【例文あり】敬語で言いたいときはどうする?「知っている」の場合

確認に対して、既知の事柄があるケースは当然あるでしょう。そんな「知っている」と伝えたい際の敬語を正しく理解していくことは重要です。敬語表現の中でも間違いやすい尊敬語と謙譲語で「知っている」を言い換える言葉を紹介。ぜひ、参考にしみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

ビジネス上のやりとりで正しく敬語を使うことができないと、いい加減な印象を与えてしまったり、非常に失礼になってしまう可能性があります。ここでは、使用頻度が高く誤って使うケースも多い「知っている」の敬語表現について、用例やNG例をまとめました。

 

「知っている」を敬語で言うと

「知っている」を丁寧語にすると、「ます」がついて「知っています」となります。
しかし、尊敬語と謙譲語については、単純に「お知りである」、「知り申し上げる」とはなりません。

尊敬語は「ご存じである」

知るの尊敬語は「ご存じ(ご存知)」です。「知っている」の尊敬語は「ご存じである」となります。「知る」に「いる」の尊敬語「いらっしゃる」をつけた「知っていらっしゃる」もありますが、あまりスマートな言い回しではありません。一般的には「ご存じ」が使われます。

頭に「お」をつけた「お知りである」という表現も誤りとは言い切れませんが、使用される頻度は高くありません。特に口頭では「お尻である」と聞き間違いやすいなどの理由もあり、避けられる傾向にあります。

謙譲語は「存じている」、「存じ上げている」

「知っている」の謙譲語は「存じている」と「存じ上げている」の2通りあります。「存じ上げる」の「上げる」には尊敬の意味が含まれ、より強い敬意を表します。知っている対象が物の場合は「存じている」、対象が人の場合は「存じ上げている」を使うというのが一般的な説です。

 

例文

実際の会話やメールではどのように使うのかをみていきます。

【例1】

◯◯についてご存じでしょうか?
もし◯◯についてご存じでしたらお知らせください
◯◯についてご存じありませんか?

相手が知っているかどうかを確認する用法です。「相手が知っているかどうか」を訊ねるため、尊敬語「ご存じ」を使います。

【例2】

すでにご存じのことと思いますが~
ご存じのように~

相手が知っているとして話を進める尊敬語「ご存じ」の用法。話の前置きとして常套句的に使用されることも多いフレーズです。

【例3】

◯◯については存じておりました(存じませんでした)
◯◯様のことはよく存じ上げております(存じ上げません)

こちらのことを伝える用法です。知っている(知らない)のはこちら側なので、謙譲語「存じる・存じ上げる」を用います。

 

[PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング

使い方のNG例

【NG例1】

「◯◯君の働きぶりについては聞き及んでいるよ」
「社長が私のことを存じ上げていたとは、光栄です」

「知っている」のは会話の相手である社長なので、謙譲語「存じ上げる」はNGです。正しくは尊敬語を使い「ご存じだったとは」とします。

【NG例2】

「弊社の担当者はその件についてご存じでしょうか?」

自社の担当者=身内が知っているかどうかの問いなので、尊敬語「ご存じ」を使うのは誤りです。「存じておりますか?」と謙譲語を用います。

「知っている」は尊敬語「存じる」と謙譲語「ご存じ」が似ていることもあり、混同して使用しがちです。両者を取り違えると敬意の方向が真逆になり、失礼にあたるため注意しましょう。

 

まとめ

「知っている」は、尊敬語だと「ご存じである」、謙譲語なら「存じている・存じ上げている」と形を変えます。元の語とは全く違うため、基本の敬語として必ず頭に入れておきましょう。常套句的なフレーズも併せて覚えておくと、会話の際や文章を書くときにスムーズです。

また、「知っている」は尊敬語と謙譲語を混同して使用しがちな言葉の1つでもあります。誤って使用してしまうと敬意を払ったつもりが逆に失礼な印象になってしまうため、注意が必要です。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。