基本を解説!Pythonで配列を使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonで配列を使う方法について解説しています。配列はプログラミングにおいても基本的な知識になるので、しっかり理解しておきましょう。配列の種類とそれぞれの書き方を詳しく紹介しているので、実際に書いて覚えてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、Pythonで配列を使う方法を解説します。

配列は、Pythonに限らずプログラミング全般で必要な知識なので、使い方を覚えておきましょう。配列の種類についても紹介しているので、ぜひ知っておくと良いでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

配列とは

配列とは、複数の値を1つの変数の中に幾つもの箱に分けて添字で管理できる状態を言います。

○という箱が変数であれば、配列は○○○という3つの箱に番号をつけて1つの配列変数名で利用することができます。

この番号のことを添え字と言います。

注意する点として、番号は0番から始まります。

したがって、3つの添字を保つ配列の場合は、0,1,2…番の添字を使用して配列変数を管理します。

 

変数について

変数とは、値を入れる箱のようなものです。

Pythonでは予約語と呼ばれる事前に定められた単語以外であれば、英数文字と_(アンダースコア)を使用したものであれば、変数名や配列名として使用することができます。

ただし、予約語から始まる文字列や数字から始まる文字列を指定することはできません。

 

配列の種類と書き方

ここでは配列の種類とそれぞれの配列aに対して要素を追加する書き方を比べてみましょう。

 

リストとは

リストは [ ] (角括弧)を使用します。任意の数の要素を設定でき、作成後、要素の追加や削除ができます。

リストに3種類の数字を格納してみます。,のカンマ区切りで数字を格納できます。

a = [10, 20, 30]

 

タプルとは

タプルは ( ) (括弧)を使用します。任意の数の要素を設定できますが作成後、要素の追加や削除ができません。

タプルに3種類の数字を格納してみます。,のカンマ区切りで数字を格納できます。

a = (10, 20, 30)

 

ディクショナリとは

ディクショナリは { } (中括弧)を使用します。任意の数の要素を設定でき、作成後、要素の追加や削除ができます。

keyとvalueの2つで1つの要素という考え方です。

ディクショナリに文字列と数字がセットになった要素を:で区分けし、,のカンマ区切りで格納しています。

ディクショナリの詳しい使い方は、Pythonで辞書を使う方法を御覧ください。

a = {'未経験転職': 10, 'オンラインプログラミングスクール': 20, '効率的な短期学習': 30}

 

セットとは

セットは { } (中括弧)を使用します。

任意の数の要素を設定でき、作成後、要素の追加や削除ができます。

1つのセットの中で重複した要素を設定することができません。

セットに3種類の文字列を、,のカンマ区切りで格納しています。

a = set(['未経験転職', 'オンラインプログラミングスクール', '効率的な短期学習'])

 

配列を実際に書いてみよう

今回はlistを使って実際に書いてみます。

1行目のtechacademy = [‘未経験転職’, ‘オンラインプログラミングスクール’, ‘効率的な短期学習’]では、配列techacademyに[‘未経験転職’, ‘オンラインプログラミングスクール’, ‘効率的な短期学習’]を格納しています。

2行目のfor i in techacademy:では、配列techacademyの内容が存在する間iに代入し続ける、繰り返し処理を行っています。

Pythonでfor文を使う方法について解説している記事もあるので、合わせてご覧ください。

3行目のprint iでは、iの内容を表示しています。

Pythonでprint関数を使う方法について解説している記事もあるので、合わせてご覧ください。

 

listのプログラムソースコード

techacademy = ['未経験転職', 'オンラインプログラミングスクール', '効率的な短期学習']
for i in techacademy:
  print i

 

表示結果

未経験転職
オンラインプログラミングスクール
効率的な短期学習

 

今回は、Pythonで配列を使う方法を解説しました。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、TechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。