相手方の状況を考えよう!営業電話でより適切な時間・避けたほうがよい時間

営業電話をかける時間。アポイントを獲得するために、様々な方法でアプローチを検討し、効果的にしたいはずです。しかし、いつ電話すること適切なのかその判断は難しいもの。そんな、営業電話をかけるべき時間とその根拠を解説。ぜひ、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

ビジネスマナーとして押えておきたいもののひとつに「営業電話の時間帯」があります。電話で営業するときにはさまざまなノウハウが必要ですが、適切な時間を選ぶことは大前提。

そこで、ここでは適切な時間と避けるべき時間を紹介しますので、必ず覚えておきましょう。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

効果的な時間

営業電話に必要なのは「タイミング」です。営業先の企業や個人の都合や状況にあわせた時間を選ばなければ電話に出てもらうことすら叶わないこともありますし、マナーを守らない人として印象を悪くする恐れもあります。

【始業時間から少し時間を空けて電話をする】
会社や個人が1番忙しいのは始業開始直後です。メールの確認や連絡、朝礼などで何かと時間に追われているときですので、営業電話をかけてもアポが取れないことが多いです。したがって、営業電話は始業時間から30分~60分程度ずらして行うように心がけます。

【営業電話は午前中がベスト】
午前中が営業電話のベストな時間といえるのは、相手方の予定が確定していないケースが多いからです。午後になってしまうと、打ち合わせ等で外出してしまう可能性が高くなり、アポを取れる可能性が下がってしまう恐れがあります。すぐに訪問できる意思も伝えられますし、フットワークの軽さをアピールできて他と差をつけることができます。

 

避けるべき時間

逆に、マナーとして営業電話を避けるべき時間というものもあります。営業電話はただでさえ嫌がる企業や担当者もいるくらいですので、嫌がる時間帯にかけてしまっては取り合ってもらえません。避けるべき時間帯をしっかりと把握しておきましょう。

【昼休みなどの休憩時間】
昼休みなどの休憩時間は、相手方をもっとも捕まえやすい時間ともいえます。それゆえに昼休み等に営業電話をかける人もいますが、かけられる立場となって考えてみれば逆効果であることが分かると思います。休憩時間に営業電話をかけるのは控えましょう。

【始業直後や遅い時間帯】
始業直後は忙しいという理由でNGといえますが、遅い時間や終業後なども避けるべき時間帯です。終業後は仕事を終えている時間あるいは残業で残った仕事の追い込みをかけている時間でもありますので、営業電話をかけても取り合ってもらえないでしょうし、失礼に当たります。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

業界によって適切な時間帯が前後

細かくはなってしまいますが、営業電話をするときに注意したいことのひとつに「業界によって適切な時間帯が存在する」という点が挙げられます。会社あるいは個人によって始業時間が異なるように、業界によっても始業時間に違いが生じる場合もありますので、相手の業界の始業時間についてもおおよその調査をしておく必要があります。

営業先の会社のコーポレートサイト等での何らかの情報で始業時間が分かれば良いですが、例えば同業界に近い場合は、自身の会社に電話が掛かり始める時間帯を参考にするのが1番分かりやすいでしょう。

 

まとめ

営業電話で1番重要なのは、会社や相手方の都合に合わせた「タイミング」で連絡を取るということです。適切な時間と避けるべき時間を知っておかなければ、アポが取れる可能性を低くし、先方に良くない印象を与えかねません。しっかりと時間を確認してマナーを守った営業電話を心がけましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。