連携を重視して仕事を円滑にしよう:社内営業について学べる本5選

意外に正しい意味と効果を知らない社内営業。間違った認識ややり方で単なるゴマスリになってしまい、不評や不快を与えるような逆効果になってしまうことも。そんな社内営業のノウハウが詰まった本を紹介。一つ手にとって今後の糧にしてみるのも良いでしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事を円滑に進める上で大切なのは人間関係。社内において自分を売り込むことは仕事を円滑に進めるためはもちろん、やりたい仕事や理想のポジションを手に入れるためにも大切です。

ここでは社内で自分を売り込むために、いわゆる「社内営業」について学べる本5選を紹介していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

社内営業の教科書

仕事やキャリアにおいて大切なのは、「いざという時に力になってくれる人をどれだけ持てるか」であるとし、そのために必要な戦略とアクションを「社内営業の教科書」としてまとめた一冊。社内営業の基本として、職場の上司や同僚、部下を味方につけて、仕事を円滑に進め、理想の仕事やポジションを手に入れる方法を教えてくれる本です。社内営業の必要性や、その具体的な方法として、味方を作る習慣やお願いをする方法、キーマンの口説き方など、誰でもすぐ実践できそうな方法を紹介しています。

「伝説のトップセールスマン」と呼ばれる著者が大切にしている「働き方」について、自らが実践してきた独自の社内営業メソッドを学ぶことができます。

「社内営業の教科書」
著者:高城幸司
出版:東洋経済新報社
発行:2017年5月26日
定価:1,620円

 

社内政治マニュアル

世界のトップエリートでさえも苦労する「社内政治」の攻略法について解説されています。社内にいるさまざまなタイプの人間の中で、上司や同僚と上手く付き合っていくためにはどうすればよいのか?という疑問に答えてくれる本です。悪影響を受けそうな上司や同僚をある程度パターン化し、その対処法についてまとめられています。

キャリアの目標を達成したり、仕事を円滑に進めるためには社内政治に参加し、良い結果をもたらしそうな同僚と上手く人間関係を気づくことが大切。職場で上手く渡り歩くための駆け引き術について、ハーバード・ビジネス・レビューの編集者が紹介している一冊です。

「ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル」
著者:カレン・ディロン
出版:ダイヤモンド社
発行:2017年8月31日
定価:1,728円

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

入社1年目で頭角を現す人、沈む人

入社後からすぐに戦力として頭角を現す人、その他大勢に沈んでしまう人、最初は、ほんの1ミリの差でしかない。組織社会の中にある誰も教えてくれない暗黙の出世ルールとは?当たり前のことを当たり前にこなすことの大切さを再認識したい方におすすめです。

「見た目」「考え方」「コミュニケーション」など、「組織の中で生きる」ことに対しての考え方を分かりやすく解説しています。企業向けのセミナーで有名なSMBCコンサルティングで、数多くのセミナーをプロデュースしてきた著者による、社会人として押さえるべきビジネスの大事なことを学べる一冊です。

「入社1年目で頭角を現す人、沈む人」
著者:山口 伸一
出版:ぱる出版
発行:2015年1月25日
定価:1,512円

 

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

ザ・ボディショップやスターバックスのCEOを努めてきた著者による、リーダーが「引き上げたい」と思う部下になるための方法が紹介されています。上司となかなか合わない、上司への「報・連・相」が上手くできない、上司をコントロールして仕事を円滑に進めたいなど、上司と上手く関係を築きたいと悩んでいる方におすすめです。上司だった経験と部下だった経験の両方を持ち合わせている著者ならではの、説得力のあるメッセージが詰まっている一冊です。

「「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方」
著者:岩田松雄
出版:サンマーク出版
発行:2013年5月29日
定価:1,512円

 

入社1年目から使える「評価される」技術

努力して成果を上げてもそれを周りが「評価」してくれなければ意味がありません。組織内において「評価」とは何か?周りから「評価」される人間になるためにはどうしたらよいのか?など、具体的な例をもとに、その原理原則やさまざまなコミュニケーション問題まで分かりやすく解説しています。

著者である横山信治さんは、その経歴からこれまで2万人以上ものビジネスパーソンと接し、3,000人以上の採用面接に立ち会ってきた方です。採用する立場から、上司として部下を査定する立場から、「評価する」側として関わってきた著者が教える「評価される」技術を学べる一冊です。

「入社1年目から使える「評価される」技術」
著者:横山 信治
出版:かんき出版
発行:2012年11月19日
定価:1,404円

 

まとめ

やりがいのある仕事やポジションを手に入れるためには、自分自身を磨き、周りから評価されるテクニックを身につけていくことが大切です。そのためには、ここで紹介した本などを読み、自分で勉強していく努力を重ねることが結果につながっていきます。さまざまなビジネス書を読み込んで、理想に近づけるように実践していくことが大切です。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。