実際に書いてみる!Pythonでbreak文を使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでbreak文を使う方法について解説しています。繰り返し処理を中断させる際に使います。break文とは何か分からない方向けに実際にプログラムを書きながら処理の流れを説明しているので、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、Pythonでbreak文を使う方法を解説します。

繰り返し処理を行う中で例外処理の際などに使用します。サンプルプログラムと具体的な処理を見ながらbreak文について理解していきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

break文とは

breakとは主に、for文やwhile文繰り返し処理の途中で、繰り返し処理を中断するために使用されます。

ただし、ループ内の関数定義やクラス定義の内側に使用することはできません。

例外処理でbreakを使用する場合、finally 節を伴う try 文の外側に処理を渡す場合に限り、繰り返し処理を終了する前にfinally節が実行されます。

 

繰り返し処理

繰り返し処理とは、同じ処理を一定の条件下で繰り返し実行させる処理のことを意味します。

繰り返し処理にはfor文とwhile文を使用します。

基本的には、一定条件下で半永久的に処理を実行させることができますが、時には強制的に処理を終了させる必要があります。

その際にbreak文を使用します。

Pythonでfor文を使用する方法の記事も合わせてご覧ください。

Pythonでwhile文を使用する方法の記事も合わせてご覧ください。

 

例外処理

例外処理とは、処理を実行する上での例外が発生した場合に動作させる処理です。

finally節やtry文は例外処理で使用する処理です。

 

breakの書き方

breakは処理の途中で次のように記述します。

break

Pythonのシンプルな文法の良さがわかる記述です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にbreakを書いてみよう

それでは実際にfor文を利用してbreakを実装してみます。

今回はif文という制御文を利用し、もし配列変数が5だったらという制御を行います。

変数とは値を入れる箱を意味します。

Pythonのif文を使用する方法の記事も合わせてご覧ください。

 

配列変数は0から始まる点に注意する必要があります。

Pythonのlistを使用する方法の記事も合わせてご覧ください。

 

また、print文を使用して、何回目の表示であるかを表示しています。

Pythonでprint文を使用する方法の記事も合わせてご覧ください。

 

for文でbreakを書いてみよう

実際にサンプルプログラムを書いてみましょう。実際にどういう処理が行われているのか詳しく解説もしています。

プログラムソースコード

for val in range(10):
  if val == 5:
    print ('{}回目なので終了します'.format(val))
    break
  print('{}回目の表示です'.format(val))

 

表示結果

0回目の表示です
1回目の表示です
2回目の表示です
3回目の表示です
4回目の表示です
5回目なので終了します

1行目のfor val in range(10):では、rangeメソッドを使用し10個の配列をもつlistを宣言します。
そして、for文で変数valに配列が存在する間、処理を継続する命令をします。

2行目のif val== 5:では変数valが5の場合という条件を指定しています。

3行目のprint (‘{}回目なので終了します’.format(val))では、変数valが5の場合に、5回目なので終了しますという表示をしています。

5行目のprint(‘{}回目の表示です.format(val))では、print文を使用して何回目の表示であるかを表示しています。
変数valにrange(10)で宣言した配列変数の数字を入れて、format関数を使用することで、print文の中に変数valを組み込むことができます。
ここで大切なのは、range(10)で宣言された配列変数は0から始まるため、表示は0回目から表示されます。

 

今回は、Pythonでbreak文を使う方法を解説しました。

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。