう。宛名を「お取引先様各位」などとして一斉送信する方法もありますが、事務的な印象になってしまいます。

次に、年末の挨拶を書く場合の注意点は3つです。

  • 今年の感謝の気持ちを書く

1年間お世話になったことに対する感謝の気持ちを内容に含めます。

  • 年末年始の休業期間を書く

文面には年末年始の休業期間を案内する内容を含めます。

  • 来年のお付き合いをお願いする言葉で結ぶ

メールの最後に「よいお年をお迎えください」と添え、来年のお付き合いをお願いする言葉で結びます。

年始の挨拶メールは、送るタイミングが大切です。

  • 松の内に送る

新年のメールは松の内である1月7日までを目安に送りましょう。営業開始日以前のメールでは営業開始日の案内も行います。

 

例文・テンプレート

年末の挨拶メール

件名:年末のご挨拶

株式会社○○ ○○部
○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の○○です。

今年も残すところわずかとなりましたが、
貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
○○の折には◯◯様のお力添えのおかげでつつがなく業務を進めることができ、
心より感謝しております。
来年はより一層お役に立てるよう励む所存ですので、
引き続きご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

なお、弊社は年内12月○日(曜日)まで通常通り営業いたします。
新年は○月○日(曜日)より通常営業を開始いたします。

以上、メールで恐縮ではございますが、年末のご挨拶とさせていただきます。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

新年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

年始の挨拶メール

件名:年始のご挨拶

○○株式会社 ○○部
○○様

謹賀新年

株式会社○○の○○です。

旧年中はいろいろとお世話になり、まことにありがとうございました。

本年は昨年以上に○○株式会社のお役に立てるよう最大限の努力をする所存ですので、
変わらずお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
また、今年は昨年以上にご満足いただけるサービスをご提供していく所存ですので、
変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

なお、弊社は1月○日(曜日)より平常通りの営業を開始いたします。
何かありましたら、私○○まで遠慮なくご連絡下さい。
メールにて恐縮ですが、貴社益々のご発展をお祈り申し上げ、
新年のご挨拶とさせていただきます。

平成○○元日

 

[PR] 今ビジネスパーソンにプログラミングが注目される理由とは

書き方のNG例

ビジネスメールで正しい言葉使いをするのは当たり前のことですが、特に年始のメールでは、使い方を誤りがちな言葉があります。

「常識がない」、「失礼」という印象を与えないために、次の2点のNGは最低限覚えておくべきです。

 

(1)「元旦」の使い方

新年の挨拶に使われる「元旦」という言葉は、1月1日の日の出までを指します。

そのため、1月1日であっても日中~夜に送るメールに「元旦」と記すのは誤りです。「元日」という言葉を選びましょう。

 

(2)目上の方に2文字の賀詞はNG

新年を言祝ぐ賀詞の中でも、「迎春」「賀正」といった2文字の賀詞は目上から目下に向けて使われる言葉。

取引先や上司に送るメールに記すのはNGです。「謹賀新年」「恭賀新年」などを選ぶか、「謹んで新春のお慶びを申し上げます」などと記しましょう。

 

まとめ

仕事関係者に送る時候のメールの中でも、大きな節目の挨拶として重要な役割を果たすのが年末年始の挨拶メールです。事務的になりすぎず、1年間の感謝や新たな年のお付き合いを願う気持ちを込めることが大切です。

また、年末年始の営業日を伝達する意味もあるため忘れずに記載しましょう。関係先からの印象を悪くしないために、日本語の慣習をきちんと理解して、非常識であったり失礼にあたったりすることがないようにしたいものです。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。