開発効率をあげる!Pythonでpickleを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでpickleを使う方法について解説しています。pickleを使ってオブジェクトをまとめることでより効率的に開発作業を行うことができます。pickleで保存する方法、読み込む方法それぞれ理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、Pythonでpickleを使う方法を解説します。

チームでの開発や複雑なプロジェクトなどの開発効率をより上げることができるので、使い方を覚えておくと役に立つでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

Pythonのpickleとは

Pythonのpickleとは、複数のオブジェクトを1つのまとまりに保存する事ができます。

また、保存したオブジェクトを読み込むこともできます。

オブジェクトとは物の事を意味しています。

pickleで使用するオブジェクトは変数や配列などが一般的です。

オブジェクトはclassでインスタンス化された物も含みます。

pickleを使用することでファイルデータ等の管理も行うことができます。

 

Pythonでpickleを使う書き方

pickleで保存する方法

文法

import pickle
pickle.dump(オブジェクト, ファイル):

解説

1行目のimport pickleでは、pickleモジュールをimportしています。Pythonでimportを使う方法の記事も合わせてご覧ください。

2行目のpickle.dumpでは、指定したファイルにオブジェクトを保存しています。

 

pickleで読み込む方法

文法

import pickle
pickle.load(ファイル):

解説

1行目のimport pickleでは、pickleモジュールをimportしています。

pickle.loadでは、指定したファイルを読み込みます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonでpickleを使って実際に書いてみよう

Pythonのpickleで保存する方法

ソースコード

import pickle
techacademy = ['未経験転職', 'Pythonで人工知能エンジニア', 123456, {'Pyhon': '機械学習'}]
with open('school.binaryfile', 'wb') as web:
  pickle.dump(techacademy , web)

結果

school.binaryfileに複数形式の混在したオブジェクトが保存されます。

解説

1行目のimport pickleでは、pickleモジュールをimportしています。

2行目のtechacademy = [‘未経験転職’, ‘Pythonで人工知能エンジニア’, 123456, {‘Pyhon’: ‘機械学習’}]では、変数techacademyに[‘未経験転職’, ‘Pythonで人工知能エンジニア’, 123456, {‘Pyhon’: ‘機械学習’}]を代入しています。

3行目のwith open(‘school.binaryfile’, ‘wb’) as web:では、school.binaryfileという名前のファイルをバイナリ形式で保存する(wp)ために開いて(open)、変数webに代入しています。

openしたあとclose処理をする必要があるのですが、行頭のwithがあるためにclose処理は自動的に行われています。Pythonでwithを使う方法の記事も合わせてご覧ください。

4行目のpickle.dump(techacademy , web)では、変数webに対して、変数techacademy の内容を書き込んでいます。

 

Pythonのpickleで読み込む方法

ソースコード

import pickle
with open('school.binaryfile', 'rb') as web:
  techacademy = pickle.load(web)
  print techacademy

結果

 ['未経験転職', 'Pythonで人工知能エンジニア', 123456, {'Pyhon': '機械学習'}]

解説

1行目のimport pickleでは、pickleモジュールをimportしています。

2行目のwith open(‘school.binaryfile’, ‘rb’) as web:では、school.binaryfileをバイナリ形式(rb)で書き込むために開いて(open)変数webに代入します。

ここでも、同様に、openしたあとclose処理をする必要があるのですが、行頭のwithがあるためにclose処理は自動的に行われています。

3行目のtechacademy = pickle.load(web)では、変数webを pickle.loadを使用して読み込んで、変数techacademyに代入します。

4行目のprint techacademyで、変数techacademyを表示します。

 

今回は、Pythonでpickleを使う方法を解説しました。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。