変数の中身を出力しよう!Pythonでprint関数を使う方法【初心者向け】

初心者向けにPython(パイソン)でprint関数を使う方法について解説しています。print関数は、文字列や変数を表示させる関数です。サンプルプログラムをいくつか書いて説明しているので、実際に書きながら理解していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでprint関数を使う方法を説明します。

変数や文字列を出力する関数の使い方を解説しています。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

print関数とは

Pythonのprint関数では、与えられた文字列や変数を表示させる組み込み関数です。

関数とは、処理する内容を予め定義しておいたプログラムです。自分でも関数作成することができます。

組み込み関数とは、Pythonという言語が使いやすいように予め用意してある関数のことです。

Pythonの組み込み関数の一覧も載っているので、参考にしてみてください。

また、自分で作成した関数を「ユーザー関数」と言います。

 

print関数を使用すると簡単に表示したい内容を出力することができます。

ここで言う出力とは表示することです。

 

print関数の書き方

Pythonのprint関数の文法は次のようになります。

文法例

変数 = '変数に代入して出力したい文字列'
print (変数)
print ('変数に代入せずに出力したい文字列')

 

表示結果

変数に代入して出力したい文字列
変数に代入せずに出力したい文字列

 

変数とは、値を入れる箱を意味します。

Pythonでは予約語と呼ばれる事前に定められた単語以外であれば、英数文字と_(アンダースコア)を使用したものであれば、変数名として使用することができます。

ただし、予約語から始まる文字列や数字から始まる文字列を指定することはできません。

Pythonの予約語一覧も合わせて知っておくと便利でしょう。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

print関数を実際に書いてみよう

今回はPythonのprint関数を使用して実際に変数や文字列を表示してみましょう。

 

改行して表示する

print hensu1
print hensu2

の場合は、hensu1とhensu2の値が、それぞれ改行を伴って表示されます。

 

フォーマット指定して改行なしで表示する

print '%s %s' % (hensu1, hensu2)

の場合は改行されずに1行で表示されます。

print フォーマット % 変数

という記載方法をとることで文字列を指定しつつ1行で表示します。

 

カンマを使用して改行なしで表示する

print hensu1 ,
print hensu2

カンマを使用することで1行で表示することができます。

 

以上の改行して表示する方法、改行なしで表示する方法をまとめて実行してみます。

プログラムソースコード

hensu1 = 'オンラインプログラミングスクール'
hensu2 = 'プログラマー 転職 はじめてのプログラミング テックアカデミー'
print hensu1
print hensu2
print '%s %s' % (hensu1, hensu2)
print hensu1 ,
print hensu2

実行結果

オンラインプログラミングスクール
プログラマー 転職 はじめてのプログラミング テックアカデミー
オンラインプログラミングスクール プログラマー 転職 はじめてのプログラミング テックアカデミー
オンラインプログラミングスクール プログラマー 転職 はじめてのプログラミング テックアカデミー

 

リストを表示してみる

リストについては簡単なサンプル付き!Pythonでlistを使う方法を御覧ください。

プログラムソースコード

print(['オンライン学習', '未経験転職', '経験を活かす'])

実行結果

['オンライン学習', '未経験転職', '経験を活かす']

 

リストを表示してみる

辞書についてはPythonで辞書(ディクショナリ)型を使う方法を御覧ください。

プログラムソースコード

print({'人工知能': 0, '機械学習': 1, 'tensorflow': 2})

実行結果

{'人工知能': 0, '機械学習': 1, 'tensorflow': 2}

 

 

以上、今回はPythonでprint関数を使う方法を説明しました。

print関数は基礎的な内容なので、これからPython習得を目指す方はぜひ理解しておきましょう。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。

 

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。